両親が、同時にガンに。ふたりの「最期」を撮り続けたフォトグラファー。

Nancy Borowickさんの両親がともにガンであることがわかったとき、フォトグラファーである彼女にできる唯一のことは、ただひたすらに「ふたりの日常を写真に収めること」だった。

長いあいだ夫婦二人三脚で歩んできた人生に、刻々と終わりが近づく。娘は、まるでふたりの余生が安らかであることを祈るように、過ぎゆく瞬間をそのまま写していった。

ガンの進行はステージ4。すでに末期症状の段階だった。

母は以前にもガンを患い、髪の毛も2回失った。再発に怒りと混乱を覚えても、病にアイデンティティを侵されることを許しはしなかった。写真は、3回目のかつらを作る様子。

検査結果の電話を、トイレで受けた日も。

2013年12月7日、父は夕暮れとともに安らかに息を引き取った。彼の母親が癌で亡くなってからちょうど43年目の日。58歳だった。

死に飲まれていく命とは裏腹に、顔の産毛が日に日に成長していくのが不思議だったという。

その後は、残された母の撮影を続けた。夫を亡くしたあとの最初で最後の誕生日を過ごしたのち、父の死から364日後に母が亡くなった。

飾らない、何気ない瞬間を切り取るなかで、両親はいろいろなことを教えてくれた。飛行機が着陸したら必ず電話すること。ブルーベリーパイを欠かさないこと。一番大事なことは、家族は愛で、愛は家族そのものだってこと。

彼女は撮りためた作品を、『The Family Imprint』と名付けてポートレイト集にした。闘病する両親のドキュメント。そこには二つ並んだ墓石の写真も収められている。

Top Photo by @nancyborowick
Licensed material used with permission by Nancy Borowick
写真はときに、言葉以上のストーリーを私たちに伝えてくれます。ある写真家は、亡くなった夫を写真の中に呼び戻し、実現しなかった家族写真をつくりました。ステファ...
James Friedmanさんは、30年以上にわたり母親の写真を撮り続けたフォトグラファー。でもそれは、愛のこもった温かな写真なんかじゃなかった。Pho...
SNSでよく目にする、キュートなペットの写真。なかでもInstagramでは、愛犬の写真を毎日アップしているユーザーをたくさん見かける。フォロワーが250...
にっこりと笑う小さな男の子。大好きなパパとママと一緒に写る幸せいっぱいの一枚は、見ているこちらも微笑ましい気持ちになります。だけど、実は彼の両親は離婚して...
フォトグラファーのKen Griffithsさんは12ヶ月間にわたり、毎月まったく同じ場所で、一組の老夫婦を撮り続けました。その幸せな日常と、最後の1枚で...
アンデルセンやグリム童話のワンシーンを思い出すような写真。見ていると、何かが始まりそうなドキドキした気持ちになります。ただ単純にキレイとか美しいだけじゃな...
子どもができたら毎日がお祭り騒ぎ。ここで紹介するのは、そんな妊娠中や子育て中の女性に起こりうる、生々しい瞬間を表現した写真集です。決して脅かすわけではあり...
一生に一度の結婚式は、一番きれいな姿を写真に残したい。結婚式で写真を撮ってもらうのも今では当たり前になりましたが、ひと昔前の様子は違うものでした。高校時代...
犬は、人間よりも早く歳をとるもの。だから歳を重ねる毎に、なるべく長生きして欲しいと祈りつつも、覚悟はしておかなければならないと自分に言い聞かせる。犬と一緒...
ブラジルと聞いてイメージするのはサンバやビーチ。けれども6年間、駅で写真を撮り続けたフォトグラファーのレンズを通して見るのは、愛や悲しみや喪失感が渦巻くリ...
アルビノの人に対する差別を知ってもらうべくフォトグラファーMarinka Masséusは写真を撮ります。タンザニアには、彼らを殺害したら幸運が訪れるとい...
コーヒーショップでビデオカメラに向かって語りかける、ある夫婦。女性は声を詰まらせながらガン宣告を受けたことを訴えます。そこへ突然、見知らぬ人が次々と彼らの...
「世の中には、マジメすぎる写真が多いんじゃないかと思うんだ。僕の写真は作品っていうより、遊びって感じだね」これは、ロンドンやシドニー、ニュージーランドなど...
この写真を見た時に、祖父母と過ごした日々を思い出しました。そして、愛情をもって自分たちの経験や考えを話してくれたことに改めて感謝したい気持ちになったのです...
「どこでも走り回れるし、いつでも新しい冒険ができて大好きだった」小さい頃からの牧場生活をそう振り返るのは、学校へは行かずにホームスクーリングで育ってきたと...
もしも、一流のフォトグラファーが、本気で昆虫標本を撮影したら──。ここで紹介したいのは、そんなちょっとマニアックな話。でも「撮影にふさわしい1%の昆虫を見...
166年前に発明された技術を使って、子ども達の写真を撮影し続けている、スペインのアーティスト・Jacqueline Robertsさん。坂本龍馬の有名なポ...
大都市、ニューヨーク。もちろん誰もが知る街だし、周りを見渡せば詳しい友人のひとりやふたり、いるかもしれません。でも、実際に訪れたことはありますか?一体どん...
彼の「リス愛」はどこまでいくのでしょうか?4年前からキタリスの撮影に取り組んできた、フォトグラファーのGeert Weggenさん。自然の中で、草花や鳥と...
家族のみんなの肌の色が違うという理由から、人と違うことを個性だと考えていたフォトグラファーChesterfield Hectorさんは、母親の死を原動力と...