あなたが気付いていない「健康的な恋愛」のサイン

おのろけと言ってしまえばそれまで。だけど、ライターAnjali Sareen Nowakowskiが書き上げたこのチェックリストは、ふたりの相性をはかるうえで、重要なファクターが詰まっているように思えます。「Elite Daily」でも人気の記事をどうぞ。

01.
一緒にいるだけで
笑顔が止まらない

5d30cff6cce3a3cb999fae4183c04f184e446c68

一緒にいるときいつも笑顔なのは、いいサイン。

私と旦那は「大人である」ことを意識するのがあまり好きじゃないんです。結婚とは、家事や予算管理を中心にせず、大好きな親友と楽しい時間を過ごすという感覚を大事にしたほうが健康的だと感じています。だから何をしていても、とにかく「笑顔」を大事に。

こんな具合にポジティブな姿勢に身に覚えがあるのなら、きっとあなたもいい関係を育んでいるはず。

02.
離れている時間も
大切にできる

離れていても「大丈夫」と思えるのは、最強。

カップルだからといって、常に一緒にいる必要なんてありません。むしろ、「一緒にいないといけない」なんて思ってしまうのは、危険サイン。離れている時間があってこそ、より健康でハッピーな関係が築けるものです。

お互いにちがう友だちと時間を過ごしているときも安心できる関係でないと、健康的な関係とは呼べませんよ。

03.
ふたりだけのルールで
愛をはかれる

Ef11f3f24fcb77ad363aab5b8ca8908911f7624e

周りの結婚に対する「当たり前」に流されず、ふたりだけの「スタンダード」を導けるのがベスト。私と旦那は周りの意見を押し付けられるのが嫌いなので、まさにこのふたりのなかでの「当たり前」を作り出してきました。

結婚では、「やるべきこと」「やらないこと」「やらないといけないこと」の3つに決まりがあると思われがちですが、ふたり以外の誰かのルールを自分の関係に押し付けても仕方がありません。ハッピーなカップルは、周りのカップルの基準を基にふたりの幸福度を測ったりせず、自分のルールに従っているはず。

04.
うまくいっている
「カップル友達」がいる

もちろんシングルの友だちもいるでしょう。でもほかのうまくいっている「カップル友」がいてこそ、ふたりの関係が好調であることを暗示します。何といってもお互いのために努力するカップルを周りにおいておくと、「自分も関係に力を尽くさないと」という気づきが生まれるもの。

私と旦那は、カップル友だちをこよなく愛していますし、関係に真剣に向き合えるカップルが周りにいることに幸せを感じています。周りにいい関係を築けているカップルがいることは、ふたりの関係の良さを物語っていると思っていいでしょう。

05.
一緒に運動している

0508e178a4a82e570a36caa5479a0b3ed0048dbd

ジムに一緒にいかないほうがいいカップルも、なかにはいるかもしれません。でも一緒に運動するのが大好きなのは、健康印。

ワークアウトすると心は落ち着くものの、誰かと一緒にやるとなるとストレスも生じるものです。でも、お互いが「健康に気を配る程度」で運動したいのなら、一緒にワークアウトするのは最高のデートになりますよ。

06.
お互いが刺激し合える関係

応援しあうことができ、かつ刺激し合えるのなら、もうそれ以上求めるものはないのかも。

彼、彼女のためにもっと自分を磨いていきたい、と思えるのはとてもいいサイン。「パートナーのために変わらないといけない」ではなく、パートナーのために成長していきたいと思えるかどうかです。

07.
意見が食い違っても
反論することができる

79eb2c9e7820258846906a8cb2e57feee8bfbf1a

「意見のぶつかり合いが『健康的』なわけがない!」なんて思うかもしれません。

でも、相手と異なる意見を口にできることは、「そんなことで相手はどこにもいかないだろう」と相手に絶対的な信頼を置いている現れです。二人ともちがう人間なので、相違なんて生まれて当たり前。意見に不一致が生まれたときに、関係を崩さずにいられるかどうかが勝負です。

08.
日頃から「感謝」を口にできる

私はどんなときでも旦那に「ありがとう」と伝えるのが好き。

他人が「してくれて当たり前のこと」なんてないと思っています。だから相手が優しいことをしてくれたら、いつだって感謝するべきだと思うのです。感謝ができているだけで、関係は円滑に進んでくれるものだから。あなたはパートナーにちゃんと感謝できていますか?

09.
「弱い自分」も見せることができる

De112ca43c9dc24ede6aee1d4d6def965eb074af

弱点を全部見せても変わらず愛してくれるの…?なんて頭を傾げているかもしれません。

自分の弱さを見せることは、人を不安にさせるもの。だからこそそれができているのは、強い絆で結ばれている現れなのです。相手と異なる意見を口にできるのと同じように、弱点を見せられることは相手に信頼を置いていることを示します。それは、ありのままを受け入れられている証拠。

10.
なんでも話し合える

これは健康な関係を育む上ではぜったいに欠かせない点。

よく周りから、「ふたり、話しすぎじゃない?」なんてからかわれるんです。もはや「私たち話しすぎじゃない?」なんて自分たちのことをからかっています。おかしな話かもしれませんが、だからこそいい関係が築けている気がするんです。

あなたはパートナーとなにごともオープンに、正直に話せていますか?信頼関係を築き、ふたりの絆を深めるためには、とにかくいろんなことについて話し合うのが大切です。それができていれば、それは素敵なカップルである証拠。

大親友と付き合えることは、この世で一番楽しいことかもしれません。これらを普通にできているなら、きっと関係を長続きさせることも難なく、では?

Licensed material used with permission by Elite Daily
遠距離恋愛になれば、相手の近くにいられた今までと違い、簡単に連絡を取ることができないため、不安な方もいらっしゃるかもしれません。メール頻度はどのくらいがい...
うまくいかなそうとか、距離には勝てない等、ネガティブなイメージの遠距離恋愛。ですが、実は遠距離中の恋人同士は、いつでも会えるカップルに比べて、心のつながり...
遠距離恋愛で悩んでいる人、いませんか?距離が邪魔すると心が見えない気がして、不安がつのりますよね。遠距離恋愛をうまく続けるコツは、互いを思い合う気持ちと、...
彼氏/彼女がいる人にぜひチェックして欲しい恋愛診断の記事が「Higher Perspective」に掲載されていました。5つのシンプルな項目で、彼との恋愛...
恋愛は単なる気まぐれの感情ではありません。見知らぬ二人が出会い、一つの関係を共に築いていく。それは、簡単にできることではなく、愛に関する本質的な理解のある...
あなたはレズが男性を愛することは、不思議だと思いますか?愛とは形式ばったものではなく、様々な形を持つものだと話すのは、その毒舌で正直な書き口調が好評な「E...
謎めいていて、なかなか本音が読みづらい彼女は「勝ち組女子」。「Elite Daily」のMargaret Makrouhiさんは、この世には必ず恋に勝つ女...
遠距離恋愛は、長続きしないと思っていませんか?でもじつは、隠されたメリットも多いのです。「Elite Daily」のライター、Anaiesさんが自らの経験...
誰かを好きになって、その人と共に生きていくことは、幸せながらもとても難しいものです。恋愛はいくつになってもわからないことばかりだからこそ、いつも新しい発見...
自信、カリスマ性、そして圧倒的な魅力でもって、完璧な第一印象を残すのがナルシスト。ライターBrenda Della Casa氏の主張です。彼らに操られると...
本当は離れたくないのに、仕事や家庭の事情で遠距離恋愛を余儀なくされている人は少なくありません。会いたいときに会えないうえ、ほかの人へ心変わりされてしまうか...
「遠距離恋愛」と聞くと、なかなかうまくいかないというイメージがあるかもしれません。でも「Elite Daily」の女性ライターMichelle Dang ...
なんとなく感じてしまう男性の浮気の影。何をチェックすれば浮気がわかるのでしょうか?遠距離恋愛の彼氏に浮気はつきものです。次の10項目に複数当てはまれば浮気...
恋愛アドバイザーのKyle Cが、迷える子羊たちに喝!本当の愛ってなんなの?なんで見つからないの?一体どこにあるのよー!と恋の深みでもがいている人はもちろ...
お互いに、簡単に会うことが叶わない国際遠距離恋愛を続けるには、かなりの覚悟と、無理をしない程度の努力が必要です。国際遠距離恋愛にありがちな悩みを上手に克服...
EmilyとKevinのカップルは、付き合って5年。それだけ一緒にいれば、きっと言葉にしていない本音もいろいろあるでしょう。ということで、お互いの心の内を...
近年では「文系男子」「理系男子」それぞれへの恋愛攻略法をまとめた書籍が多くでています。それだけ、文系か理系かで恋愛傾向が違っているからでしょう。今回は文系...
「Mayo Clinic Proceedings」が発表した報告によると、健康的な生活を送っているアメリカ人は、3%にも満たないのだとか。実際、新年に立て...
これら15枚のイラストは、Viola Wangさんが描いた遠距離恋愛中のカップルの日常。一連の流れが、「切ないながらもキュンキュンする」と話題になっていま...
誰かを好きになる時、「その人のことが本当に好き」と自分を説得するようなことは誰もしません。もっと直感的であり、自分の感覚に疑いを持ちたくない、こう思うはず...