「去年と違う秋旅がしたい」そんなアナタに知ってほしい行き先はここ!

旅先を決めるのに、どうやって決め手を見つけますか?SNSで話題だから?フォトジェニックな写真が撮れそうだから?

そんな話題の場所もいいけれど、あえてひとと違うところへ行ってみる、という選択はどうでしょう。「なんでそんなところに?」と周囲が目を丸くするくらいが、実は一番面白い旅になるんじゃないかなと思うんです。

いまからあなたを誘うのは、出雲大社でも有名な島根県。あぁ縁結びね、なんて思わずに、知ってほしい魅力がたくさんあります。

湯巡りという圧倒的な贅沢

F11fd66b6c3e397dfd8c719a877e6efa9c61bdd0Bd9aaea3c67cff5d65d2e33ede6a3220a873ca51

島根は実は温泉のまち。鉄道で気軽に行ける範囲では、松江駅から最も近く、宍道湖を借景にした『松江しんじ湖温泉』、温泉総選挙で最優秀賞を獲得した美肌の湯『玉造温泉』、そして世界遺産・石見銀の積出港『温泉津(ゆのつ)温泉』が名を連ねます。

実際に比べてみると分かるのが、それぞれまったく泉質が異なるということ。地元の人も、「比べてみてこそ趣深い」と語るほどです。1泊2日の旅で3つの温泉を味わい尽くす……なかなか出来る贅沢じゃありません。

そうそう、島根県はあのポーラが毎年発表している『美肌県グランプリ』で4年連続1位を獲得しているんですよ。気のおけないオンナ友達と、島根の美肌湯を思いっきり堪能したい!

世界遺産・石見銀山は
街ぜんぶを歩きまわってこそ

6028d0183fe3a0a3643f4c7ff76bbe5c27db5e163de1ca0600f9eee7e1c7674988541d662e4956bb

2007年、ユネスコ世界遺産に登録された『石見銀山(いわみぎんざん)。島根の人ですら「地味なところだけど…」と謙遜するが、その歴史は世界の交易史を彩った華やかなものでした。

江戸時代前期ごろまでに栄えていた銀流通の要を担っていたこの場所。間歩(まぶ)と呼ばれる坑道は約700ヵ所。そのほとんどが森林を伐採せずに、狭い坑道を掘り進んで採掘できるようにつくられたものだそう。こうした環境への配慮、自然との調和が、世界遺産登録の大きな理由のひとつだといいます。 

642acce0a4eb828de325f9c0d5e80d24e6cb661d

その調和は、今も当時の姿を残す『大森地区』の街並みにも現れています。江戸時代から続く、古くとも丁寧に手入れされた建物が並ぶさまは、別格の趣です。

さらにユニークだと思ったのは、このいわゆる「古い町並み」に、魅力的な商店が集まっているということ

29ffb0760cfed3a090c946c8807ee0b0cee22f2e

『群言堂』は、石見銀山が世界遺産になるずっと前から営まれていた、豊かな田舎の暮らしを発信するお店。オリジナルの洋服や生活雑貨をそろえ、地元食材を味わえるカフェもあります。ここで提案されているライフスタイルが、持続可能で心地よいものとして今まさに全国から注目を集めています。

20d1ca98ea9df577c8ffee00cd2316a526b629bd
Photo by luxmiho

ほかにも、ドイツで修行を積みマイスターとなった若いシェフが開いたドイツパンのお店『ベッカライ&コンディ トライ ヒダカ』も行っておきたい場所!

C7d45d07fc58bd378bf12a7c7d91db352ad8af02
Photo by yuuu_pan

くるんとしたフォルムがなんとも愛らしい「ブレッツェル」は、一度は食したいこのお店の看板商品なんですって。観光客のみならず、地元のひとにも愛されていることが、実力の確かな証拠です。

B68c2d19846e0cf7fe03d75f41448d277ee1578c

最初に紹介した『温泉津温泉』も外せません。映画のセットかと思うほどレトロな看板と、ムードある洋館が目を引く『薬師湯』へ行ってみましょう。

季節や時間によって色が変わるという湯は、なんと山陰で唯一、日本温泉協会の天然温泉審査で最高評価の“オール5”を取得しているんです。温泉ソムリエ家元に「ダブル美肌の湯(※)」と評価されたしびれるように心地よい湯が、疲れをじわっと癒やしてくれるはずです。

※薬師湯は、クレンジング効果がある「炭酸水素イオン」と肌の組成効果がある「硫酸イオン」が約1,000mg/kgあるため、「炭酸水素塩泉」と「硫酸塩泉」により美肌に効果があるとされている。また、「塩化物泉」の特徴も広い意味では美肌効果があり、これらを総じて『ダブル美肌の湯』といわれている。

人生で一度は訪れたい出雲大社
秋は絶好のチャンスです

46161123146d4b2d689f28f5c1d51195ed428656204029d4862382bd948cce4f44b79a8b74b3c757

「神在月」という言葉を聞いたことがありますか。一般には「神無月」と呼ばれる旧暦10月の頃、全国の八百万の神々が出雲の国に集まるとされている月のこと。たくさんの神事が執り行われ、出雲はいつも以上に神様のパワーで溢れると言われています。

多くのひとが「一度は訪れたい」と思うこの場所。早朝の参拝が、いつもと違う旅にはおすすめです。言葉を失うほど、神聖で清らかなときを感じることができます。

「ぜんざい」を語れる日本人
そんなに多くいません

Da4ae9edbab4c8a0c2f9bee54070e0eff015adbc

さぁ、島根でちょっと違うグルメを楽しむなら、食べてほしいのが『出雲ぜんざい』です。また「地味!」なんて声が聞こえて来そうですが、決してそんなことはありません。

これまでほんとうのぜんざいを、食べたことはありますか?ワインの味やステーキの味わいを語れるひとは山ほどいれど、「ぜんざい」を語れるひとは多くいませんよね。知らなかった世界に、足を踏み入れてみませんか。

ここまで「ぜんざい」を推すのは他でもなく、出雲がぜんざいの発祥の地だから。由来は出雲地方の「神在祭」で振る舞われる「神在(じんざい)餅」からきているのですよ。

宍道湖の夕日が美しいのには
理由があります

Cff084915dbfc1688dc86d8bd15f45eb3812cc5e

この夕日の美しさは、もはや説明不要ですね。『宍道湖(しんじこ)の夕日がここまでひとを惹きつけるのは、悠々とした湖に日が沈むから。湖面を鏡にして天と地が真っ赤に染まるひととき、自然と調和した島根の美しさに思いを馳せてからでも、帰りの便は間に合いますよ。

Cc2f291fbd54face27d7435858e3cf747c81c395
日本の自然をテーマにした動画はよく見かけますが、山陰地方にフォーカスしたものは少ないように感じます。これは「山陰地方の自然と文化の魅力」が、これでもかって...
仕事がうまくいかない。恋人にフラレてしまった。生きていれば、良くないことが一つや二つ、起きてくるもんだ。そして悪いことって大抵重なって起こる。それでも僕た...
この地球に、「大地のヘソ」と呼ばれるている場所がある旅に出る理由は、人それぞれだ。疲れを癒したい時。自分を見つめ直したい時。世界が見たい時。悲しい恋を忘れ...
旅好きのあなたに一つ質問を。旅行に持って行くシャンプーのサイズって、結構悩ましくないですか?大きすぎると荷物になるし、持て余すのもイヤ。かといって、小さす...
海外旅行が好きだけど、どうしても定番のところばかりに…。確かにガイドブックに掲載されるたくさんの観光スポットは、ハズレもなさそう。でも、たまには人と違う旅...
旅こそひとりの人間として成長するための良き師であり、インスピレーションの源だ。そして旅という最良のツールとリソースを、より多くの方々に活用してほしい。自著...
グルメやショッピングなど、私たちが旅行に出かける目的はさまざまです。が、「見たい景色がある」ということは、その最たるものと言えるのではないでしょうか。日本...
旅慣れたトラベルライターMatthew Kepnes氏が、数多くの旅行経験を元にしたお役立ち情報を、「Elite Daily」にまとめています。旅に出ない...
気の向くまま、足の向くまま、思うがまま、好きな行動が出来る「1人旅」が最近ブームになっている。1人で異国の地に行くのは少し怖い気もするが、良い経験になるこ...
 ローコスト・トラベル(LCT)の時代がいま、幕を開けた。旅行の費用はあり得ないぐらいに安くなっている。LCCで海外に飛び、Airbnbで泊まるところを見...
「Collective Evolution」において、ライターのSarah Gibson氏が、少ない予算で旅を楽しむ10の方法を紹介しています。特に初めて...
温泉を紹介する動画と言えば、ちょうどいい感じの美人が、ちょうどいい感じの色気で、ちょうどいい感じに腕とかにお湯をかけておけばいいと思っていたけど、そうでも...
GWも中盤に差し掛かりましたが、みなさんいかがお過ごしですか?そろそろ旅行の疲れが出てきた頃でしょうか。痺れを切らすほどの渋滞のなかでこの記事を読んでいる...
旅行の写真って、見返していますか? Instagramにアップしておくだけだったり、撮って満足して1回も見返さない、なんて人もいるかもしれません。旅先で感...
旅において、どこにお金をかけるかは人それぞれ。LCCを使う代わりに豪華な食事を楽しむ、あるいは食事はコンビニでもいいけれど、ショッピングは豪快に、などなど...
パリから北西フランス、または南フランスを巡る旅に出発し、その模様を動画で伝える。現在、そんなフランス旅行の「公式レポーター」を募集するキャンペーンが展開さ...
少しずつ暖かくなってきた3月は、卒業旅行シーズン。5月にはお待ちかねのゴールデンウィークもあって、春は海外旅行を計画する人も多い季節。かくいう私もその一人...
「本当の旅の発見は新しい風景を見ることではなく、新しい目を持つことにある」ーマルセル・プルースト(作家)旅に出る前と帰ってきたあとを比べて、自分が「ちょっ...
トラベルバッグといえば、キャリーバッグかスーツケースか? 一昔前なら、ハードラゲージかソフトかなんて悩んだこともあったっけ。でも、いまやそんなこと、多くの...
学生時代からこれまで53カ国をまわり、独立した現在も仕事をしながら国内外を飛び回っている筆者。忘却の彼方にあった旅の記憶をひっぱり出して、様々なテーマで「...