音楽の正しい買い方は、直感!?(ほぼ外すけど当たるとテンションMAX)

水曜日のカンパネラ、銀杏BOYZ、浅野忠信など、様々なアーティストが新しい音源の発表媒体としてチョイスするなど、一過性のブームを超えて、ますます存在感を増している“なんかカワイイやつ”=カセットテープ。

「意外に音がいい!」と力説いただいた前回につづいて、さらに舌鋒鋭く、そして暑苦しく(失礼!笑)、『toosmell records』の赤石さんが語ってくれました。

なんかカワイイ、そして
やっぱり音がいい!

 ――赤石さん個人的として、カセットのどこが魅力ですか?

赤石:単純ですけど、まずはカセットテープっていうフォーマットそのものです。もう見た目ですね、ジャケットの形からサイズ感、そんでケースを開けてテープ本体を手に取った時の質感とか重さとか、視覚的にも触覚的にも楽しいですよね。ジャケットが横に並んだ時の感じもすごくいいですし。並びの部分ではCDにも良さありますけど、テープのほうが“モノ感”が強いじゃないですか?太いし、けど短いし。なんかカワイイんですよね。

でも、消えたと思われてた間もずっとテープは作られていたみたいなんで。メジャーからも。あれは昔から今でもカセットが主流なアジア諸国への流通用らしいです。あとはヨーロッパ。ヨーロッパはカセットテープ、ずっと強いらしいですよ。ポーランドとか特に。聞いた話なんですけど、ドイツではカセットテープそのものが“アート”っていう認識が強いらしいんですよね。

詳しくはわからないですけど、カセットテープというフォーマットに自分の魂のこもった音楽=芸術を詰め込むっていう行為が美学、みたいな。パッケージとかジャケットも普通じゃないものも多いみたいです。自主制作モノとか。

Daf1bc873d56f513ce0e09f2048b1782301d5b9d

 ――たしかに、手に持ってみるといいですよね、カセット。理屈じゃなく。

赤石:なんかいいですよね、実際に手に取ってみてより感じられるっていうか。例えば、手書きで描かれた絵とパソコン上でデザインされた絵の違い、みたいな。そこに優劣があるって訳ではなく。それこそ、テープに関しては好きな人は色々と思っていることあると思うんですけど、僕はやっぱり一番の魅力は“音”だと思ってます。ほんとに、音がいいんですよね。聴きながら持ち運べる唯一のアナログ媒体だと思うし。でもレコードとも違ったアナログの温かみがあって、っていう。デジタル音源と比べて聴き疲れもしないですし。

あと、勝手に個人的にまたCDも来る気がしてますけどね。自分の場合はカセットが好きになった事で改めてレコードがまた好きになって、そしたらCDの魅力もまた再発見してっていう流れがありましたね。なので結局「ショックウェーブ」のCDウォークマンも買って…どの媒体にもそれぞれの魅力があるので、そうやってグルグル回るもんなんじゃないかな、とも思います。

7e188e8e740b7e8c8ced23581e68dda754c10db4

主流への“カウンター”として

――音楽にかぎらず、トレンドが巻き戻っている感じはありますよね。

赤石:そうですね。音楽に限らず、ファッションとかも巻き戻っているというか、もう一度巡ってきているというか…。中1の時にファッション雑誌で見てたようなブランドとかスタイルが今また流行ってたり、「ソニスポ」や「ショックウェーブ」もモロそうですけど、それを今またかっこいいものとして紹介できるってなんかいいな〜と思います。

例えば洋服とかは、ファストファッションが好きなひとはほとんどそこで済ませるっていう人も多いでしょうけど、逆に古着とかビンテージ、デッドストック、最新の輸入アイテムを海外と同時進行で取り扱ってるお店とか、吉祥寺にも色々なお店があるんですけど、どこもめちゃめちゃ賑わってますね。

そういう流れって、やっぱりどこかにある種の“カウンター”的な部分があると思います。単純に言ってしまえば「与えられた流れに流されたくない」というか。

 ――今の主流は、完全にネットでの視聴ですから。

赤石:そうですね。映像のライブ配信とかフリーのデジタル音源とかも。アメリカのクラブシーンとかでは、そういうトレンドにアンチテーゼを唱えるひとが増えているらしいくて。

で、そういうひとたちは“真逆”に行こうとしているみたいです。「デジタル一切なし、レコードとテープしかリリースしない」みたいな、どんどんアナログな方向に。地域によっては完全二分化が始まっているみたいで、日本でもそういう潮流はある気がします。

でも、単純な反発心だけじゃ流れとかムーブメントにはならないと思うので、そこにしっかり「自分はこれが好きなんだ」っていう確かな愛情あるんだと思います。そういう人たちが「自分の流れ」を自分で作って、それが響くひとに響いていってるんだろうな、と。すごく自然な流れだと思いますね。

4cc51dcead011d08013daf4d32f8bbb75af5e9d0

話を聞かせていただいた赤石さん。ハードコアバンド・PASTAFASTA、VVORLDに在籍、Endzweck、ELMOのサポートメンバーでもあります。

パッと見て、
ピンッときたら買う!

33e38f336c20a6c8997c65fae5ab56e1e17194ef

 ――カセットを買うときは、やっぱりジャケットで判断されたり?

赤石:最近は、“ジャケ買い”ってそんなにしないんですよ。今はまた曲名で買ってますね。

 ――“曲名買い”、ですか!?

赤石:はい(笑)。中学生の頃とかよくやっていて。中学・高校の時って、僕、ほんとにデスメタルとかグラインドコアとか、とてつもなくエクストリームなものが好きだったので、とにかく速くて凶暴な曲ばっか聴いてて。だいたい「KILL」とか「DEATH」とか、そういう言葉が入っていれば速いだろっていう感じで(笑)。

最近、勝手に自分ではじめたのが“インスピレーション買い”っていうやつ。もう、ピンッときたら買う!っていう。そのレコードやカセットから出てるオーラで買うっていうか(笑)。なんかパッと見て、アーティスト名とか、タイトルを見て、これだ!って思ったらとりあえず買ってみる。まぁ、ほぼ外すんですけど(笑)。

でも、たまに当たるんですよ!その時はもう、めっちゃテンション上がります。結構若者には推奨しているんですけど。単純に楽しいので。

なんか、試聴して好みのものを買うって、「そりゃそうだろう」っていう感じなんですよね。試食して、「美味い!買う!」って、全然悪いことだとは思わないんですけど、こと音源を買うっていうことに関しては、訳のわからないものを買って当たったときの感動って、最高なんですよね。買い物としてはそっちのほうが絶対たのしいだろうなって。まあ極端な方法だとは思うんですが(笑)、たのしいです。

 ーー聴いてみるまでは得体が知れないわけですもんね。

赤石:そうですね。まぁ、「ジャケ買い」と似たようなものですけど。それでしか味わえない楽しさは間違いなくありますね。その音源に対する愛情や思い入れもひと味違ってくると思います。

あと、同じ買い方ばっかりしてても、絶対飽きると思うんですよ。特に今はインターネットが発達したおかげで音源の試聴なんてスマホですぐできるし、ごはん屋さんの情報もググっちゃえば口コミや数字での評価まで見れちゃいますけど、そうやって先に得た情報だけで善し悪しを判断しているひとが増えているのを感じることがあるので…。情報を聴いて、情報を食べて、情報を着る、みたいな。そういう部分には完全に反発していきたいですね。

ショップ、レーベルとしての
大いなる野望

0b4791344ebd147140d489690f0a01c03f2cf7b0

 ――お店でも、レーベルとしてカセットのリリースもされていて。

赤石:そうですね。例えばこのfallsっていうのは一緒にPASTAFASTAってバンドでベースやってるスパイダー山本という男が2年くらい前から新たに活動し始めたバンドで。彼がベース&ボーカル、ギターも昔から知ってる愚藻男っていう友達で、ドラムは昔からPASTAFASTAのライブとかtoosmell recordsにもよく遊びに来ていて、今では店番もたまにやってもらっている前くんっていう、みんなもう10年近く前から知ってる友達が集まって始まったバンドなんです。でも、そういう身内目線ナシで最高のバンドですね。「なんちゃらロック」とか言っちゃうとつまんないので彼らの音楽のことは詳しく言いませんが、とにかく最高って言葉が超似合うバンドです。

ネット上で試聴したりYouTubeで映像見てるだけじゃ絶対にわからない彼らの最大の魅力がライブにあるので、絶対ライブ見てほしいです。今時の若いバンドたちは全員fallsを見習った方が良いと思いますね。楽曲が素晴らしいことはもちろんなんですけど、あれだけ気持ちの乗った最高の演奏を見せてくれるバンドって、そういないと思います。だからみんな「falls最高!」って言うんだと思いますね。

 ――これからお店としてやりたいこと・野望はありますか?

赤石:カセット機器のことで言えば、これまで「ソニースポーツ」と「ショックウェーブ」、あと「マイ・ファースト・ソニー」っていう3つの機種にフォーカスしてやってきたんですけど、ソニーやパナソニックの違うタイプのウォークマンや他のメーカーのウォークマンも入荷していく予定です。9月末から入荷してく予定なのでぜひチェックしてもらえたらうれしいです。まだまだ素晴らしいカセット機器がたくさんあるので。

レーベルとしてはカセットのリリースも年内だけで5〜6作品予定してます。カセットだけじゃなくCD・レコードのリリース予定もあって、それぞれジャンル/スタイルも全く違います。とにかく自分が最高だと思うアーティストや作品を様々な形でリリースしていこうと思ってます。 野望というほどのことは特に思い浮かばないんですが…、真剣に遊びながらやっていけたら最高だと思ってます。遊びだからこそ、一番真剣にやらないといけないな〜と思います。

(前編はこちら

自宅のCDラックから音楽的ルーツやその人となりを探る連載企画「GOOD RACK!」。今回はロックバンド、Wienners(ウィーナーズ)のボーカルにして...
アパレルショップが食器をセレクトし、書店がアウトドアグッズを推す現代。店側が特定分野のモノだけを売る時代はとうに過ぎ去り、衣食住トータルのライフスタイルを...
30代、40代なら『Give me a Shake』や『 Never gonna stop it』、20代なら『Tacata'』で知ったという人も多いかも...
自宅のCDラックから音楽的ルーツやその人となりを探る連載企画「GOOD RACK!」。今回はロックバンド、Wienners(ウィーナーズ)のボーカルにして...
自宅のCDラックから音楽的ルーツやその人となりを探る連載企画「GOOD RACK!」。今回はロックバンド、Wienners(ウィーナーズ)のボーカルにして...
「人気再燃」なんてニュースを目にすることが増え、パナソニックが発売した35万円のプレーヤーが30分で完売するなど、ブームが加速している感のあるレコード。で...
音楽史に燦然と輝くスタンダードナンバー、その知られざるカバーバージョンをディグりまくる連載企画、『disCOVER!』。今回ピックアップしたのは、フランス...
ポートランドでは音楽事情も独特なのでは?という期待のもと、街のレコードショップを訪ね歩いている時、あることに気がつきました。カセットテープの棚があるんです...
自宅のCDラックから音楽的ルーツやその人となりを探る連載企画「GOOD RACK!」が本日からスタート。気になるあの人のラック&リコメンド盤3枚をご紹介し...
ふたたび流行っているのは知っている。CDより小さくて、本体のカラバリもたくさんあって、“なんかかわいい”っていうのもわかる。取り扱っているお店が増えて、い...
自宅のCDラックから音楽的ルーツやその人となりを探る連載企画「GOOD RACK!」。前々回、前回に続いて、the band apartのドラマー・木暮栄...
自宅のCDラックから音楽的ルーツやその人となりを探る連載企画「GOOD RACK!」。今回はONE OK ROCKやストレイテナー、andropなど数々の...
音楽プロディーサーのChristian Pierinは、廃棄された音楽機材やレコードで、ジミ・ヘンドリックスやジョン・レノンなど、偉大なアーティストたちの...
自宅のCDラックから音楽的ルーツやその人となりを探る連載企画「GOOD RACK!」。今回はONE OK ROCKやストレイテナー、andropなど数々の...
人気のある音楽ジャンルと聞くと何を思い浮かべるでしょう。ポップスか、はたまたロックか。音楽史において最も影響力のあるジャンルとは一体…。これは、2015年...
近年、音楽好きの間で再評価が進む、アナログレコード。じつは日本を含む世界中で若者を中心にブームとなっており、ここ数年爆発的に生産量が伸びているそうです。レ...
思いっきり泣いてしまいたい時ってありますよね?恋人、友人、家族など大切な人との離別や、仕事でうまくいかなかった時などなど。でも、音楽を聴きながら感情にまか...
イギー・ポップとザ・ストゥージズ。'67年に結成したこのバンドを知っているだろうか?正直、僕はそれほど知らなかった。3枚のアルバムを発表したのだが、過激で...
スピーカーの前でずっと踊っていた。振動が全身に伝わる感覚が好きだ。これは、そんな人にうってつけのアイテム。“腕に巻くサブウーファー”だ。振動が体に響くだけ...
よもや平凡な荷造り用の梱包テープだけを使って、アート作品をつくりあげてしまうとは。オランダに拠点を置くMax Zornは、誰よりも多くテープを使いこなして...