世界各地でアクロバティックな「結婚写真」を撮り続けるカップル

ウェディングフォトは一生もの。だからこそ、できるだけ心に残るユニークな写真を撮りたい、と海外で挙式をする人も増えています。そのアイデアを拡大させて、世界中で結婚写真を撮りまくるカップルがここに。

その数じつに38カ国!

花嫁のRhian Woodyardと花婿のCheetah Plattさん(もう新郎新婦とは呼べない…)。彼らの記念写真がこちら。そう、いわゆる普通のポーズではありません。にしても、なんというアクロバット感!?

こんな奇想天外なウェディングフォトをおさえるため、自由気まま、行き当たりばったりの旅に出てはや3ヶ月。インド、エジプト、アイルランド、タイなど、これまでじつに38カ国。なんでも、写真で使用する衣装や小道具は、その土地のものを現地調達することもあるんだとか。

1度きりの結婚式より
旅するウェディングフォト

彼らはまずSNSでそのアイデアをシェアし、旅行にかかるお金の寄付を募りました。そして、写真を撮影するたびにInstagramやFacebookに公開していきます。

このアイデアの元始をこう語るCheetahさん。聞けばなるほど、確かに一理あるっちゃ、ある。

「すごい時間やお金をかけて結婚式を準備しても、たった1日で終わっちゃうわけでしょ?なんてもったいないんだろう、って。だったら僕らは式を挙げずに、その分のお金で世界中を旅しようと思ったんだよね。

2人が揃ってさえいれば、どこでも結婚式は挙げられる。世界各地そこで出会った人たちと僕たちの結婚を祝えたのは素晴らしい経験だった。それに僕らの愛とパートナーシップを確かめ合うのに、3ヶ月の旅はもってこいだったってこと」

にしても…このふたりナニモノ?

フィジーの砂浜で

どのポージングもフォトショで加工?と普通なら思っちゃいますよね。普通なら。でもね、このふたりにはどれも朝飯前らしいんです。というのも彼ら、あの「シルク・ドゥ・ソレイユ」のメンバーだから。

と聞けば、「な〜んだ」ですけど。

意外にこっちの方が驚きですが、彼らカメラマンを雇わず、写真はすべて自分たちのスマホで撮影しているんですって。普段私たちがするように、スマホをを三脚に設置して、あとはタイマーかBluetoothでシャッターを切っているだけ。

Taking a break from getting married to play on the sand #bali

Une publication partagée par Rhiann & Cheetah Platt (@theworldwidewedding) le

バリのビーチで

アメリカ、モンタナ州のビュートで

ケニアではキリンも参戦

 カナダのスコーミッシュで

72a7d30c644a3e66e822c32f988eed0b65be5b8533987abc822663ebea26a36ee9341aca9090eb1b

上、右:ケニアのMasai Mara村で

左:タイ、バンコクで

Db274c6025fd6460754a757db248748337afdb08

インドのムンバイで

E0b49128808bfec2b0d691de8155f1905d860382

スペインのセゴビアで

0a31b24ab781bbc3a162cf54d86872e93069bfc6

アイルランドで

「これはモロッコのサハラ砂漠かエジプトの砂漠のように見えるけど、実はカリフォルニアでーす。メキシコとの国境沿いだよ」

日本でもパシャリ!

0c7bc892322c2f73bd0811e594a593e214a8613a

新婚気分をずっと味わうために、「旅行中はずっと白い服をきて旅行した」というふたり。

「色んな人に出会えて自分たちとは違った文化、ライフスタイルを体験できるから、旅は心をオープンにしてくれる。旅行は人生に欠かせないものですから」

最後は道中のふたりのバックショットを。

“Just Married(結婚ホヤホヤ)”

 

Licensed material used with permission by theworldwidewedding
一生に一度の結婚式は、一番きれいな姿を写真に残したい。結婚式で写真を撮ってもらうのも今では当たり前になりましたが、ひと昔前の様子は違うものでした。高校時代...
大切な人との大切な時間、場所、思い出を写真に残しておきたい。それはみな同じ想い。とりわけ結婚前のふたりならば尚のことでしょう。ここに紹介するのは、ノースカ...
上空10,000メートル!航空機の中で結婚式を行ったカップルが話題に!More ABC US news | ABC Health News2014年11月...
見ているほうまでしあわせな気持ちになっちゃう、結婚写真。結婚式は多くの人にとって「人生最良の日」と言っても過言ではないでしょう。そんな人生最高の日の写真の...
素敵なウェディングカードを見つけました。初めは、そのデザインに惹かれたのだと思いました。でもしばらくして、そっと込められた意味に気付いた時、もっと魅力を感...
ある調査によると、プロポーズから実際に式を挙げるまでに費やした期間を、約半数のカップルが10ヶ月以上かかったと回答したそうです。式場や招待客を決め、ドレス...
2014年の4月に父親が、ステージ4の肺癌末期であることを医師から告げられた写真家のShin Noguchi。彼の人生で初めて、「父の知らない父の秘密」自...
ところ構わず、SNSで恋人とのラブラブ度合いをアピールする人たちに向けた「Higher Perspective」の記事をご紹介。本当に絆の強いカップルは、...
愛する人と交わす口づけは、いつだって特別でハッピーなもの。2013年、ニューヨークを拠点に活動する写真家Ben Lambertyさんは「キスをする人々」の...
結婚式で使用されるウェディングフラワー。よくよく考えてみると、あれって披露宴やパーティーで使うのは一回きり(使い回すイメージはありませんよね)。枯れてしま...
結婚式から数年、穏やかなのはいいけれど、ふたりの関係はなんだかマンネリ気味。もう一度、結婚当初の新鮮味や情熱が戻ったらなぁ、なんて思っているカップルは、意...
7年の時をともに過ごして、ついに結婚となった男女。だがその幸せは交通事故により終わりを告げる。結婚式が挙げられるたった4カ月前のこと。悲しみをうけとめ乗り...
ごく普通のカップルの結婚式が、メディアで話題となり、「式の動画が涙を誘う」と注目を浴びているのは、いったいなぜ?それは、このカップルが4年半の長きに渡り貫...
結婚式は一生に一度の晴れ舞台。大切な思い出を美しく残すため、プロのカメラマンを雇う人はたくさんいます。でも、自分たちのことをよく知る参列者から集めた写真だ...
フォトグラファーのKen Griffithsさんは12ヶ月間にわたり、毎月まったく同じ場所で、一組の老夫婦を撮り続けました。その幸せな日常と、最後の1枚で...
結婚したら恋愛は終わり?いつまでも関係が冷めずに恋人同士のような夫婦になる秘訣を「Power of Positivity」が紹介しています。大切なことはた...
SNSでよく目にする、キュートなペットの写真。なかでもInstagramでは、愛犬の写真を毎日アップしているユーザーをたくさん見かける。フォロワーが250...
フランス人風景写真家のBeboyさんは、世界各地をすでに3年以上かけて旅をしている。目的は、世界で一番美しい景色をフレームに収めるため。それを演出する最良...
しあわせな恋人同士が次に目指すのは、やはりしあわせな「結婚」でしょうか。でも残念ながら、結婚したカップルのすべてがHAPPYじゃないのも現実。もともとは他...
「県外で行われた友達の結婚式で意気投合」「SNSで知り合って」など、出会いかたもいろいろあるもの。なかには最初の恋愛が遠距離だったという人もいるでしょう。...