昔話やおとぎ話に隠された「日本の教え」

誰もが知ってるような昔話の数々には、じつはルーツがあり、話の裏に隠された本当の意味がある——。

ノマド(遊牧民)神主でありラッパーとしても活躍するシシドヒロユキさんは著書『シン・ヤマトコトバ学』で、そんな民話やおとぎ話は「古事記」や「日本書紀」がカバーできなかった、神様と日本の教えを守る優れた副読本だ、と解説しています。

ここでは「桃太郎」や「サルカニ合戦」など、昔話にまつわる「裏設定」を見ていきたいと思います。

鬼を許した「桃太郎」の
ウラ設定とは?

E760301f3226d8df7feff4a51e0c0f3677990068

日本の代表的な昔話「桃太郎」は、「古事記」や「日本書紀」に出てくるイザナギが黄泉の国から逃げていくときに投げた桃の実の話をモチーフとしています。おじいさんは山へ芝刈りに行きますが、芝とは「ひば」といって、霊的な木のこと。おじいさんは山で修行体験をしていたわけです。ちなみに、おばあさんは川で洗濯をしますが、これは禊のメタファーとされています。

そのような霊的なトレーニングを繰り返していると、川から大きな桃が流れてきます。桃はオオカムヅミカミのシンボル。イザナミが憤って送り込んだ魑魅魍魎、百鬼夜行を退散させた神聖なる植物です。このとき、おじいさんはまだ元気かもしれませんが、おばあさんは閉経しているはず。しかしながら、この神聖な桃の実を食べて回春し、生まれたのが桃太郎なのです。

キビ団子のキビはイザナギ、イザナミの語尾です。団子はお餅ですから、お正月の鏡餅の簡略系と考えられます。お話ではキジ、サル、イヌがキビ団子を求めてやってきますが、これらの動物をまとめると「トリサルイヌ」といって、すべてを消し去るという意味となるのです。またイヌは剣、トリは勾玉、サルは鏡というように、三種の神器に対応していると見立てられます。

鬼ヶ島へ鬼退治へ行く桃太郎ですが、そこにはウシの角をつけ、トラの毛皮パンツを履いた色とりどりの鬼がいます。中国で鬼は死者を意味しますが、東北丑寅の方角から結界を破って入ってくるため、ウシとトラをサンプリングしているわけです。

桃太郎は鬼退治をしに行きましたが、相手を殺してはいません。罪を許しています。その結果、財宝が手に入ったということで、許し合いこそが天下無敵の外交手段であることを物語っているのです。

サルカニ合戦や
浦島太郎の知られざる話

Bd4223b3e5e6765ccec90b8ea4f162cd95e58d49

続きまして「サルカニ合戦」を解説しましょう。

まず、カニは河内から侵入してきた弥生人、サルは縄文人として見立てられています。ここでは、サルは一元論(ひとつのことですべてを説明しようとする思考)の象徴、カニは二元論(物事の根本には、相反するふたつの本質があるという考え方)の象徴とされているのです。

物語では、カニはふたつのハサミと固い鎧を持っておりますが、サルが投げた柿の実によって死んでしまいます。カニは親の恨みを晴らすべく、ウスとハチと協力してサルのお尻を焼き、撃退するのが本筋です。ちなみに明治期までは、現在の絵本とは結末が異なり、サルはカニからハサミで首を切られてしまう内容となっています。やったことは返ってくる…因果応報というやつです。

これは宮崎駿の『もののけ姫』でも表現されている世界観です。やはり一元論のサルは縄文人、二元論のカニは弥生人に分類されています。

「一寸法師」は、住吉大社が発祥という説があります。オオクニヌシを助けた物言わぬ小さな神様スクナヒコナの起こしたイノベーションは、食事や鍼やお灸などの健康メソッドがモチーフとなっています。

「舌切り雀」は、動物と会話ができた時代、「言霊」と「足るを知る」ことの大切さを解いています。

「浦島太郎」は、海幸彦にいじめられた山幸彦であります。竜宮城に行って帰って来るという、現世から幽世(死後の世界)に旅をしました。太平洋全体に同じようなお話が存在しているのも特徴です。

これまでに紹介した昔話は、残酷な部分が省かれている場合があります。確かに今の時代にはそぐわないのかもしれません。しかし、それには意味があります。やはり神話との関連を味わいたい人には、なるべく原型のお話を味わうことをおすすめしたいです。

『シン・ヤマトコトバ学』 著:シシドヒロユキ(光文社新書)

日本語の原点である「大和言葉」の歴史や構造を、神主であり、ラッパーでもある著者がポップに解説。あえて独自のこじつけや語呂合わせを加えて、今までにはなかった「ヤマトコトバ」として新たな考え方を提案しています。サブカルチャーや言葉の変遷に興味のある方ににおすすめの一冊です。

みなさんは「神道」という言葉に、どのようなイメージを持つでしょうか?ノマド(遊牧民)神主であり、ラッパーとしても活躍するという異色の経歴の持ち主、シシドヒ...
ノマド(遊牧民)神主であり、ラッパーとしても活躍するシシドヒロユキさんの著書『シン・ヤマトコトバ学』(光文社新書)は、漢字が伝来される前よりあった日本のネ...
マドリードにオープンしたこのお店は、働く人々のシエスタをサポートする場所なんだとか。実は、日本のある文化に影響を受けているそうです。
贈り物の中身にも負けず劣らず大事なのが、ラッピング。丁寧に、しかもセンス良く包まれたプレゼントを開けるのはワクワクするものですし、その中に入っているものも...
四半世紀に渡ってヨーロッパ暮らしをしているというジャーナリストの片野優さんと、ライターの須貝典子さん夫婦。彼らは雑誌の取材でヨーロッパ中を駆け巡り、そこで...
2015年12月、浅草にオープンした「BUNKA HOSTEL TOKYO」は、築30年の商業ビルをリノベーションしたホステル。日本の暮らしの中でふと感じ...
旅行者が現地の人から使っていない部屋や空き家を借りることのできるサービス「Airbnb(エアビーアンドビー)」。知らない人を家にあげることに抵抗を示す人も...
同じ日本と言えども、関東と関西では食文化に大きな違いがあることはご存知のとおり。食を通して異文化体験ができてしまう。では、その違いってどこにあるかちゃんと...
つい先月、フィンランドへ行ってきました。毎年「世界で最もコーヒーを消費する国」としてランキングのトップに名を連ねる北欧のコーヒー大国です。「北欧」はノルウ...
2016年7月20日。日本の政治経済、文化の中心である東京に「星のや」がついに開業。発信するのは、世界に認められる究極の「和のおもてなし」です。
ニュージーランド出身のデイモン・ベイさん。教師で写真家、芸術家でもある彼は「日本には身近すぎて気づけない美しさがある」と、写真を通してその魅力を伝えていま...
こに暮らしているからこそ見えづらくなる魅力や躍動感が、外から見ると浮き彫りになる。これはその好例だ。たった3週間で、東京、大阪、京都、広島などを撮影して周...
寒い時期はさっぱりしたものよりも、ちょっぴり濃厚なドリンクが飲みたくなるもの。それはお酒にも言えることです、よね。そこで今回は、管理栄養士の観点からちょっ...
この出来事を自分なりに解釈するならば、日本の大学を卒業したサッカー選手がいきなり海外へと渡り、経験を積んでからJリーグへ帰ってくるようなもの。これが今、ハ...
1803年に創業したフランス・パリの総合美容薬局、『OFFICINE UNIVERSELLE BULY』。夏にオープンしたパリの2号店では、おにぎりを食べ...
街全体に魔法がかかる季節がやってきました。日本のいたるところがワクワクに包まれるクリスマスシーズンですが、それは世界共通なようです。モスクワ出身のフォトグ...
赤ずきんちゃん、ピノキオ、三匹の子豚、シンデレラ、ピーターパン…。イタリアの建築家兼デザイナーであるFederico Babinaさんの手がけたイラストは...
この家、外から見るとなんだか小さくて狭そうですよね。実際、床面積はたったの18㎡(約9.8畳)。でも中に入ってみるとびっくり、とっても快適な空間が広がるタ...
日本のコンビニは、外国人や海外に住んでる日本人にとっては目がキラキラしてしまう場所です。たとえば私の住むアメリカでは、コンビニは少し怖い場所という認識があ...
いまや世界中でファッションアイテムとして愛用されているジーンズ。そのルーツが、19世紀後半にアメリカで誕生した労働者向けのワークウェアであったことはよく知...