『海の見える駅』とっておきの5選。東日本編

WEBサイト『海の見える駅』制作者で、これまで全国各地300駅近くの「海の見える駅」を訪れてきた村松 拓さん(インタビューはこちら)。

その村松さんに、とっておきの『海の見える駅』を5つ選んでもらいました! 村松さんご本人のおすすめコメントとともにどうぞ。

まずは【東日本編】から。

01.北浜駅
(北海道/JR釧網本線)

4cf293d92aa3201f84cf3d01a9269be8ad77f2340796d9a5b68e56398a0b6f2a507b1e8eff66c906

北浜駅は、日本でも非常に珍しい流氷の見える駅です。

流氷といえば砕氷船のイメージが強いかもしれませんが、北浜駅は、列車で流氷に出会えるスポット。ホームの目と鼻の先がオホーツク海で、毎年冬の終わりごろ、運がよければ流氷が間近に迫ります。私の知る限り、流氷の見える駅は日本でもここ北浜駅と、隣の鱒浦駅だけ。

北浜駅には小さな展望台があるほか、無人駅ながら木造駅舎にレトロな喫茶店も併設されています。海を見ながら心身ともに温まることができるのも、おすすめしたいポイントです。

02.驫木駅
(青森県/JR五能線)

4ceb4beda195f5d970bc50dc9e97642bf8c4315aE63d2b1d56f10955418fefa753aa481d1e22cba1

驫木駅(とどろきえき)は、東日本で最もフォトジェニックな駅のひとつだと思います。

東京から最速でも6時間、列車も1日にたった5往復という、まさに本州の最果てといっても過言ではない立地。ただ、一面の日本海を背景に、年季の入った木造駅舎だけがぽつりと立たずむさまは、他の駅では見ることができません。

海が西の方角にあり、秋の真っ赤な夕日が正面に沈むのを目の当たりにしたときは、本当に訪れてよかったと確信しました。

ちなみに、驫木駅のあるJR五能線は、日本海の険しい海岸線にへばりつくように走るため、乗っているだけでも海を存分に楽しめますよ。

03. 日立駅
(茨城県/JR常磐線)

2266ec12e0eebc92a75a2519d1ec8dcbb7cb7ead

日立駅は、建築としても美しい、美術館のような駅です。

2011年に完成した一面ガラス張りの駅舎に上がれば、太平洋の水平線が眼下に広がります。いつ見ても美しいですが、個人的なお気に入りは日の出の瞬間。ちなみに、日立という地名は、水戸黄門こと徳川光圀公が「朝日の立ち上る様は領内随一」と言ったことが由来だという説も。

地元のオーナーが運営するおしゃれなカフェも併設されていて、カフェ巡りが好きな方にもおすすめです。

04. 根府川駅
(神奈川県/JR東海道本線)

7e8af42dbfcf42984ed04c2868e50b72b2d470b0

根府川駅は、都心から気軽に訪れることができ、絶景を楽しめる駅です。東京駅から東海道本線に飛び乗って、わずか1時間半ほど揺られるだけで、相模湾の大パノラマに出会えます。

東海道本線ではほぼ唯一の無人駅とあって、落ち着きがあり、本当にここは神奈川県か?と思ってしまうほど静かなのも特徴です。

冬にはホームの正面に日が昇ることから、初日の出スポットとしても有名なほか、4月に駅前の一本桜が咲き誇るなど、たびたび足を運びたくなる魅力があります。

05. 青海川駅
(新潟県/JR信越本線)

C2458c5cc1d140c44f7bdf01db2dcedca5693fc1

青海川駅は、日本海にもっとも近い駅です。

ホームのすぐ隣が日本海に面した海水浴場なのですが、荒波が飛沫となって今にも届きそうほど、海に近い駅です。少し歩けば浜にも降りられるので、澄んだ海水に触れながら次の列車を待つこともできます。

また、駅の上にかかる米山大橋の袂まで登ると、駅と日本海を同時に見下ろせる、絶景スポットも。2015年からは、地酒をコンセプトにした観光列車「越乃Shu*Kura」も停まり、より気軽に訪れることができるようになりました。

次回は【西日本編】をお届けします!

Licensed material used with permission by 村松 拓
WEBサイト『海の見える駅』制作者で、これまで全国各地300駅近くの「海の見える駅」を訪れてきた村松 拓さん(インタビューはこちら)。前回は、村松さんおす...
『海の見える駅』というWEBサイトをご存知だろうか。全国各地、厳選された『海の見える駅』を掲載しているこのWEBサイト。運営しているのは、村松 拓さんとい...
海に近い駅といえば、かつて「青春18きっぷ」のポスターにもなった愛媛県下灘駅が有名。しかし、それよりも海に近い駅が神奈川県にありました!電車を降りると目の...
静岡県にある、知る人ぞ知る“秘境駅”が大きな話題になっています。なるほど、確かに写真を見ればそれも納得。この幻想的な光景、なんだか『世界の車窓から』に出て...
青い空と、エメラルドグリーンの海。最高に決まってる。それだけで「今年の夏も、いい思い出ができたな」なんて思ってしまいます。もちろん、海外旅行で特別な時間を...
音楽で会話するってこういうことなのかもしれませんね。パリの駅には誰でも自由に触れるピアノがあります。画像の二人は偶然行き会ったピアニスト。「ViralHo...
一体、どれだけの受験生がこのメッセージに励まされたのでしょうか。ここで紹介するのは、福島県の郡山駅で2016年1月15日(金)に撮影された「ある黒板」の写...
どこかへ旅行に行くと、朝食はホテルで食べる人が多いはず。でも、星野リゾート リゾナーレ小浜島が企画した「人生初漂流 絶景Sunrise Breakfast...
写真は、アドリア海に面したクロアチアの古都ザダル。海に突き出した恰好の旧市街は、古代ローマ遺跡が点在する、情緒ある観光地として有名だ。その市街地を抜けた先...
地上に存在する「美しい場所」を求めて撮影の旅を続けるのは、フランス人フォトグラファーArnold Longequeue。最新シリーズ『The Quite ...
フィリピン、マレーシア、インドネシア周辺の海域に定着し生活をしており、住居は海の上。そんなバジャウ族には国籍がないと言われています。水上生活が主なため、陸...
ブラジルと聞いてイメージするのはサンバやビーチ。けれども6年間、駅で写真を撮り続けたフォトグラファーのレンズを通して見るのは、愛や悲しみや喪失感が渦巻くリ...
海を愛する二人のヨットマン。いくら拾い集めてもキリがないビニール袋やベットボトルといった浮遊ゴミを片付ける目的で、海にゴミ箱を設置しました。場所はヨットが...
「Nowhere resort」は、Nowhere(世界中のどこにもないけれど)、Now-here(今、ここにある)をコンセプトにした、日常から一番近いリ...
世界最大のサンゴ礁地帯グレート・バリア・リーフは、その昔、日本列島がすっぽり入ってしまうほどの面積があったそう。栄養豊富な水質の良い海には、多くの魚が暮ら...
NASAのScientific Visualization Studioが、海に浮かぶゴミの量やその流れを追い、科学的に可視化した動画を紹介しています。こ...
限りなく続く水平線。果てしなく大きい、万物の生命の源・海。海は、夢占いの世界では豊かな生命力、母性の象徴であり、女性、母親、無意識の世界(潜在意識)を表し...
現在、死海のまわりには、死海の塩やミネラルを利用したプロダクトを製造する工場が乱立。その結果、海水面が低くなっていき、シンクホールができるようになってしま...
新国立競技場の整備計画が、ついに決定しました。デザインは建築家の隈研吾(くまけんご)氏。日本の伝統美を現代のライフスタイルに再構築する作風で、洋の東西を問...
2016年6月19日に公開された、1本の動画。場所は北極海のど真ん中。そこに用意されたピアノで演奏しているのは、世界的に有名な作曲家ルドヴィコ・エイナウデ...