愛する我が子の「夢を叶えた車椅子」が、感動の連鎖を生み出した。

漫画やアニメのポップカルチャーイベント「COMIC-CON」。日本でも12月に開催予定ですが、アメリカ・フランス・台湾・イギリスなど世界中で注目を浴びています。

2015〜2017年のサンディエゴ会場では、子どもたちの夢を叶えた“魔法の車椅子”が登場しました。歩けないから車椅子に乗るのではなく、主役のための特別な乗り物なのです。

歩けない我が子と一緒に
永遠に続く冒険へ

4619d7a9f074314d72905157df5bd96eae2ae3ae

魔法の車椅子を生み出した非営利団体「Magic Wheelchair」の創設者であるRyanとLana Weimer。2人には5人の子どもがいますが、3人が脊髄性筋萎縮症(SMA)という障害を抱え生まれました。自力で歩くことができないため、日常生活に車椅子は欠かせないもの。このことが、家族の暮らしに大きな影響を与えたけれど、両親は悲しみにくれるのではなく「永遠に続く冒険」と思うようにしました。

2008年のハロウィンにSMAである息子のKeatonに何になりたいか聞くと、「海賊!」という答えが。海賊には船が必要。そう考えたRyanとLanaは、車椅子を海賊船に変えることをひらめいたのです。

1ae666ce21fb92bb818bd2d2dcfff359098e1869

何度も何度もやり直しましたがKeatonは無事にハロウィンを迎え、海賊船に乗って航海へと出発しました。

このことが話題になり、世界中から問い合わせが殺到したのです。

「主役」になれる車椅子

Ed173862f05ad4824268dee75cd1f86f9652a2818d44687e9ce4e2212fe90a03f08dbfe02df0e174E2a2e9cc4d04c15ed3cb2171b112dc788b76feca

新聞に掲載されたことがキッカケで、RyanとLanaは我が子と同じ境遇の子どもたちに“ハッピーな魔法”をかけるための活動を始めることを決意。夢を実現するためには、人手と資金が必要。ボランティアと寄付を集めながら制作を進めます。

彼らが手がけるのは車椅子の本体ではなく「衣装」のデザインですが、それでも子どものために安全性を一番に考えて何度も実験を繰り返しました。その結果、誰もが笑顔いっぱいになる最高の車椅子が、次々と誕生することになったのです。

Ef8a69c62861027c4864bb93a28a7fa9bf855b8629d9279d0a26f877af8b3088ed65b0e610226164Ed21059bbe64b90ad38f2a5cac0b454542cbcf6919fcded5ae80871f4274c1e90ea2d0ef030e12be9d734c5f4f7aaf2c2f931e22bf9323d73be01d32810cd189ed75eee5149b0d3e336682d066b149ec8662ff516616d0d5290a8e86db47c920fb5f900c56d7a7e13b422e54c7e5a0b8056303c767200977Cb4405d45dbec754878cdb9cd875507b0d74667eDfae5ce763a1538349f934eaefbe1c66f29c02f70dff8b39b09949782505247acf52d737aa580e18B2594e70278eb5e060078ce9b24cb4adf600892c

漫画やアニメの主人公になったように、誇らしそうな子どもたち。完成した時、笑顔だけではなく涙を流しながら感激した子もいたそうです。

この世でたったひとつの「自分だけの乗り物」。子を愛する両親の気持ちが、幸せの連鎖を生み出しました。

Licensed material used with permission by Magic Wheelchair
車椅子を利用するパパやママでも使いやすいベビーカー。夢のような話が、アメリカで実現しそうです。しかも、このユニバーサルデザインを考案したのは、なんと16歳...
「頑張って生きたい。キャシディーがそう願ったから、みんなで助けることにしたんだ」生まれて間もなく、事故で後ろ足を両方とも失うこととなった野良猫のキャシディ...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
車椅子の人にとって、砂利道やでこぼこした山道などは身体に伝わる振動が大きく負担になります。日常生活を送るにも、ちょっとした段差や整備されていない道などを移...
このストーリーの登場人物は、車椅子の男性と自転車で移動する女性。ふたりは向かいの家に住んでいるのに、出かける時もすれ違い、まるで「別の世界」に住んでいるか...
水の都・ヴェネツィア観光といえば、美しい運河を渡る「ゴンドラ」が欠かせません。歴史ある美しい風景を眺めながら大水路を移動する体験は、他の街ではなかなか味わ...
山や川、砂漠をも越えて500マイル(約800km)のトレッキング…と聞いたらそれだけでも大変そうですが、もしもそれを車椅子で達成するとしたら?米・アイダホ...
オーストラリアに住むSarah Janeさんは、8歳の息子がいる一児の母親。かつては様々な場所を旅していたのですが、事故により歩くことができなくなってしま...
総合旅行サイト・エクスペディア(Expedia)が、セント・ジュード小児研究病院で小児ガンとたたかう子どもたちの「夢の冒険(Dream Adventure...
この漫画は、アーティストを目指すひとりの少女の物語。ゆくゆくは成功を収める彼女も、努力をするきっかけには、子どもの頃に出会った先生からの「励まし」がありま...
右の画像、一見イラストのように見えますが、じつはボディペインティングでコスプレした女性の姿。彼女のInstagramにアップされたアメコミらしさ満点の“動...
可愛い我が子がお絵かき帳に描いた、架空のキャラクター。ナニコレ!と思わずニヤケちゃうこともあると思いますが、一生懸命生み出したその個性をなんとか残してあげ...
「子どものころの夢は何ですか?」そう尋ねられたら、アイドル、歌手、漫画家、デザイナー……と、子どものころになりたかったものが次から次へと溢れてきます。でも...
大人と子ども。どちらの自分により幸福感を感じるでしょうか。年齢を重ねればできることも増え、好きなものだって買えるようになるかも。しかし、統計結果からみても...
苦楽を共にする、と言葉にすると簡単に見えるかもしれませんが、世界中のどの夫婦にも、二人にしかわからない愛のカタチがあります。長年連れ添う幸せな夫婦は、いっ...
JessicaとLiannaの姉妹は、電動の車イスで暮らす、身体障害者。デザイナー兼イラストレーターであるふたりは、自分たちの日常をイラストで紹介していま...
にっこりと笑う小さな男の子。大好きなパパとママと一緒に写る幸せいっぱいの一枚は、見ているこちらも微笑ましい気持ちになります。だけど、実は彼の両親は離婚して...
もしも小さな子どもが、お財布を落とした人を見かけたら?どういう行動をするでしょうか。ここからは、日本赤十字社が制作した「いいことできるかな」という実験動画...
プロサーファーの「マーティン・パセリ」は、過去に5度の大会優勝を経験している超有名選手だ。2015年5月に行われた世界大会「National Argent...
私はまだ独身だし、もちろん子どももいません。それなりに子育てに想いを馳せることはあるけれど、特に知識をためようなどとは思ってもいませんでした。でも、“来た...