難病を乗り越え「車いすダンス」を世界に広める日系アメリカ人女性

数年前、ロジャー・フェデラーに対して、ある記者が「なぜ日本のテニス界には世界で活躍するような選手が出てこないのか」という旨の質問をしました。すると、彼は「何を言っているのだ。日本には国枝慎吾がいるじゃないか」と切り返したそうです。

「車いすダンス」にもその可能性がある。と、魅力を多くの人に届けるべく、奔走する女性がいます。

一度は絶たれた「夢」
車いすダンスに
新たな可能性を見出した。

Bd3403131b02afec7554ead3245b3230524cb5896e03a28fa430ce87c88858bd1c50e2ccc359b0bc

ダンサー兼振付師として活躍する日系アメリカ人のMarisa Hamamotoさん。幼い頃には、周りの友だちと肌の色や目の形が違うことを理由に、イジメを受けたこともあったそう。それでもダンスを踊っている時だけはネガティブな想いを忘れることができた──。

そんな彼女に悲劇が襲ったのは大学生のとき。レッスン中に突然、首から下に麻痺感覚を覚えたそうです。病院で検査、結果は「脊髄梗塞」という難病。医師からは「再び歩くことは難しいかもしれない」とも告げられました。

Ce698d151b809b5df329c42bfceda8c832bfcb97

大好きなダンスをもう一度踊るためにという一心で、リハビリにも耐えました。その彼女の強い意志が奇跡を呼んだのかもしれません。一度は手足の感覚を失っていたにも関わらず、Marisaさんは2ヵ月後に歩けるまでに回復していたのです。

しかし、いつ再発するか分からないという不安が消えずに、PTSDに苦しむ日々。数年間、スタジオに行くこともできませんでした。

0071c4fd07b6085a042898a2bc28a7a30e608196

鬱ぎ込む彼女はある日、手を取り合って楽しそうに踊る社交ダンスを目の当たりにしました。それは、Marisaさんの心の奥底に沈んでいた想いに、再び火がつく瞬間だったのでしょう。無我夢中で踊っているうちに、いつしかトラウマは消え去り、2年後には、LAを拠点にするプロダンサーにまで成長していました。

車いすダンスが、
「平等」を教えてくれた。

彼女が「車いすダンス」に出会うのは2014年。知名度があまりないことを知り、その魅力をより多くの人に知ってもらうために、翌年、Infinite Flowを創立。

「健常者と車いすのダンサーがペアで踊るのは非常に強いメッセージが。特に、子どもにとっては障害を持つ人への偏見を無くし、平等を学ぶことができる機会なのです。2本の足だろうと、2つのタイヤであろうと、ダンスは楽しむことができるのです」

周りと違うことを理由にしたイジメ、手足を思うように動かせない病気の両方を経験したMarisaさんだからこそ言えることなのだと、僕は感じずにはいられませんでした。

アメリカから日本へ。そして、
世界でも注目される存在になりたい。

今後の活動について、Marisaさんに質問をしたところ、こう答えてくれました。

「踊りを通して絆を深めるという想いを軸に、社会運動をリードしながらも、Infinite Flowを世界的に有名なダンスカンパニーに育てあげたいですね。日本でも影響力のある存在になれるように」

その先駆けとして彼女が選んだのは日本でした。去る7月13日に慶應義塾大学三田キャンパスで開催されたイベント「#DanceForInclusion」。健常者と障害者の間にある溝をダンスが埋めてくれるようにという願いを込めて。

Licensed material used with permission by Infinite Flow
健常者と車いすのダンサーがペアを組んで踊る社交ダンス。パラリンピックの正式種目になるほどの人気スポーツだという。ヨーロッパで広く普及し、日本も競技人口が少...
8月13日、アメリカに住むひとりの男性が、300マイル(約480km)の旅に出る決意をした。ちなみに彼は、首から下が動かない四肢麻痺の障がいを抱えていて、...
つい先日、最終回を迎えたTBSドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』。「逃げ恥ロス」なんて言われるくらいの人気でしたが、主題歌にあわせて新垣結衣と星野源を中心と...
ガンが転移し、化学療法中。もし自分や、親しい人がそんな状況になったら、どんな気持ちになるでしょうか。もしかしたら、どう声をかけて良いのかさえわからなくなっ...
近い将来、ストリートダンスが日本のお家芸になるかもしれません。2015年8月19日、アメリカ・ロサンゼルスで行われた世界規模のダンス大会「World of...
「ダンスをする人はストレスがなく頭がいい」、長年バレエを続けてきた、ライターのAlexa Mellardo氏が「Elite Daily」に寄せたこの記事は...
・このダンスには、愛が詰まっている。僕には5歳の娘がいるけれど、すぐに練習を始めるよ。・最高!こんなことが一緒にできるパパが欲しい!・パパから目が離せない...
動物たちの求愛行動を「にんげん」のダンサーが表現したら…。この前衛的なダンスパフォーマンスPVを制作したのは、日本のコンドームメーカー「相模ゴム工業株式会...
ニュージーランドの東側、オークランドからフェリーで35分ほど行った先に、自然豊かなワイヘキ島があります。ビーチとブドウ園に囲まれたのどかな場所。そこで暮ら...
何だ・・・このダンスは。謎の青年がダンスバトルで見せた「新しいジャンル」の動きが今世界中で話題になっている!斬新すぎてちょっと奇妙な動きではあるけれど、そ...
ダンスに合わせて腰を振る。セクシーなスタイルはさまざま。なかでも、いま全米で空前のブームとなっているダンスが「twerk(トゥワーク)」です。これ、知らな...
人前で踊ることにはちょっと抵抗がある…なんて人に、是非とも知ってもらいたい情報が。恥ずかしさや臆病心にどこかに踏ん切りをつけることができれば、ダンスはただ...
学校の授業でも必須科目になっているダンスですが、いま大人の習い事としても人気上昇中だとか。確かに、さりげなく踊れたら楽しいし、かっこいいですよね。でもそれ...
2015年12月、ラスベガスで開催された大会「World of Dance Las Vegas 2015」で、ダンサーのFik-Shunが見せたパフォーマ...
あらゆる病気を治せる医者がいる!そんな噂があるようだ。1933年生まれの南米・ホンジュラス出身の薬草医「Dr.Sebi」は、過去にがんやAIDSなどの難病...
「モダン・ダンスの祖」と呼ばれる女性がいる。19世紀末のパリ社交界でトップスターの座に上り詰めて、のちのダンス界に多くの影響をもたらしたロイ・フラーだ。鮮...
「なあRima、頼むから踊ってくれよ。せっかく撮影しているんだから。さあ、パパのためだと思って。恥ずかしがってないで、さあ!」カメラを手に、こう娘にはっぱ...
■Twerk Dance(トゥワークダンス)とはアメリカで今大流行しているtwerk(トゥワーク)ダンスをご存知だろうか。足を大きく広げ腰を低く落とし、音...
もしも、彼らとバッタリ会ったら、強烈なビジュアルにおののいてしまいます。でも、踊っている姿を見てからは、“陽気なヤツ”だなって近しく感じるようになったから...
やりたいことを始めるのに年齢は関係ない。それを証明してくれる、77歳の女性がいる。Wirginia Samytさん(77歳)は、世界最高齢DJ。ポーランド...