リアルはこっち。セルフィーの裏側を身をもって伝える。

Chessie Kingさんは24歳のスタイルブロガー。Instagramにも自身のショットを投稿しています。

完璧なプロポーションの写真が並ぶなか、彼女の投稿で目を引くのは、投稿した写真と実際の写真の比較画像。

完璧な写真の方は、角度や光の加減、または画像の加工によって「完璧に見せていた」とChessieさんは言います。しかし、Instagramの完璧さの罠に疑問を抱き、フォロワーに正直になりたいと思った彼女、ありのままの自然な自分を並べてみたところ…。

健康的な自分の体を
誇りに思う

右の写真は本来すぐに削除されて忘れられるもの。でも、私は最近、削除フォルダを全て復元しました。この写真を削除して、左の写真を投稿したことに罪悪感を感じたからです。

だって、両方の写真が私自身。

私はこの写真を見て、自分の身体がとても健康的に見えることを誇りに感じ、自分を制御することなく生きていこうと思ったのです。

 

Instagramに投稿された写真の太ももの綺麗さに疑問を持ってる人、たくさんいるんじゃないでしょうか。

いくら完璧に綺麗な太ももをアップしても、実際には短いパンツを履いたりビキニを着たりすると、どうにかカバーしたいと思っちゃいます。

でも、私のありのままの足を大切にしなきゃ。だってこの足が、自分を遠くまで連れて行ってくれるんだから。

立つと座るのでは見え方が全然変わります。

でも、たとえスッキリと痩せて6つに割れた腹筋を持っていたからといって、もっと友達に愛されるでしょうか?ほっそりとした太ももを持っているからと言って、仕事で昇進したりするのでしょうか?

スタイルが良くなりたいと思うことは素敵なこと。でも、今の自分の体が嫌いでないのであれば、自分自身に自信を持って、否定的な言葉とサヨナラしましょう。

Chessieさんのセルフィーは、Instagramに投稿される写真が見せかけであることを伝えると同時に、健康的な体でいきいきと生活することの素晴らしさを伝えてくれます。

セルフィーをアップした他人の写真を見て自信をなくさず、自分の体をポジティブに受け入れる勇気と元気がわいてくる写真に、救われた女性はきっとたくさんいるはず。

Licensed material used with permission by Chessie
セルフィー。日本語でいうと自撮り。自分ひとりの撮影だけじゃなく、友だちが集まった時も思わず撮りたくなっちゃいますよね。どうやらその気持ちは、猫も同じのよう...
エッフェル塔やサクレ・クール寺院、ルーヴル美術館、ビッグ・ベン…パリとロンドンを代表する観光スポットは、誰にとっても魅力的なフォトスポット。それらを写すだ...
サインペンで書いた胸元のタトゥーに、近所で拾ってきた葉っぱのかぶりもの。娘・キャシーのセルフィーを忠実に再現してInstagramに投稿しているのは、父親...
フィンランドに暮らすSara Puhtoさんは、「ボディ・ポジティブ」をうたう写真やメッセージを日々Instagramに投稿しています。自分の体型を気にし...
子どものころはワクワクしていた誕生日も、大人になるとちょっぴり複雑な気持ちになるもの。それならば、またひとつ大人になることをポジティブに受け止められるよう...
ヨーロッパでポピュラーなLCCのひとつ、ライアンエアーには、世界中から注目されているパイロットがいます。彼女の名は、マリア・ペターソン。Instagram...
「なぜお尻が良くておっぱいが悪いっていうの?見せかけの偽善に息が詰まりそう」デビュー当時より、鋭くフェミニズムの観点で社会的メッセージを発信し続けてきたマ...
近頃、注目されているグレープシードオイル。ワインの製造過程において、ブドウの搾りかすの種子からできるこの食用オイルの、いったいどんなところが優れているので...
ローラ・ウィリアムズ(Laura Williams)という18歳の少女が撮るセルフィーに、今注目が集まっている。彼女は、イギリスを拠点に活躍する若きカメラ...
インスタグラムでビフォーアフターを載せることもあるかと思いますが、ここ最近は、それを逆手にとった「写真のトリック」について触れる投稿も増えてきていますね。...
以前紹介し反響が大きかった、娘・キャシーのマネをしてInstagramに投稿する父・マーティンの話。彼は、セクシーな格好でセルフィーを投稿し続ける娘への“...
ちょっと怖いかもしれませんが、ぜひ試してみて欲しいのがコチラ。新しいアイウェアやメイクを選ぶときに、できるだけ相性の良いものを選びたい人のために開発が進め...
ここは、NYブルックリンの街角。ポップでかわいいストリートアートが出現しました。世界中のトラベルスポットも描かれていて、さながら旅行気分でキュートなセルフ...
断崖絶壁セルフィー・・・こわっ!中国の五大名山のうち最も険しい山とされる、華山(かざん、ホワシャン)。かつては仙人が住む山とされ、道教の聖地となっている場...
ドリップコーヒーから出るコーヒー豆のかす。これをただ捨てては「もったいない」と、いろいろな再利用法がネットでも紹介されています。消臭剤や除草駆除、これはよ...
シンプルアートが心に響く。複雑なアートがある中で、逆にシンプルすぎるアートに、私たちは惹かれるのかもしれない。それが、彩度の高いInstagramの世界な...
キア・ブラウンさんは、ニューヨークに住む25歳の女性。脳性麻痺を抱える彼女は、自分自身の写真に「#disabledandcute(障害があっても私はキュー...
日焼け止めはバッチリ塗っても、意外と忘れがちなのがその後のケア。長時間日光にさらされたお肌はダメージを受けています。焼く派も焼かない派も、乾燥やほてりから...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
「自分の肌に1番合う製品を使って、しっかりスキンケアしたい」女性なら誰でも思うことではないだろうか。忙しくても簡単に肌チェックができるデバイスが、Kick...