愛しているはずの赤ちゃんへの「絶望感」がわかりますか?

お腹を痛めてようやく出会えたよろこび。幸せはひとしおでしょうが、親になったこの喜び、人によっては長く続かないこともあるそうです。マタニティブルー、ベイビーブルー、産後うつ、症状によっても呼び方は異なるものの、共通するのはネガティブな感情がうまれてくること。

ある調査によると、アメリカでは9人に1人のお母さんが産後うつに苦しむんだとか。また、25人に1人のお父さんも同じ気持ちになるようです。そう、男性も他人事ではないのです。

未婚の自分には想像もつかない話ですが、だからこそここで紹介するTovaさんがFacebookに投稿した想いには、考えさせられるものがありました。

孤独で絶望的な気分、
こう思っている自分さえも
受け入れられなかった…。

Tovaさんは産後うつを経験した1人。当時、誰かの助けが必要なのかどうかも分からなかったそうです。というのも、誰かに頼ることを考えるよりも、多大な不安や責任を彼女は感じていたから。

「赤ちゃんが寝ていても、いつもベビーベッドの横に腰掛け、様子を見守っていたの。パートナーのMikeが代わりをしてくれたこともあったけど、どうにも心配で…。彼がちゃんと面倒を見ているのか、いちいちチェックした時もあったほど」

パートナーを信用できないということではなく、赤ちゃんのことを考えたらどうしても放っておけなかった、とTovaさんは振り返ります。

I was that mom who sat next to her baby's cot for hours while she slept just to make sure they were still breathing....

Tova Leigh - My Thoughts about stuffさんの投稿 2017年8月16日

だんだんと、
心がすり減っていくようだった…。

産後はどうしてもホルモンバランスが崩れるから…という理由もあるようですが、愛する感情が強いがゆえにネガティブになっているという状況に直面したら、誰だってそれを受け入れるのは難しいでしょう。

だんだんと心がすり減っていくようだった。見えるもの全てが曇っているような感覚。孤独で絶望的な気分。こんなことを思ってしまう自分も受け入れられない。だけど、1番大きな理由は助けが必要なのかどうかが分からなかったことかな

この精神状態が続いてから約3ヶ月目、彼女の不安はさらに大きくなり、ついにはカウンセラーに相談することに。そこで初めて「産後うつ」だと告げられて、自分が置かれている状況に気づいたそうです。

同じ想いをさせたくないという理由から、できるだけ多くの人にこの経験を届けると決意して、Facebookに投稿。Tovaさんのメッセージはこう締めくくられます。

「つらい感情を持つことに苦しんで、助けを求めるのは恥じることじゃない。あなたは1人ではないのだから」

Licensed material used with permission by Tova Leigh(Facebook), (Instagram)
言葉で感情を伝えることのできない赤ちゃんは、泣くことでしか表現することができません。お腹がすいているのか、おむつを替えてほしいのか、もしかしたらどこか痛い...
待望の赤ちゃんが産まれしあわせな日々、のはずなのに突然涙がでたり、訳もなく気分が落ち込む。いわゆる「マタニティーブルー」は、慣れない育児による疲れだけでな...
「赤ちゃん動画」と言えば、Facebook上で犬や猫とその人気を二分するジャンル。その中でも、世界中のパパやママの間で激しく議論されている動画があります。...
わが家に二人目の子どもが生まれたとき、パートナーと同じくらいに僕が感謝したのは2歳年上の長男でした。なぜって、彼のときは日々の子育てがつねに手探りだったか...
もうすぐ赤ちゃんが生まれる。そうなったら、オムツの準備が必要です。でも予定より早く、小さく、生まれた赤ちゃんは、オムツを選ぶのもひと苦労。小さなサイズを探...
世界中からホットな動画が集まる「Viral Hog」で話題となっているのは、ミズーリ州で撮影されたアライグマの親子たち。アメリカでは、林の中だけでなくとき...
「Belly Bowl」は、ドイツのアーティストNadine Schwarkによって作られた石膏製の赤ちゃん用ベッド。なんと、出産前にママのお腹で型をとっ...
泣いている赤ちゃん、何を伝えようとしているのかもっとわかってあげられたらいいのにーー。そんな思いに応えるアプリが、2016年の秋ごろから使えるようになるか...
「天使のようなかわいさ」とか言いますけど、まさにその通り!でも子どもの成長は早く、どんどん新しい表情に移り変わっていきます。スクスクと大きくなっていく姿も...
「赤ちゃんは泣くのが仕事」なんて言われますが、やっぱり笑顔を見たいものですよね。そこで、イギリスの企業「C&G baby club」は、赤ちゃんの...
生まれてから10週間しか経っていなかった赤ちゃんを背負い、旅に出たのは、看護士のカレンさん(31歳)。なんと、産休をつかって旦那さんと一緒に世界を周る旅に...
写真家のFarah Hughesが撮影するのは、産後うつになってからも子育てを続ける女性たちのポートレイト。実際に産後うつを経験したFarahが撮影した写...
アメリカの一部企業には、生後6ヶ月までなら赤ちゃんと一緒に出勤してもいいというルールがあるんですって。「MarketWatch」で紹介されているカラ・クリ...
赤ちゃんをお風呂に入れるのは、ママやパパにとっても意外と大変なお仕事。大人用のバスタブじゃ大きすぎるし、かといって専用のベビーバスはプラスチックが硬くて痛...
2015年6月23日に公開以来、1,700万回以上再生されているこちらの人気動画。「Pampers」が、マザーグースの子守唄『Hush,Little Ba...
スヤスヤと眠る赤ちゃん。といえば微笑ましいものの、あまりに静かすぎて「ちゃんと息してるかな?」と心配になった経験はありませんか?気になってまったく眠れない...
笑顔いっぱいのエディー君は、エクアドルで産声をあげました。ただ、彼は他の赤ちゃんとは少し違う育ち方をしました。ダウン症だった彼は生後間もなく、ゴミ袋に入れ...
FacebookなどのSNSが私たちにもたらす影響については、賛否両論があると思います。「mindbodygreen」のこの記事を書いたKelli Win...
出産は人生の一大イベント!妊娠すると、自分の体がどんどん変化していくのを感じ、喜びを感じたり、ときには不安になったりしながら出産の日を迎えます。さらに、無...
人出が足りない小さな牧場が、産まれてくる「赤ちゃんヤギ」のお世話をしてくれるボランティアをネットで募集しました。4時間おきに赤ちゃんヤギを抱っこしながらミ...