「くだらない時間」を楽しめることが、長く続くカップルの秘訣

長年付き合っていると、言葉にしなくても相手の気持ちがなんとなくわかってしまうもの。良いことも悪いことも全部。どんなカップルでも、“ふたりの空気感”があるんだけど、一緒にいる時間が長いほど、漫才のような心地よい「あうんの呼吸」になる気がする。

漫画家のSarah Graleyが描くのは、交際歴6年の彼氏Stefとの日常決してステキな日々ばかりではないけれど、何気ない2人のやりとりが妙に愛おしい。

いくら好きでも暑さには

「暑くて手をつなぎたくないわ…」

「だから、代わりに小指でつなぎましょ!」

「……」

「これでも、暑い!!」

ちょっとしたイタズラ心

Stef:「プーー!」(オナラの音)

Sarah: 「今のナニ!?」

Stef:「ああ!」

Stef:「ゴーストだよ~!」

Stef:「くさーいくさーいゴーストさ…」

ウマいこと言う!

Sarah:「日焼けしちゃった。頭皮がどんな感じになってるか見てくれない?」

Stef:「うわぁ、まるで雪が降ってるみたいだ!」

Stef:「これは、よくないね」

Sarah:「あらら!」

ナゾの意地

Sarah:「このお店のパンケーキ、もの凄く大きいんだって。だから、シェアして食べない?」

Stef:「イヤだね!」

Stef:「僕から絶対にパンケーキを奪うんじゃないぞ!」

Sarah:「わかった」

Stef:「おぉ、ちょっと待って。さすがに大きいな…」

Stef:「うえぇぇぇ…」

キュンとくる瞬間

「フードをかぶって寝るね」

「おやすみ〜!」

「これじゃあ、息ができないわ!」

そう思うのは私だけ

「この写真のあなた本当にカワイイ!」

「ムム~!」

「やっぱり、どの写真もカワイイわ!」

「あなたって、最高にカワイイのね!!」

どうしてもムリな時

Stef:「今日は何する?」

Sarah:「うーん、そうねぇ…」

Sarah:「殺人ミュージアムなんてどう?」

Stef:「何それ?」

Sarah「犯罪や連続殺人犯に関するものが展示されている美術館よ」

Stef:「うーーーーーーーーーん」

Stef:「もうちょっと楽しそうな所はどうかな?そうだな〜ディズニーランドとか?」

愛よりも欲しいもの

「えーん」

「あら!」

「あなたと手をつなぎたかったワケじゃないの…」

「お菓子が欲しかっただけ!」

当たり前のこと

Stef:「将来、豪邸に住んだら、空港で食べたハンバーガーの写真をたくさん撮影して、そして居間に飾っておこうよ!」

Sarar:「豪邸なんて住みたくないわ。なんか気味が悪いもん」

Stef:「ひぃ!!」

Sarah:「私が豪邸に住みたくないって知っても、あなたの愛が変わらないことを願うわ」

Stef:「もちろん、愛してるとも」

6年間の思い出をマンガに

愛しいStefとの歴史をマンガにしたSarah。長い間、お互いが愛情いっぱいに接してきたから、今では息もぴったりなんだそう。彼女に彼氏との最高の思い出を聞いたところ、「どれが最高か一つだけ選ぶことなんてできない」と答えてくれた。

ケンカをすることもあるけれど、なんだかんだとマンガを読んだ人なら2人のキズナの強さがわかったはず。これからも新たな思い出が綴られていくと思うと、ちょっと羨ましい!

Licensed material used with permission by Sarah Graley, (Instagram)
大事に想うパートナーがいるなら、関係を長続きさせたいと思うのは当然のこと。愛おしい恋人と今後も仲良くしていきたい方に参考にしてもらいたいのは、人気の恋愛ラ...
これら15枚のイラストは、Viola Wangさんが描いた遠距離恋愛中のカップルの日常。一連の流れが、「切ないながらもキュンキュンする」と話題になっていま...
うまくいかなそうとか、距離には勝てない等、ネガティブなイメージの遠距離恋愛。ですが、実は遠距離中の恋人同士は、いつでも会えるカップルに比べて、心のつながり...
大好きな相手だからこそ、何年付き合っていようと、ちゃんと愛情表現はしてあげたいものですよね。伝える言葉は同じでも、交際期間によって意味合いが大きく変わって...
2015年6月、アメリカ全州で同性婚が認められたことは大きな話題になりましたが、そこに至るまでは長く険しい道のりがありました。1月30日に公開された『ジェ...
幸せなカップルは、朝から幸せな習慣を一緒に身につけています。同じ時間に目を覚ましたり、心から「おはよう」と言い、モーニングコーヒーを共にし、そしていってら...
一緒にいるのが楽しくて付き合い始めた、ふたり。なのに、だんだん相手のことを嫌いになっていくのはなぜだろう?もしかしたら、あなたは勘違いしているのかもしれま...
遠距離恋愛になれば、相手の近くにいられた今までと違い、簡単に連絡を取ることができないため、不安な方もいらっしゃるかもしれません。メール頻度はどのくらいがい...
結婚したら恋愛は終わり?いつまでも関係が冷めずに恋人同士のような夫婦になる秘訣を「Power of Positivity」が紹介しています。大切なことはた...
長い間会えない状況が続く遠距離恋愛。デートにも行けない中で恋愛関係を続けていくにはどうしたら良いのか、お悩みの方もいるのでは。多くの人が悩むポイントは、「...
あなたは運命を信じますか?この地球のどこかに、運命の相手がいると信じさせてくれるのは、9歳にして運命の相手を見つけてしまった究極のカップル、トーマスさんと...
動画に登場するのは、空港で彼氏を待つエリカさんの姿。ここで紹介するカップルは、SNSを通じて事前にお互いを知っていましたが、会うのはこれが初めて。恋人のア...
お互いに、簡単に会うことが叶わない国際遠距離恋愛を続けるには、かなりの覚悟と、無理をしない程度の努力が必要です。国際遠距離恋愛にありがちな悩みを上手に克服...
ポーランド、ワルシャワ在住のアーティストMarta Turowska氏がつくる可愛らしい陶器が人気を呼んでいます。すべてハンドメイドの1点ものギフトにもぴ...
恋人と長続きするために必要なのは「相性」と「寛容さ」です。基本的にそのポイントさえ抑えていれば、小さなトラブルでつまずくことは、まずないでしょう。「You...
「県外で行われた友達の結婚式で意気投合」「SNSで知り合って」など、出会いかたもいろいろあるもの。なかには最初の恋愛が遠距離だったという人もいるでしょう。...
「夫婦は、生活を共にするもの?」「Your Tango」に寄稿された遠距離婚の経験者、作家でブロガーのビクトリア・フェデンさんのコラムによれば、離れている...
先日パートナーと同性婚をした私は、ゲイ業界でここ10年ほど、台湾ブームが来ていたことを肌で感じていた。理由は安直なところで「日本人は台湾人にモテる」という...
「そしてふたりは、いつまでも幸せに暮らしました」と結ばれる、おとぎ話。そんな風に幸せになりたい、とは思っていても、実現するのはそう簡単ではありませんよね。...
街コンやマッチングアプリ、SNS。異性と出会う方法は昔と比べて随分と「お手軽」になってきました。にも関わらず、恋愛から遠のいている男女が増えている、と主張...