夏だけじゃない。宮崎のたまらない「冷汁」

だいぶ涼しくなってきたとは言え、まだまだ気温差も激しく、疲れが残りやすい人も多いのではないでしょうか。

南国・宮崎の我が家には、そんな「バテ気味な人」にぴったりな秘伝のレシピがあります。

「冷汁(ひやじる)」です。

郷土料理として知られていますが、簡単に言えば「具だくさんの冷たい味噌汁をご飯にかけていただく」もの。ご家庭でも簡単に作れるので、夏だけじゃなく、定番レシピとしてもぜひ。

891a84d2595b0e4bed04c51da20e7a905b27ff61

分量は2人分です。

・あじ(生)…2尾
・麦味噌…60g
・麦ご飯…お茶碗2杯分
・きゅうり…1本
・木綿豆腐…1/2丁
・みょうが…1本
・小口ねぎ…2本
・すりごま…大さじ2
・冷たいだし汁…400ml

Step01.
具材を切る

F4f0ae7595f31baa92d1bab7faf292a86afad6e9

材料を揃えたら、まずは具材や薬味を切ります。

きゅうりとみょうがは薄切り、小ねぎは小口切りに。あじもおろしましょう。豆腐は水を切り、手で崩します。

Step02.
あじを焼く

5363cf9d993b663e1fac1ce83868e58c9f6554cc

あじをグリルで焼きましょう。焼き加減はいつもの焼き魚と同じでOK。

こんがりと焼けたら、身の部分だけをほぐします。あじは小さい骨でも固いものがあるので、骨の取り忘れには要注意。

ちなみに、あじは干物でもいいですし、かますなど他の好みの魚でも代用できます。

Step03.
あじとごま、味噌をあわせる

4ea5d0d27c691a105b1d5e4827e6cc33cd3cb493

冷汁を作るときに欠かせない調理器具があります。それが「すり鉢」と「すりこぎ」。

先ほどほぐしたあじの身とすりごま半量をすり鉢に入れます。

0be52df79e1c412413696b3ca18b4a66eb2f2a66

これらを、すりこぎでそぼろ状にしていきましょう。骨を見つけたら、都度取り除きます。あじとごまの香ばしい香りが食欲をそそります。

Step04.
味噌を焼く

0d4590f7f6823349032996bf77f56b87eae42a0e

先ほど混ぜ合わせた味噌をすり鉢の底、およそ5mmの厚さに伸ばしていきましょう。

13d23be0b6c371d1bb235253845f655ce59b12e6

そして、ここからが冷汁づくり最大のポイント。

味噌を伸ばしたすり鉢を逆さにして、コンロで中火で焼き目を付けていきます。このとき、空気が鉢の中に入るように注意してください。

743419530a4496e1aef9064b5b1b0ce48ccf1e4a

焼き目の目安はこれくらい。

ところどころに焦げができる程度でOKなので、やけどに気をつけながら時々様子を見て焼き目をつけていきましょう。味噌を焼いた香ばしい香りがキッチンに漂います。

Step05.
焼いた味噌をだし汁でとく

3b272b891e761a11163c6a3e8fcb91f3204ae3c6

味噌が焼けたら、鉢の中に冷たいだし汁を入れてといていきます。すりこぎで削ぎ落とすように味噌をはがしていきましょう。だし汁は一度にすべて加えず、少しずつ入れていきます。

この時もまだ鉢が熱いことがあるので、やけどに注意。すべてときおわれば、冷汁の味噌汁の完成です。

Step06.
盛り付けて完成

296371ef0bce5c28a05bca735ebd1f75b5842dd7

器に麦ご飯を盛って、豆腐、きゅうりを入れたら先ほどの味噌汁を注ぎます。最後にみょうが、小口ねぎ、残りのすりごまを散らせば完成。刻んだ大葉を入れてみたり、麦ご飯をそうめんやうどんに変えてもおいしくいただけます。

夏場の暑いとき「もう少しひんやりした冷汁が食べたい!」という人は、氷を入れるのもおすすめです。

お茶漬けのようにサラサラと食べられる冷汁は、宮崎の郷土料理として長い間親しまれています。南国の土地から生まれたこのメニューは、バテ気味な季節を乗り越えるためのアイデアがぎゅっと詰まった一品と言えるかもしれません。

ぜひ、お試しあれ。

Photo by 田代くるみ(Qurumu)
どんなに忙しい日でも、「おいしい」に妥協したくない人たちの冷蔵庫には、つくりおきのお惣菜がいくつもあるものです。すぐに食べられる常備菜をつくっておけば、何...
料理家・平山由香さんの著書『毎日のお味噌汁』より、普段のお味噌汁からは想像もつかないような変わった具材のひと椀を紹介します。意外な組み合わせはどれも斬新、...
サラダなどで目にする「カッペリーニ」という名の細いパスタ。トマトやバジルの冷製パスタで目にしたことがある方も多いかもしれません。ただ、どうしても冷製という...
数ある緑黄色野菜のなかでも、お味噌汁の具材のいちばん遠くにある。そんなイメージのピーマンですが…料理家・平山由香さんの手にかかれば立派に主役をつとめてしま...
すっかり定着した発酵食ブーム。意識せずとも毎日の食卓に取り入れることこそ、上手な発酵食とのつき合いかたでしょう。そこで「味噌」です。料理家・平山由香さんの...
その日の気分で自由な組み合わせを楽しむ料理家・平山由香さんのお味噌汁。今回の主役はアスパラガス。フレンチにもイタリアンにもスパニッシュにもベルギー料理にも...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
格安航空会社(LCC)の存在も後押ししてか、ひと昔前に比べると日本はギュッと小さくなりました。それに伴い、ここ数年で日本人の新しい暮らし方のひとつとして定...
最初に断っておくと、自分はフード専門ライターではないので、ハンバーガーに限らず世界一を決めるような舌は持ち合わせてない。けれど、いちバーガーマニアの意見と...
『毎日のお味噌汁』の中で紹介されている、料理家・平山由香さんのひと椀が、なぜこうも大胆で自由で、おおらかなのかを探っていくと、あるキーワードにたどり着きま...
きのこや野菜など、旬の味覚をお味噌汁を取り入れることで、季節の移ろいを感じることができます。具材の変化はもちろんですが、『毎日のお味噌汁』の著者・平山 由...
朝一番の漁を終え、仕掛けた網の片付けがひと段落したころ、あったかいお椀をすする。どこか港町の情景が見えてきそうなこのお味噌汁。明石のおいしいタコを使ったひ...
お椀のなかを見たとき、まずこれがお味噌汁なのだ、と理解するまでに少しばかりの時間が必要かもしれません。おいしい生麩を使って、大胆にプチトマトとアボカドを添...
本場イタリア人が見たら、驚嘆の「マンマ・ミーア!」が聞こえてきそうなこのパスタ。一度目にしたら忘れられない、ド派手なピンク色。間違いなくインパクト大!とこ...
真夏においしいこのひと椀。理由はどれも加熱不要の具材にあり、と平山さん。トマトやアボカドなどの洋野菜に白味噌、チーズ、オリーブオイルの組み合わせを、ご本人...
朝のお味噌汁づくりが楽しみのひとつになれば、お椀に向かって「おはよう」、こんなあいさつから一日がはじまるようになる。その日の気分で自由に組み合わせを楽しん...
冷製スープが美味しいこの季節。不動の人気ヴィシソワーズですが、フランス発祥と思い込んでいる人が意外と多いんですよね。このスープを開発したのはアメリカ在住の...
宮崎県小林市の移住促進PRムービー『ンダモシタン小林』(N'da-mo-shita'n KOBAYASHI)。あるフランス人男性の視点を通して、素晴らしく...
料理家・平山 由香さんが仕掛ける魔法のようなお味噌汁のレパートリーは、食材のジャンルを問いません。たとえばフルーツだって、立派なひと椀に。『毎日のお味噌汁...
人によって夏バテは意外に長く続くもの。連日の暑さで疲れた体に、スタミナ満点の食事もいいけれど、胃袋だってお疲れ気味。ならばと紹介したいのが、ヨーグルトを使...