監視しすぎる「防犯カメラ」

公共の場でもプライベートの場でも、昔に比べあらゆる場所で目にするようになった防犯カメラ。事件関連のニュースで流れるカメラ映像を目にするに「こんな場所にも…」と、悪事を働いていなくたってドキッとすることもある。

が、従来の防犯カメラに対する印象とは正反対の「目立ちすぎる防犯カメラ」の存在を知っているだろうか。

F6b33e33c804964d430e48e5feb1f6d4b51e3bc9

「監視する」はずのカメラが逆に「見てくれ」と言わんばかりに突き出して、1箇所に何台も集中するカメラが生み出すその光景には、違和感を感じてならない。

927b149340208cc2ede6d1733987df58342c12735bfc1f9b61a648a68a09ac25023dd3b8f58b129b7c86e0b4eeba955138b82ef7634dc66b4c3ae2a1A2566c01d106baac3c48dcf811a90db402597271475e9f27fd24c302d2569c42e82f35239beec437

どれも実際に設置されていたモノらしいのだが、注目したいのはその設置場所。最初の2枚はシドニーのボンダイ・ビーチの近くで、中2枚はプラハのヴルタヴァ川(モルダウ川)の目の前。そして最後の海の写真はデンマークのオーフスだ。

最初の2カ所は多くの人が知る有名な観光名所。3カ所目のオーフスは日本人には聞き慣れないかもしれないが、2017年の「欧州文化首都」に選ばれている街。つまりこの謎のカメラが置かれているのは、どれも人が集まる場所ばかり。

「監視社会」を表現する
コンテンポラリーアート

カメラは、ただの防犯カメラではなくJakub Geltnerさんが仕掛けたアート作品だった。2011年から「Nest(巣)」と題してこれまで7カ所に分けて公開されてきたもので、現代の“監視社会”を表現しているのだという。

画像には写真を撮ったり不思議そうに見上げる人々が写っているが、観光や遊びなどの目的で訪れた場所にこんなものがあれば、そりゃ立ち止まらずにはいられなかっただろうなぁ。

カメラの向こう側にいる人間の存在も知ることなく、私達は普段からどれほど見られているのだろうか…。なんて、いろんな考えが頭を巡ってしまった。

Licensed material used with permission by Jakub Geltner
オーストラリアの先住民、アボリジニのアートを、オペラハウスにプロジェクションマッピングを使い映し出すという大胆な試みが今行われている。古い文化や伝統の重要...
自分の目的に合ったカメラが欲しい!とは思うものの、一体どれがいいの? インスタの写真をきれいに撮るなら。子どもやペットの思い出をしっかり残すなら。大好きな...
大英博物館やテート・モダンなど、名だたるミュージアムを数多く抱えるロンドン。先日、この街のとあるギャラリーで開催されたのが、犬のための現代アート展です。「...
「Eurostat」が行なった、ヨーロッパで一番幸せなのは誰?という研究で、「デンマークのおばあちゃん」との結果が発表されました。同国は、高額な税制度と引...
「写ルンです」が、サブカル好きにリバイバルブームを起こしている。インスタントカメラの「チェキ」も、おしゃれアイテムとして人気だ。ローファイなメディアは、偶...
1970年代後半から80年代にかけて、音源・映像録音に使われていたのが磁気テープ。あの独特の音質を今でも求めるユーザーは意外に多く、近年微増ながら売り上げ...
カメラも高性能化しているとはいえ、イメージ通りのいい写真を撮るのはなかなか難しいもの。指示だけして、あとはいい感じに撮ってくれないかなぁ…なんて思っていた...
2015年の訪日外国人の数は約1,970万人。2016年は2,000万人を超えることが期待されています。そうすると、訪日観光の目的としての「アート」はま...
「Lomo’Instant Automat」は、インスタントカメラのシンプルな操作性を保ったまま冒険心まで満たしてくれる優れもの。まさに痒いところに手が届...
夜、みんなが寝静まったころ、おもちゃたちが勝手に動きだして、おしゃべりをし始める。子どものころ、そんな空想を思い描いたことはないでしょうか。普段、モノとし...
ゲームや漫画のキャラクター、ドリンクブランド、ファーストフードブランド…見覚えのあるポップアイコンが破滅している。そんな世紀末的な作品を描いたのは、チェコ...
過疎化に悩んでいるのは、日本の田舎に限った話ではないようです。ここ、イタリアのチヴィタカンポマラーノ(モリーゼ地方)は、人口600人ほどの小さな村。年々進...
「The Flir Duo」は、可視光と熱探知のセンサーがどちらも利用可能な、世界で初めてのアクションカメラです。大きさは41×59×29.6mm、重さは...
薄型、小型、軽量化が進む家電業界。テレビもDVDレコーダーもデジタルカメラもダウンサイズングのレベルはハンパない。一昔前に比べたら、ずいぶんとスリムになっ...
パブロ・ピカソの影響を受けたアーティストは、数知れず。パキスタン出身のイラストレーターOmar Aqilさんも、そんなピカソの独創性に魅せられたうちのひと...
「もしも、データに強いコンピュータと、創造力溢れる人間がコラボしたら、どんなアートが生まれるんだろう?」ニューヨーク大学の大学院生でプログラマーでもあるア...
単純に「自分が表現したいもの」を自由に描く。ストリートアートには、どこかそうした印象がつきまといはしませんか?しかし、ここで紹介する作品はひと味違います。...
カメラを手に入れたら、色々な機能を試してみたいものですよね。もちろんスマホのアプリも便利でいいのですが、ここではレゴブロックのように組み立てながら遊べるカ...
サンフランシスコ近代美術館のサービス、「Send Me MOMA」はキーワードや絵文字を送ることで収蔵品からそれにあったアートを紹介してくれるというもの。...
キャッチーな壁画やアートを背景に撮影する「ウォール・スカウティング」。インスタグラムの世界では、すっかり定着した感がある。が、それを一歩進化させたのは、女...