世界的トレイルランナーに学ぶ「食の考え方」

どのような食生活が合うかは人それぞれですが、世界的ウルトラマラソン・トレイルランナーVlad Ixelさんにとってのそれは「ヴィーガン」だったそう。

過去5年怪我なく走り続けている彼のスタイルを、米メディア「Gear Patrol」によるインタビューから紹介します。

ランニングを極めるため
煙草と肉を断った

F82f2f25b0c88ace5006bc4078e937c2587c0056

鶏のムネ肉を食べなさい、エビを食べなさい、ホエイプロテイン(牛乳を原料としたプロテイン)を摂りなさい、バランスの良い食事をしなさい。スポーツ業界では、このような言葉が行き交います。

ただ一番パワーを発揮できる食事は、人によって違います。例えば、健康を保ちながらエネルギーを増加させるには動物性食品をカットするのがベストだ、と言われたらどうでしょう?まさにそう主張するのは、ウルトラマラソン・トレイルランナーであるVlad Ixelさん。彼は肉を断ち、ランニングとヴィーガニズム(完全菜食主義)にどっぷりハマりました。

彼のライフスタイルはどんなものなのか、走るときに気をつけていることは何なのか。その謎を探ってきました。

ーーヴィーガニズムはいつ始められたのでしょう?アスリートとして、必要なエネルギーを摂取するのに苦労しませんでしたか?

始めたのは、4年半前です。ちょうどクリスマス辺りに「まずは2週間」と決めて、試してみました。そうしたらたったの2週間で活力が増し、よく眠れるようになり、トレーニングやレースからの疲労回復も早まったんです。以来、ずっとヴィーガンですね。

最初の3日間は何を食べればいいかわからなかったので大変でしたが、以前よりよく眠れるようになったので、エネルギーだけはありました。あとは、以前まで奮闘していた昼食後の疲れも消えましたね。

ーーヴィーガンを試してみようと思っているアスリートに、アドバイスをお願いします。

まずは一度試してみるといいと思います。2〜4週間ほどやってみて、体の反応を見る。友だちや家族など、お互いに励まし合える人と一緒に始めて、サポートし合えるとなおいいでしょう。

ーーレース前は何を食べていますか?

過去130のレースでは、ピーナッツバターをぬったパンとバナナがお決まりでした。でも最近は炭水化物を減らして脂質を増やそうとしているので、パンを少なめ、ピーナッツバターを多めに。あとはアボカドも付け足してみようかな、と考えています。

ちょうどこの炭水化物少なめ・脂質多めスタイルを試している最中なので、レース前もこちらに切り替えてみようかなと。

ーー長距離のランに必ず持参する食べ物は?

トレーニングの際には、何も持たないようにしています。なので30km以下のランには、ほとんどの場合、食べものも水も持っていきません。30キロを越えるようであれば、ほんの少しのお水と、エナジージェルをいくつか持っていきます。個人的にジェルはあまり好きではないのですが、ほんの少しの量で適度なエネルギーが摂取できるので手軽なのは確かです。

ほとんどのランは、朝食抜きで走ることが多いですね。そうすることで、体は食べ物に頼らなくなりますし、炭水化物でなく脂肪を燃やせるようになるので、脂肪燃焼にも効率的です。この食生活を私は数年前から実践していて、長距離を走る方には特におすすめですね。

ただしこれは、6ヶ月以上かけてゆっくり慣らしていった食生活です。私は、1週間の長いマラソンの時に試しました。何もお腹に含んでいない状態で臨み、始めは10キロほどの地点でエネルギーを摂取しました。その後半年から9ヶ月ほどかけて、徐々にその距離を40キロへと延ばしていった感じです。

日々の小さな積み重ねが
誇らしい結果に繋がった

9a96cf41da7a144e3c54725e234481ff99a4c919

ーーヴィーガンになってから、ランナーとしてより良い結果を出せていると感じますか?

回復力が早まったおかげで、より質の高いトレーニングに取り組めるようになったので、その点ではランニングも強化されたと思います。あとは体重が落としやすくなりましたね。何せ体重と体力の比率がすべての世界ですし、1キロ落とせるだけでレース中に運ばないといけない体重も減るのですから。

私が思うに、ヴィーガンは20歳を過ぎてからランニングを始めた人に効果的なのではないかと。10代の頃からランニングをしてきた人は、成長期から鍛え上げているので、その過程で回復力に磨きをかけられていると思うんです。すでに必要な素質が揃っているから、20歳を過ぎてからランナーになった人ほど明確な変化は感じないかもしれません。

ただ、ある程度年齢を重ねてからランニングを始めた人がヴィーガンになると、「回復力の早さ」が著しく変わるため、ランの結果向上には効果的です。

ーートレーニングの基本的なスケジュールを教えて下さい。

トレーニングの最も大きな要素は、走ることです。トレイルランニングとロードランニングの両方を織り交ぜながら、週に大体120〜150キロほど走ります。

あとは体にあまり負担がかからないトレーニング(クロストレーナーやバイク)を週に数時間やります。これは、いわば日々のランニングに休息をいれるようなトレーニングですね。あとは週に数時間ほどジムに通って体力をつけたり、安定力を鍛えたり。それからヨガなど、体を回復させる時間を1日の後半に取り入れています。

基本的なスケジュールは、こんな感じです。 

朝: 15キロ走る – あるスキルを重点的に磨くトレーニング (坂、スピード、テンポなど)
午後・前半:10キロ走る
午後・後半:ジムに行く
夕方:ヨガなどをして回復

ーーランナーになってから、最も達成感を感じた出来事を教えて下さい。

ランニングを始めた5年前から、煙草を断ち、年に5000〜7000キロほど走ってきました。過去3年で130以上のレースに参加し、ほぼ100回は表彰台に立つことができました。うち50レースは優勝です。もちろん、その間の怪我はゼロです。

ちょうど走り始めたばかりの頃、私は食生活や通常トレーニング、筋力トレーニング、回復トレーニング、睡眠、ランニングに適した靴、フォームなど、ランニングに関連することについて調べ尽くしました。どの分野においても「ベスト」を取り入れるようにしたんです。食生活においては、ヴィーガンがベストだとわかりましたし、靴においては、足の体力をフルに使い、裸足ランニングを強化できる、機能が少ないシンプルなものがベストだとわかりました。

これまでの私の目標は、様々な角度からランに磨きをかけて、怪我をせず走り続けることでした。なので、一度も怪我をせずに5年間走り続けてきたことが最も大きな成果ですね。

あとは、昨年オーストラリア代表としてIAUワールドトレイルランニングチャンピオンシップで25位を勝ち取ったことが、一番誇らしいことです。

Licensed material used with permission by Gear Patrol
舗装されていない登山道や林道などを駆け抜けるスポーツ、トレイルランニング。始めている人も増えてきてやってみようかな?と思っているあなたに、その魅力やはじめ...
米ヒルトン・ホテル&リゾーツにワークアウト専用の客室ができたそうです。これ、簡単に説明すると、全身の筋肉を鍛えられてしまうほどの、様々なトレーニンググッズ...
ほぼ毎日と言っていいほど、ジムに通っている僕。「今日は胸の日」「明日は背中の日」といった具合に、その日ごとに鍛えるパーツを決めて重点的に筋トレをおこなって...
「スポーツジムやフィットネスクラブに通う」「近所をランニングする」など、健康維持や肉体改造のため日常的に運動をする人が増えていますよね。じつは今、運動前後...
見た目の華奢さを大きく左右する肩幅を少しでも狭くしたい!そう思っている女性は少なくないですよね。何を隠そう、私もそのうちの一人。いままでは、矯正や整体にで...
就職して、初めてまとまったお金を手にする20代。学生時代とは比べものにならない収入を手にして、ついお金を使いすぎていませんか?とくに親元にいると、給料はほ...
NYのライフスタイルを中心に情報を発信する「Elite Daily」のライターZara Barrie氏は、30歳を目前にしてさまざまな悪習慣とサヨナラする...
「mindbodygreen」のこの記事にまとめられているのは、約20年のフランス在住歴を持つRebeca Plantier氏が気づいた、フランス流食生活...
医学博士のAmy Shah氏は、「mindbodygreen」で、こう断言しています。「健康やダイエットにルールなんてない!」と。カロリー制限やハードな運...
20代のうちは誕生日があんなに楽しみだったのに、30歳を超えると「筋肉痛が二日遅れで来た」だの「お肌の曲がり角」だの、何かとマイナスなイメージ。だけど、2...
「今年こそは!」と思っていたはずなのに、気がつけばもう2016年も残りあと2ヶ月と少し。平日は仕事、オフは家族との時間も必要なビジネスパーソンは、忙しい毎...
「ダイエットや健康管理のために走りたい」と思ってはいるものの、なかなか始められない…というあなた!意外に思うかもしれませんが、走ることを日課にするのって、...
AppleとNike。世界でもっとも革新的なブランド2つが、長いあいだ一緒に走り続けてきたからこそ生まれた最新モデルがこの「Apple Watch Nik...
ジムといえば、身体を動かしてアクティブに汗を流す場所。でも、ジムでゆっくりと身体を休めてリラックスする、という逆転の発想のクラスがイギリスで誕生しました。...
EMSとは筋肉に電気刺激を与え、効率的に負荷を与えられるシステム。プロのアスリートも取り入れている方法です。が、さらに革命的な製品がコレ!ただの矯正用では...
バカな事もたくさんやったり、悲しい経験もしたり、いろんな思い出が詰まっている10代。多感な時期に経験したことは、誰でも忘れがたいものです。「Elite D...
社会に出て、いろいろなことができるようになる「20代」。でも、手にいれた可能性の大きさに振り回されがちな年代でもあります。「Elite Daily」の女性...
運動を習慣化すれば、生活が改善される! なんてことは、いろんなところで言われてますが、それが具体的にどういうことなのか、わからない人も多いのでは?海外のブ...
走ろうとしたら雨が降ってきて、「今日くらいいいか」とサボってしまった、ひざが痛くて走るのが怖い…。ジョギングを日課にしたいけど、ちょっとしたことを言い訳に...
フィットネストラッカー「Moov Now」の特徴は、トレーニング中に過去の自分の記録と比べて、パフォーマンスが悪いと煽ってくれることです。要するに、常に限...