人生、サーフィンだらけ。宮崎へ移住した道産子ふたり

格安航空会社(LCC)の存在も後押ししてか、ひと昔前に比べると日本はギュッと小さくなりました。それに伴い、ここ数年で日本人の新しい暮らし方のひとつとして定着したのが、地方移住です。

大上良輔さん(28)と齊藤雅己さん(29)も、そんな地方移住者。ふたりが学生から社会人時代を過ごした北海道を離れ、新天地として選んだのは、南国「宮崎」でした。

なぜ、宮崎に惹かれたのか? そして移住の決め手とは?

サーフィンがくれた
「きっかけ」

Cca95e2f682fa71e281f0cef34ccd664aa7ab3ac

誰もが知る赤と緑の双子の兄弟のようなヒゲがチャームポイントの大上さんと齊藤さん。大上さんは一昨年、齊藤さんは4ヶ月ほど前に移住し、今は宮崎市内でカレーとタコスのお店「SAN BARCO」を経営しています。

ふたりが知り合ったのは今から10年ほど前のことで、きっかけはサーフィン。意外と知られていませんが、実は北海道にもサーフスポットは点在しており、流氷が流れる時期のオホーツク海以外は年中サーフィンができるのだそうです。当時のふたりは地元のサーフィン仲間でしたが、大学を卒業し、それぞれは別々の道へ。

大上さん
「僕は大学を卒業して一度アウトドアの会社に勤めたんです。そこで自然の大切さをビジネスの視点で学びました。働いているうちに『やっぱり自然の近くで暮らしたい』という思いがあって、お金を貯めて友だち3人と種子島に移ったんです。そこでサーフィンづけの日々を送ったり、アメリカに行ってまたサーフィンをしたり…。本当に、人生サーフィンだらけ。でも同時に今後のことも真剣に考えるようになり、仕事ややりたいこととサーフィンがいいバランスで楽しめる生活をしたいと思い始めました。そのために、夢だった飲食店をしながら、空いた時間で波に乗る生活することに決めたんです」

そこで大上さんが次なる移住先として選んだのが、宮崎。理由はもちろんサーフィンのベストスポットだったからと大上さんは言います。

大上さん
「決め手は宮崎の海のストレスのなさ。とにかく波もいいし、海もきれいでローケーションもいい。思い切りサーフィンを楽しめる環境が整っているんです。サーファーにとっては、これは何よりの魅力でした」

そして大上さんは宮崎のカフェで働きながら、新しい生活をスタートさせました。

宮崎行きを決めたのは
「アルゼンチンの最南端」

大上さんは種子島やアメリカに行っている間も齊藤さんと連絡を取り、「いつか一緒に店をやろう」と話をしていたのだそう。一方齊藤さんも、ちょっと変わった生き方を満喫していました。

齊藤さん
「僕は札幌の大学を出てから1年半は営業職をしていました。その後、『起業しよう』と思い立って東京に行き、網戸の張替え屋さんをスタート。けれど中々うまくいかず、結局自分が好きなことって何だったんだろうと振り返ったら、海とカレーだったんです。そして海のある街、鎌倉へ引っ越して、カレー店で働いてました。それから、旅も好きだったので、現地の人の家にお世話になりながら世界中のおいしいカレーを食べ歩いたりお店で働いて作り方を学んだり…。そんな生活をしていました」

世界中を旅する齊藤さんに大上さんから“お呼び出し”があったのは、齊藤さんがちょうど南米・アルゼンチンの最南端、パタゴニアにいたときのこと。

大上さんから「宮崎、すごくいいところだよ」と連絡があり、すっかり宮崎でサーフィン生活を満喫している旧友からの熱弁を聞いた齊藤さんは、吸い寄せられるように帰国。

でも、宮崎の魅力は
波より「人」だった。

52b646985e1df4773e4aa82be50e62c7f83de48d

宮崎で再会を果たし、長年語り合っていた「店をやろう」という夢の実現を目前に控えたふたり。しかし、もちろん飲食店経営は初めてで、ましてや宮崎ではふたりは「よそ者」。

果たしてうまく店を開店できるのか…と不安がないわけではありませんでした。

大上さん
「そこでビックリしたんですけれど、宮崎の人って驚くほど優しいんです。うちのお店も、もともとは建築会社さんがやっていたカフェスペースを居抜きで入居させてもらったんですが、そこの社長さんがとても協力的で、内装を手がけてくれたり『あの人紹介するよ』とか『頑張ってね』という言葉を当たり前のようにかけてくれる。僕はこんな場所、他に知らないです」

また、齊藤さん曰く「宮崎の人の良さは、親日国で知られるミャンマー人並み」とのこと。

齊藤さん
「ミャンマーではボランティア活動をしていたこともあってか、目の前の人のために何かお手伝いをする。そんな素敵なミャンマーの方に多く出会いました。宮崎の人にも似たような空気を感じます。他人に対して手を差し伸べてくれたり、気軽に声をかけてくれたりする。そしてみなさん本当に優しい。そんなところはそっくりだと思います。宮崎はサーフィンをする場所としての魅力も十分あるんですけど、『人』も大きな魅力のひとつだと感じています」

Ecb1cba11ce53d668b4f7eec8ffa8985e76bb8bb

今は手探りながらも、自慢のタコスとカレーの店を開けながら、宮崎の生活を謳歌しているという。サーフィンしかり、何かしらのきっかけで宮崎への移住に興味がある人には「ぜひ一歩を踏み出してほしい」と言います。

齊藤さん
「何かやってみよう、宮崎が好きだ、そんな思いのある人にとって、何かきっかけを与えてくれる人が、宮崎にはたくさんいると思います。新しい環境に身を置くことは勇気がいることかもしれません。しかしそんな温かい空気が流れる宮崎だからこそ、新しい生活を始める場所としてはぴったりなのかもしれません」

好きな場所で、好きな仕事をして、好きなことをしながら暮らす。

「大人になったらこうやって生きなければならない」というステレオタイプな価値観は今やナンセンス。肩の力を抜いて、人生を謳歌する人がたくさんいる今の時代だからこそ、移住という選択肢は大いに“アリ”なのかもしれません。

宮崎県日向市のPR動画として世間を騒がせた、"非モテ男"の成長記録。ネットサーフィンを趣味とする男の子が、南国宮崎の青い海を舞台に本物のサーファーへと変貌...
ライターのジョアンナ・シュローダー氏が「YourTango」に書いた「サーファー愛」を紹介しましょう。1月にプロサーファーのケリー・スレーターが、波に襲わ...
サーフィンは、数あるスポーツの中でもかなり上達が難しい類だと思う。だって、訪れるポイントの地形によって割れる波の形はまったく違うし、同じポイントでもウネリ...
Mike Coostsは18歳の時、サーフィン中サメに襲われ片足を失うアクシデントに遭いながら、今も波に乗り続ける義足のサーファー。同時にサメを保護する活...
半身不随の女性を背負いもう一度、波に乗せるサーフィンを愛した、ひとりの女性。毎日海へと通っていた彼女は不幸な事故により、サーフィン人生を奪われてしまった。...
地域PRの手法は数あれど、ときに「この発想はなかった!」と唸ってしまうものに出会うことがあります。今回紹介する動画も、間違いなくそのうちの一つ。これは、宮...
海外で暮らしたら、さぞかし楽しいだろう。漠然とそう思ったことがある人も多いでしょう。でも現実は、そんな単純なものじゃなさそう。独・ベルリン在住の女性ジャー...
アメリカのイベントマーケティング・マネジメント会社であるBook That Eventが主催する、犬のためのサーフィン大会が今年も開催されました。場所は、...
世界のあらゆる波を人工でつくり出す「Wavegarden」。いわゆる人工波テクノロジーを用いた、ウェーブプールを手掛ける草分け的存在だ。サーファーたちをわ...
カリブ海に浮かぶロアタン島(ホンジュラス)で生活する、フリーライターAmanda Walkins氏は、ワシントンD.C.からの移住組。南の島での実体験を綴...
ウェットスーツに身を包み、サーフィンを楽しむ4人のカワイイ女の子たち。なんか楽しそうだなぁ、一緒にこの中に混ざりたいなぁ、と思って動画を見ていたら、思わぬ...
夏本番。ビッグウェーブを求めて、サーファーたちが海へと出かけます、普通はね。ところが、この動画を見てください。完全に街乗りサーフィン。じつはここ、ドイツ3...
「サーフィンとは”禅”である」という言葉もあるように、ただのスポーツではなく、自然と一体化することで、自分と向き合うもの。陽の光を浴び、風を受け、波を体感...
最初に断っておくと、自分はフード専門ライターではないので、ハンバーガーに限らず世界一を決めるような舌は持ち合わせてない。けれど、いちバーガーマニアの意見と...
「The Quiksilver in Memory of Eddie Aikau」は、伝説のサーファーと呼ばれるエディ・アイカウの功績を称えたビッグウェー...
いまや日本のビーチカルチャーのアイコン的存在であるAOSHIMA BEACH PARK、年一回の発行ながらその高いクオリティでコアなファンを獲得している雑...
2030年の火星移住プロジェクトにむけ、NASAが「火星での植物栽培」を本格的に考えている、というニュースは何度か見かけたことがあるかもしれません。地球以...
2020年代に人類が火星に移住する計画があることは、多くのメディアが伝えています。ここで紹介する「Asap Science」の動画は、それにまつわる様々な...
2015年7月に、南アフリカで開催されたサーフィン大会「J-Bay Open」で事件が起きた。オーストラリア出身のプロサーファー、ミック・ファニング選手が...
近年、東京から他の地域に移住する人が増えてきたように実感します。ただ、そのスタイルは昔とはまったく異なります。昔は「都会での生活に疲れた人がするもの」とい...