ピンクの髪の毛が、彼女に生きる気力と希望を与えた。

Scintillaさんの右足に骨肉腫が見つかったのは、2011年のこと。当時高校2年生だった彼女は、ほぼ1年間治療に専念しました。生き抜くために──。

できる限りのことは何でもしました。化学療法から転移を防ぐための人工関節、ヒザを開く手術まで。その結果、徐々に快方に向かっていったそう。

ところが5年後、もっとも聞きたくなかった事実を医者から告げられたのです。

ピンクの髪が
気力と希望をくれた

癌は完治しておらず、それどころか、肺や脊椎にまで転移していました。

抗がん剤治療をはじめ、体力低下や副作用に苦しむ日々。肺機能は低下し、歩くことさえも一苦労。キッチンまでの距離も、マラソンを走り切らなければいけないような感覚だったといいます。

「仕事もできない。学校にも行けない。趣味も諦めなきゃいけない。外出は誰かに付いていてもらわないとダメ。それでも、1番イヤなのは孤独になってしまうこと。みんなに忘れられた気分になるの。

でも、私はすごく幸せ。仲良くしてくれて、いつも励ましてくれる友だちがいるから」

その友だちの1人が、ヘアスタイリストのKat Collettさん。どんなに過酷なことでも立ち向かっていく心意気に感化され、髪を染めてあげることにしたのだとか。

上の動画。鮮やかなピンク色を見たときのScintillaさんの表情に、本当に胸を打たれました。

「Katのおかげで、いつ自分を見ても嬉しい気分になれる。この髪から大きな力をもらったし、希望も持つことができたの」 

Licensed material used with permission by Kat Collett
メリーランド州に暮らす10歳のトーマス・ムーアくんは約2年間、一度も髪の毛を切らず、このボサボサ頭。けれど不精なわけでも、ヘアカットのお金が無いわけでもあ...
日本人の死因1位でもある、がん。さまざまな治療法が開発されていますが、とくに抗がん剤を使う化学療法には、吐き気や痛み、手足の皮がむけてしまうという副作用が...
誰だって、つらい経験をし、自分の人生に絶望してしまいそうになることがあります。しかし、どんなにつらいことでもいずれ終わりが来ます。そして私たちは、そこから...
UCLH(ロンドン大学病院)は、主に口腔、咽頭、喉頭、鼻腔、副鼻腔、唾液腺、甲状腺、頸部食道、気管に現れる「頭頸部がん」の治療に、Googleの人工知能「...
2015年の秋、67年連れ添った夫を失った90歳のノーマさん。さらにその2週間後、自分自身にも「子宮がん」が発症していることを知りました。医師もベストな手...
米メディア「Collective-Evolution」でライターArjun Walia氏が紹介するこの記事は、近年がん治療に「医療大麻」が有効であるという...
ガンが転移し、化学療法中。もし自分や、親しい人がそんな状況になったら、どんな気持ちになるでしょうか。もしかしたら、どう声をかけて良いのかさえわからなくなっ...
2015年9月のこと。ノーマさん(90歳)は、67年間一緒に連れ添った最愛の夫を亡くしました。そして、その2週間後に自分の体ががんに蝕まれてることを知った...
2013年9月29日、Emily Helckさんは自身の姿を「1年間」記録し続けた動画をブログへと投稿しました。ABC Newsのインタビューに答えた彼女...
カメラの前で、キュートな笑顔を咲かせている「ふたりの赤ちゃん」。パッと見だと似ていませんが、イリノイ州で生まれた双子の女の子で、初めて迎える誕生日の記念に...
友人の娘が癌を患い、何かできることはないか考えた末、手作りのウィッグをプレゼントし、女の子に笑顔を取り戻したHolly Christensenさん。その事...
写真家のFarah Hughesが撮影するのは、産後うつになってからも子育てを続ける女性たちのポートレイト。実際に産後うつを経験したFarahが撮影した写...
「言葉は人の生き方を決める」。そう語るのは、ノーベル生物学・医学賞を受賞した大村智さん。彼は周りから「メモ魔」と言われるほど、本やテレビを見ていて感銘を受...
強姦被害に遭い、うつ病やPTSD(心的外傷後ストレス障害)に苦しんでいたHeidi Williamsさんは、自ら命を絶とうとしたこともあったそう。しかし、...
英語で「I have butterflies in my stomach=お腹に蝶々がいる」は、緊張している状態を指す。自らをフォトアーティストと呼び、ニ...
「なぜお尻が良くておっぱいが悪いっていうの?見せかけの偽善に息が詰まりそう」デビュー当時より、鋭くフェミニズムの観点で社会的メッセージを発信し続けてきたマ...
いま、ガン治療の特効薬になる可能性を秘め、世界が注目している遺伝子がある。この遺伝子を最も多く持つのがゾウ。人間も含む動物のなかでも、「ゾウだけはほとんど...
アンデルセンやグリム童話のワンシーンを思い出すような写真。見ていると、何かが始まりそうなドキドキした気持ちになります。ただ単純にキレイとか美しいだけじゃな...
シンプルアートが心に響く。複雑なアートがある中で、逆にシンプルすぎるアートに、私たちは惹かれるのかもしれない。それが、彩度の高いInstagramの世界な...
「母斑症」は遺伝的な要因や胎生期の環境によって生じることのある皮膚の奇形。ここで紹介する写真の女性は、ロサンゼルスで活躍する22歳のダンサー、カサンドラ・...