大っ嫌いな「自分のカラダ」が、ちょっと愛おしくなるイラスト

自分のカラダに100%満足している女性なんていないと思います。他の人にとっては気にならなくても、周りと比べて劣等感を抱いてしまうことも。

イラストレーターのAntonio Páramoは、男性でありながら女性たちのコンプレックスを描いて共有するPROJECT BOOBS」を立ち上げました。自分が欠点に思う部分を彼にドローイングしてもらうことで、多くの女性が勇気付けられたのです。

コンプレックスを共有する女性たち

大きなお尻と、デコボコの肉割れ線。

女だって毛深くて悩むことも。

重く垂れ下がった大きな胸。

左右の胸の大きさが違うから、ぴったり合うブラジャーがない。

普通の人よりも離れたおっぱい。

ジーンズを履くと、いつもパツパツになってしまう。

下半身だけずっしり。

小さな胸と、たくさんのホクロ。

不自然に目立つカラダの斑点。

お尻にある2つのホクロ。自分にとっては大きな悩み。

はっきりとした妊娠線。

お気に入りの下着からは、お尻のお肉がはみでる。

僕が、いろんなカラダの悩みをもつモデルを描くのは、女性たちがいつもと違う視点でコンプレックスと向き合えるようにしたいから。欠点と感じるところも自分の一部だし、誇りに思うことが大事。

 

それと、男性たちにも伝えたいことがある。女性たちのカラダを性的対象として見るだけではなく、一人ひとりに敬意をもってほしい。

Antonio自身も太っていることを悩み苦しんでいた時期があったそう。気持ちがわかるからこそ、力になりたいと言っています。彼の元には、多くの女性から「自分のカラダを前よりも好きになれた」という声が集まっているようです。

誰かに見られないように隠すのではなく、少しずつでも自信をもつことが大切なのかもしれませんね。

Licensed material used with permission by Antonio Páramo
2015年以来、女性の美の基準が変わり始めている。その代表例が「プラスサイズ」。すべての女性の体型を公平に扱おうという動きは、欧米のアパレル業界やメディア...
愛は美しい、というイメージがありますが、本当にそうなのでしょうか?得るのは困難なのに、失うのは簡単。人を狂わせ、時には死へ追いやることすらあります。ここで...
一見、単純に見える世界も、人の心も、可能性も、別の何処かへと続く奥行きみたいなものがあって、一筋縄ではいきません。イタリア人アーティストAndrea Uc...
親に「目が悪くなるよ」と言われながらも、布団のなかで夢中になって本を読んだ子どもの頃。あとちょっと、と思いながらも止まらなくなって、結局朝を迎えてしまった...
世の中には自分の体型を気にする女性がたくさんいます。ブロガーであるJamie JeTaimeは、世の中的には「デブ」と言われる体型。だけど、彼女のポジティ...
英ブリストル在住のイラストレーターPhilippa Riceさん。彼女のポップでかわいいイラスト「SOPPY」のモチーフは、彼女と実際の彼との生活を描いた...
同じコトをして、同じセリフを言っていたとしても、シチュエーション次第で意味するものは変わってくる。女性のみなさん、甘い言葉にはお気をつけあそばせ。欲望:「...
「The New York Times」「Time」などなど、これまでに数々の媒体でイラストを描いてきたクリストフ・ニーマン氏。ポップで知的な作品が人々に...
ここで紹介するのは、あの人気家具店がシンガポールで打ち出したイラスト広告。「愛はフクザツ。IKEAはシンプル」というコピーとともに、左右を対比したアイデア...
男の人には決してみせない女性の本当の姿があえて描かれているイラスト。女性だったら思わず共感してしまう要素がたくさん。ただ、男性はあまりショックを受けないで...
毎日のように繰り返すドジな自分を、恥ずかしく思ったり、情けなく思ったりする人にオススメする「The School of Life」の動画。おっちょこちょい...
こちらのリアルな氷山。一見すると、写真で切り取られたもののように見えますが、イラストなんです。それだけでもビックリなのですが、実はさらなる驚きが…Imag...
毎日、体重を気にして食事制限をしたり、キレイになるためにお化粧を頑張ったりするなんて、考えただけでもうんざりする。とは言え、しなきゃしないで周りの人にどう...
日本のお母さんたちは、お弁当のごはんの上に海苔でメッセージを書きますが、アメリカのお母さんたちはランチボックスに添えるナプキンに子供へのメッセージを書くよ...
「あなたにとって、完璧な体型ってなんですか?」イギリスの下着ブランドBluebellaが男女にこの質問を聞いたところ、両者の間で理想としている姿が違うこと...
急激な体型の変化により皮膚が伸ばされることで、肌の表面にできてしまう「ストレッチマーク」。個人差はありますが、お腹や太もも、おしりなどに、ひび割れのような...
学校に持っていくお弁当には、両親の愛情がこもっているものです。ロンドン在住のイラストレーター、Rob Biddulphさんは、末娘のPoppyが保育園から...
愛想はないけど、甘え上手。気分屋だけど、憎めない存在…。ペットとして絶大な人気を誇るネコですが、一口にネコといっても様々なタイプがいます。イラストレーター...
「WittyFeed」のFacebookで興味深いイラストが紹介されていました。それは、成功する人としない人の、行動や習慣の違いをシンプルに表したもの。画...
胸がギュッと締め付けられるほど切なかったり、燃えるように熱い気持ちになったり。自分でもびっくりするくらい、思いにあふれてしまうのが本気の恋愛だと思う。様々...