タカハシマイさん、意外に“オトコ勝り”なその素顔。

スラッとした長い手足、大きな瞳、チャーミングな小顔…もう女の子の憧れ要素をすべて持ちあわせているといって過言じゃないタカハシマイさんは、人気バンド・Czecho No Republicのメンバーであり、モデルとしても活躍中。そんな彼女のお気に入りアイテムを紹介した前回につづいて、今回はタカハシさんの“表現者”としての歩みを語ってもらいました。

小さい頃から
とにかく歌が好き

 ――小さい頃の“夢”って、なんでしたか?

タカハシマイ:とにかく歌が好きだったので、歌手になりたいってずっと思ってました。ちっちゃい頃はバンドっていうものを知らなかったので、テレビで歌ってる“歌い手さん”みたいな。

それから中学生の時にバンドを聴くようになって。椎名林檎さんだったり、THEE MICHELLE GUN ELEPHANT(ミッシェル・ガン・エレファント)とか銀杏BOYZとか、そういう日本のバンドをいろいろ聴きましたね。そこから洋楽も聴くようになって、「バンドって良いな」って思って中学生からバンドを組んで。高校でもバンドにのめり込んで、「音楽でやっていこう!」って決めて卒業してから上京しました。

 ――上京されてからモデルとしての活動も活発になって。

タカハシ:そうですね。上京してからモデルの仕事をいただけることになって、バンドと同時進行でしたね。一緒にやってたんですけど、モデルの方でお仕事をいただけるようになったので、結構そっちで知ってくれた方がいて。なので未だに「タカハシマイちゃんって、チェコ入ってるんだ」みたいな。「(チェコに加入して)もう5年目なんですけど!」って(笑)。ありがたいことですけどね。

228b4f0b4ea1fe5d1ed827f92ba6674d23151a84

新たな刺激を求めて

 ――結果的に幼いころからの夢は叶いましたね。

タカハシ:そうですね。やりたいことをやれているのは、やっぱりうれしいですし、ありがたいですね。

もっとその感動を味わいたいんですけど、例えばライブをやっている最中って一瞬なんですよ。もう後半だ、あと2曲だ!みたいな。終わってからすごい感動する感じで。そういうタイプみたいです、私(笑)。

 ――ステージに上がってる時は、もう無心で?

タカハシ:はい。「楽しい!」とかそういう気持ちはあるんですけど、本当にアッという間に終わっちゃうんですよね。でも、昔はいっぱいいっぱいな感じだったけど、今はもっと楽しめているとは思います。

 ――Czecho No Republicとしては、他のアーティストと共作するという新しいトライアルの真っ最中で。

タカハシ:そうですね。これまで結構ワガママに、いろんなことをやらせてもらってきて。たくさんツアーしたし、何枚もアルバム作ってきたし、そこで得たものは本当にかけがえのないもので。

だからこそ新しい刺激も欲しくなっている時期というか。そういう時に誰かと“コライト”する、つまり一緒に曲を作ったりすることが今までなかったので、ぜひやってみたいなって。

今すごいバンドが良い感じになってきていて、向上心というか、「やってやる!」みたいな感じになってるので。バンドの歴史の中で、今いちばんみんなが手を合わせている感じがします。

Czecho No Republic×SKY-HIによるコライトソング「タイムトラベリング」のミュージックビデオ

コンディション良好!
その理由は…

 ――今、なぜそんな良い状態になれてるんでしょうね?

タカハシ:あったんですよ、きっかけは。スタッフの方に言ってもらった言葉で、自分たちではすごいがんばってるつもりだったけど、そのがんばりが全然伝わってなかった、みたいなことがあって。「そんな伝え方だったら何も伝わらないよ」みたいな感じで。それで反骨精神に火が点いたというか、「やってやる!」みたいな感じになったんですよね。

 ――伝えること、表現することにより意識的になったと?

タカハシ:そうですね。ライブでの伝え方とかも、もっともっと考えてやるようになりました。で、やってみたら「良かったよ」って言ってもらえたりもして、だったら「もっと早く言ってよ!」みたいな(笑)。

1回ドーンってメンバー全員で沈んで、「クソ、やってやる!」みたいな感じでガーッと上がってきたのが今っていう感じですね。 これからツアーもあるんですけど、今までと違ったライブができそうだし、本当に楽しみです。

 ――「何クソっ!」っていう、男勝りな反骨心は“根っからのバンドマン”って感じがします。

タカハシ:そうかもしれないです(笑)。自分でも向上心はある方だと思うので、もっとスキルアップしたいし、もっとたくさんライブもやりたいですし。

 ――タカハシさん個人として、これからどんな風になっていきたいと思っていますか?

タカハシ:やっぱり自分ができてなかったこととか、できていると思っていたけどできてない部分がたくさんあると思うので。そういうところをもっと良くしていきたい。結構マジメなので、ひとつひとつステップアップしていきたいですね。

 ーーマジメですよね。『緊張をとる』っていう本を読むくらいだから。

タカハシ:ははははは!なんか恥ずかしい…(笑)。

 ――とにかく表現者としての自分をもっと高めていきたいと。

タカハシ:本当にそう思います。テレビのMCのお仕事もさせていただいているので、ナレーションとか、自分の“声”を使ったお仕事も、もっとやっていきたいですね。

23720de9fa3f36f2a5bd95fa3de1ea28818270f2

(タカハシさんのお気に入りアイテムについてはこちらをご覧ください!)

Photo by Kohei Suzuki

人気バンド・Czecho No Republicのメンバーであり、モデルとしても活躍中のタカハシマイさん。そんな彼女の鋭敏な感性に触れた5つの“フェイバリ...
水曜日のカンパネラ、銀杏BOYZ、フィッシュマンズ、浅野忠信など、様々なアーティストが新しい音源の発表媒体としてチョイスするなど、一過性のブームを超えて、...
プロジェクションマッピングと聞いても、もう目新しさは感じなくなりました。けれど、それを応用した演出は次々と使われ始めているようです。大阪に「透明回線」とい...
野外フェスが本格的にシーズンインするこれからの季節。ライブ好きのみなさんを「科学のチカラ」が後押ししてくれそうです。Science alertの記事による...
最近、何かと耳にする「マイナンバー制度」。その概要、あなたはきちんと理解していますか?制度が導入されると、私たちの暮らしは、一体どのように変化するのでしょ...
イギー・ポップとザ・ストゥージズ。'67年に結成したこのバンドを知っているだろうか?正直、僕はそれほど知らなかった。3枚のアルバムを発表したのだが、過激で...
Nigel Stanfordが生み出した“ロボットバンド”に興味をもつ人も多いんじゃないだろうか。彼らはターンテーブル・ドラム・ベース・ピアノ・シンセサイ...
人が集まるフェス。体が触れ合うほど密集しているからこそ、女性の身体を触るというような痴漢行為をする人も。パフォーマンス中に現場を目撃してしまったボーカルは...
かき氷屋さんの店長にして、話題のバンド「ねこね、こねこね。」のメンバーという異色のプロフィールを持つ、むらまつえりかさん。かき氷の大いなる可能性(?)を語...
自宅のCDラックから音楽的ルーツやその人となりを探る連載企画「GOOD RACK!」。前々回、前回に続いて、the band apartのドラマー・木暮栄...
音楽史に燦然と輝くスタンダードナンバー、その知られざるカバーバージョンをディグりまくるこの連載。今回ピックアップしたのは、言わずと知れた“レゲエの神様”=...
自宅のCDラックから音楽的ルーツやその人となりを探る連載企画「GOOD RACK!」が本日からスタート。気になるあの人のラック&リコメンド盤3枚をご紹介し...
今でこそ「世界最強のロックバンド!」なんて具合に讃えられている“レッチリ”ことレッド・ホット・チリ・ペッパーズですが、かつてはほぼ全裸ライブ、ほぼ全裸のミ...
自宅のCDラックから音楽的ルーツやその人となりを探る連載企画「GOOD RACK!」。今回はロックバンド、Wienners(ウィーナーズ)のボーカルにして...
「Contexts」は“音楽”と“本”をテーマにしたイベントで、粋なミュージシャンがライブパフォーマンスと共にお気に入りの本をリコメンドするという内容。こ...
フェスやライブ会場にいるとき、何かに取り憑かれたような高揚感に浸れるのには理由があった。心地いい音楽によって、単に自分がハイになるだけでなく、周囲の人々か...
チェコを訪れた際に人形劇やマリオネット専門店に並ぶ人形、それに職人たちの影響でマリオネットを作り始めたkinokosupa。一つひとつに名前をつけ、心を与...
つい先日、某有名観光地の旅館で仲居さんを6年やっていたという20代後半の女の子と話す機会があった。その子は、今でもお客さんからもらったお礼の手紙や、感謝の...
スピーカーの前でずっと踊っていた。振動が全身に伝わる感覚が好きだ。これは、そんな人にうってつけのアイテム。“腕に巻くサブウーファー”だ。振動が体に響くだけ...
思いっきり泣いてしまいたい時ってありますよね?恋人、友人、家族など大切な人との離別や、仕事でうまくいかなかった時などなど。でも、音楽を聴きながら感情にまか...