ビール1杯飲むだけでも創造性が上がるらしい(研究結果)

アーネスト・ヘミングウェイ、F・スコット・フィッツジェラルド、さらには太宰治。彼らの共通点は、アルコール依存症だったとされている点。創造性のある小説家に、切っても切り離せないお酒。なぜ、クリエイティブな偉人たちに、アルコールが付いて回っていたのでしょう?

オーストリア・グラーツ大学の心理学の研究チームが、学術誌『Conciousness and Cognition』に発表した研究結果から、アルコールとクリエイティビティの関係性をご紹介。

最終結論、
お酒は創造力にいい悪い?

D3f7a5369851fd98e7a56fed72e5245e79576dd3

「アルコールは創造性を促進させるのか?」という問いの元、研究のため集められたのは70人の成人男女の被験者。2つのグループに別れ、1チームには約5%アルコールのビールを、そしてもう1つにはノンアルコールビールを飲んでもらいました。

アルコールを飲んでもらう量は、血中アルコール濃度が約0.03%ほどの状態。小さなワイングラス一杯程度、または男性の場合はビールをパイント(約500ml)より少なめの量、女性はパイントの半分程度を飲むとその状態になります。

そしてRAT(Remote Associates Test)というクリエイティビティ診断テストを行ったところ、適量のアルコール摂取したグループの方がRATの結果、創造的認知が上がったことが判明。ただし、ビールでアルコールの過剰摂取をした時には、テストの結果が落ち込むという逆転現象も。

この研究、70人という分母では一概には言えないのですが、アルコール摂取がネガティブに捉えられてたのが、今回の研究ではポジティブな結果となりました。

お酒とのほどよい向き合い方

04f039b196c7f2d1fa260ff434040ff33f26cb42

お酒を飲んで成功した話より、なぜか多い失敗談。この研究結果が、失敗を減らす一助になるかもしれませんが、ハイになって飲み過ぎてしまう境界線さえ、もうちょっと詳しく解明できれば、あらゆる場面に応用が効きそうですけどね。

考えてみれば、多くのアーティストや小説家など、クリエイティブな人たちがアルコールを手放さない理由も、何となく理解できるんじゃないでしょうか。小説家のみならず、ミュージシャンやアーティストにもアルコール依存症の人がいます。より良いアイディアを生み出すため、オリジナリティを高めるためにもアルコールに頼る、というのはある種必然なのかも。

飲む加減をコントロールできなかったりで、残念な結果になったりしますが、中には立ち直った人もいます。結局のところ、アルコールとの付き合い方が問われるのでしょう。

新しい作品のインスピレーションが欲しいのなら、ビール一杯引っ掛けるのもいかがか?でもほどほどに。

通勤時に立ち寄るコンビニで、いつも購入している紅茶やジュース。これからは「水」に変えたほうがいいかもしれません。「Mic」に掲載された記事によると、水を飲...
2日酔い防止のために、いろいろな方法を模索している人、きっと多いですよね?でも、どうやら全部無駄だったのかもしれませんよ。残念…。アメリカ科学振興協会(A...
愛想づかしも金からおきる──、なんてことわざもあるように人の縁に金銭問題が少なからず影響を及ぼすことは言うに及ばず。では、「お酒」はどうでしょう?こと恋愛...
働く場所に縛られない「リモートワーク」は、企業側の心配をよそに、とても効率的だという研究結果があるそうです。「mental floss」の記事によれば、社...
イギリスの大学が長く寝た方がウエストのサイズが細くなるという研究結果を発表しました。これまでも睡眠の重要性は語られてきたことですが、さらに注目したいところです。
磁場に入ると「悦び」を感じるーー。そんな実験結果が「Nature」誌に掲載され話題になっています。実験を行なったのは、バージニア大学の研究チーム。磁力を使...
最近、アメリカのメディアを中心にカルチャー化しつつある、「カジュアルセックス」という表現。“一夜限りの関係”とも"愛のないセックス”といった、負のイメージ...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
目標を達成しようとするときに、内容を周囲に公表する人もいれば、自身の心の中だけにとどめておく人もいます。これは性格やスタンスの違いですが、ある研究によると...
がん予防として、効果が期待されるもののひとつに「セックスをする」が加わるかもしれない?これは男性に限った話のようですが、ハーバード大学が研究結果を発表。頻...
「相手に友だちだと思われていなかっただなんて、誰も聞きたくないでしょうね」。とは、研究論文の著者であり、MITでコンピューター・ソーシャル・サイエンスに携...
もっとも人間に近い猿と言われるボノボ。パッと見てチンパンジーと見分けがつかないのですが、大きく異なるところがあるよう。彼らは繁殖目的だけではなく、食べ物の...
これは、豪・モナシュ大学が肝臓疾患のある1,100人の患者を対象に調査した結果だそう。オーストラリアのラジオ番組「3AW Breakfast」では、こんな...
母親がやさしく語りかける声が、子どもの脳の発達に大きく貢献している。こんな研究結果がアメリカで発表されました。「CNN」や「TIME」、「Daily Ma...
まだ相手のことがよく分かっていない、初デート。とくに向かい合って座る「食事」の時間はドキドキしますよね。好きなものはなんだろう?口の周りが汚れないものがい...
「夜の営みを朝にする」。ちょっと背徳感すらある、モーニングセックス(あえて、こうよびましょう)が、まさかの「コーヒーよりも目覚めにいい」という研究結果が出...
思春期の頃に狭く深い友だち付き合いをしていた人は、大人になってから、自尊心が高く、鬱のレベルが低かったそう。この結果には「社交スキル」が影響しているようです。
バースデーケーキのロウソクを消す「ふぅ〜っ」だって、少なからず撒き散らしているのでは?米・クレムゾン大学の食品安全研究チームは、それが本気で気になってしま...
「1日にたった10分でも豊満なおっぱいを見ることで、30分間エアロビクスを行ったことと同じ効果が期待できます」そんなコメントが、スコットランドのタブロイド...
男性の人たちに、こっそりとご紹介したい記事があります。それは、ビールを飲むことで夜の営みが何倍も楽しくなるというもの。ライターのChristine Sch...