日本の若者を自殺から守るのは、「同性婚」かもしれない。

LGBTというワードが、当たり前のように知られている現代。認知が広がると同時に、性に対する大規模な調査も実施されるようになっています。

いま日本にどのくらいの性的マイノリティーがいるのかを「LGBT研究所」が調査したところ、2016年で全体の約8%、13人に1人の割合ということがわかり、驚きの声もありました。

調査対象が10万人だと言うから、必ずしも正確な数字だとは言い切れないけれど、最新の人数がわかっただけでも大きな変化です。具体的な人数が出てきたことによって、彼らが心に抱えている問題の大きさもリアルに見えてくるのだから。

60%の人が、
学校でイジメを受けている

調査(回答数15,141件)をしたのは、社会疫学を専門とする日高庸晴教授。性的少数者のうち、58.2%の人が学校でイジメを経験したと答えました。

アメリカでも似た傾向があって、性に悩む10代は、悩んでいない人よりもイジメにあう人数が3倍。そのうちの41%が、自殺未遂をしたことがあると答えたという結果も出ています。

日本では年齢別の自殺者数が公開されていて、イジメが原因で小・中学生が命を絶ってしまうニュースも目にします。けれど性について悩んでいたかどうか、詳しいバックグラウンドまでは不明なので、どれくらい自殺に繋がっているのかは正確にはわかりにくいのです。やっと見つけたのは、2001年の時点で「性的マイノリティの自殺未遂率は、異性愛者の約6倍に相当する」という数字でした。

1ed07efa9e73c53e7b47b8f5712901555cb3aa9e

アメリカでは、2004年から2015年に同性婚を合法化した32州のデータを分析したところ、性的少数者の自殺率が14%減少していることがわかりました。

あくまでもLGBTに関する調査や研究が進んでいる欧米での数字ではありますが、それでも、自分の住んでいる地域で法的に同性愛が認められるということが、見えないところで彼らの精神的救いになっているという証拠だと思うのです。

言葉自体の認知は広がっても、自ら性の悩みを打ち明けるには、まだ難しい環境。だからこそ社会的な動きがあることで、「性的少数派の人たちが、過ごしやすい変化が生まれる」という意識を持つことが、大切と言えそうです。

同性愛について、個人の考えや宗教、または政治的、社会的な見解を混ぜてしまうと議論は終わらない。しかし遺伝子的にみるとどうだろう?と説明するのがこの動画。こ...
先日パートナーと同性婚をした私は、ゲイ業界でここ10年ほど、台湾ブームが来ていたことを肌で感じていた。理由は安直なところで「日本人は台湾人にモテる」という...
アイルランドで同性婚の権利が正式に認められた。5月22日に同国で行われた国民投票は、同性婚を認めるための憲法改正について、その是非を問うものだった。現地メ...
6月26日、アメリカ合衆国最高裁判所が、同性婚の権利を正式に認めた。今後全ての州で同棲婚が認められ、結婚で得られる税控除などの権利を所有できるようになる。...
2015年5月、スコットランド政府が「学校の科学の授業で天地創造論を教えるべきではない」と公式に発表し話題になった。天地創造論とは、神が万物を創造したとい...
2015年6月、アメリカ全州で同性婚が認められたことは大きな話題になりましたが、そこに至るまでは長く険しい道のりがありました。1月30日に公開された『ジェ...
アメリカ国内では、同性婚の合法化が進んでいる。2014年の10月7日、アメリカにおいて新たに6つの州で同性婚が合法化することが決まった。新たに加わったのは...
東京大学・東洋文化研究所の教授である安冨歩さん。大学卒業直後は住友銀行に就職。働いているうちに「自分自身でないもののフリ」をし続けて生きていることに気づき...
「新しい価値観や制度が生まれるのはいつも都会だから、田舎で暮らしたくても、LGBTの仲間を求めると上京するしかない」そう考え、あまり好きでなくとも都会へと...
ジョン・キム作家韓国生まれ。2004年から2013年まで慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学などで客員研究員を歴任。著書に...
女性ライターのZara Barrieさんが人気を集めている理由は、その赤裸々な語り口調がとてもリアルだから。とくにセックスやLGBTについての記事は、米メ...
毎週、平均3人が自殺している。これはオーストラリアの先住民、アボリジニの話。特に若い男性の自殺率は、世界的に見ても高いんだそう。そんな問題を「アプリ」で食...
ゲイの兵士が逮捕されたり、大統領選の候補者たちが同性愛に対して否定的な発言をするなど、同性愛者にとっては厳しい状況が続く韓国社会。そんな中、各地の大学で、...
ニコさんとマイケルさんは、恋人同士。このジムで出会ったふたりは、今日も仲良くトレーニングをしています。すると突然ビヨンセの曲がかかり、トレーニングをしてい...
2015年6月26日、アメリカが同姓婚を合憲とする判断をした瞬間、世界各地ので多くの人々が、歓喜に湧き、抱き合い、こぶしを突き上げました。その様子は、一夜...
アメリカでは98秒に1人の女性が、性的暴行の被害に遭っているそう。日本でも女性の性暴力被害に関する法改正が行われたりなど、国にかかわらず大きな社会問題とな...
誰もが夢見る“運命の人”との出会い。「Elite Daily」では、そんなロマンチックな考えを覆す、シビアな記事が掲載されていました。書いたのは、自身を「...
同性愛者であると両親に告げるのは、かなりのエネルギーが必要だということは、想像に難くありません。米ニュージャージーに住むKinsey Ratzmanさんも...
もともとは、ポートランドのNPOが若者支援のために始めた取組み。LGBTやホームレスなど、社会に溶け込んで生活することが難しいと感じる若者たちが、うまくな...
オーストラリアにあるほとんどの「BEN & JERRY'S」では、チョコチップをダブルで下さいとオーダーすれば、ごめんなさいと拒否されてしまうそう...