関西からならもっと近い!東京から5時間半かけて「極上の散歩」をしに行った

羽田空港を発ったのは定刻11時50分。

現地空港についたのは13時。乗り換えの間に駅で簡単な昼食と散歩を済ませ、たった1両の電車に乗って目的地に着いたのは、17時23分だった。

高知県安芸郡東洋町。この町に流れる川沿いを歩く野根川リバーウォークに参加するために、東京から来た。そう、片道5時間半かけて。

南四国に流れる
“最後の清流”を歩く

74422b570e1f684966dc79fddfafe4d4c997e884

8月下旬のからりと晴れた朝。東洋町の「海の駅」にリバーウォークガイドさんと待ち合わせ、40分ほど専用バスで山間の道を辿りながら到着したのは、ちょうど高知県と徳島県の県境となる川の上流地点だった。

今回の舞台となる「野根川」をほとんどの人は知らないと思うが、サーフィンのメッカ・生見海岸に隣接する中規模の川。“最後の清流”と呼ばれるほど水質が良く、ダムを持たない川としてとても希少な存在でもあるそうだ。

88080ecf757aafeb0e4287032e5cd0dcd29ec331

重なり合っている巨岩は「牛ヶ石馬ヶ石」と呼ばれている。高知県と徳島県の県境を決めたとされる昔話に登場する。

リバーウォークと言っても、ライフジャケットを着て川の中を歩くものではない。歩くのは、川沿いの穏やかに舗装された道。

6ecfde3c19a9a13eb3eb678332d91083072f5755

水の中を歩くレジャー感あふれる体験を想像していた私は「おっ、散歩…?」と拍子抜けしたのは事実。だがこの『野根川リバーウォーク』は、想像を越えた「最高の散歩道」だった。

“清流”とは、このことか

B50f7adab9ba89747e7711d0be0650098dbc3613

全長約13kmのコースには、全部で14の見どころがガイドされている。だけど番号も名称も与えられなくたって目を奪われるのは、その水の圧倒的な透明感。見下ろした川底に転がる石や、群れ泳ぐ魚が、肉眼でもよく見える。そしてなんといっても、青い。

015780bb94c3f0041039effd875c658adc0f62c1

やっぱり、青い。透き通っている。夏の空を映した水底の青が、とにかく美しいのだ。すると、同行してくれるガイドさんがこんなことを教えてくれた。

「野根川の水の青さが美しいのは、木々の緑や、苔むした石垣の緑の力もあると思うんだよね」と。

18d8ea96b0d17eaae67bded0db4dec04d6763a1f5979e3ea72ad0307753b1443165338264c1d03ab

そう言われて見てみると、確かに水の流れが穏やかなところには、石垣に苔がむしている。そして、私たちの歩く道にも。

さっきまであんなにジリジリと暑かったのに、苔むした木陰を歩いている間は、まるで避暑地のようだった。都会では感じることができない風が、蒸した木綿のシャツの間を通り抜けていく。湧き水が流れるくぼみから吹く風には「これが風の通り道か!」と、ドキドキした。日向でも、心なしか日差しがゆるやかな気がするほどで、嘘のようだけど、カラダが喜んでいる!という感覚が確かにあった。

見たことない!上流ならではの
ダイナミックな川の姿

「わっ!これは!」

と思わず声を上げたのは、この「U字谷」の絶景だ。山って、川って、こんなに奥行きのある景色だったのかと、目が覚めるような思いだった。このパノラマをみてほしい。

82317992639790e70c5071daa8da9532705fe6e8

リバーウォークをスタートさせるにあたり、このスポットのように無造作に立ち込めている雑木は整備しているそう。急に開けた視界に、きっとあなたも驚くと思う。

ゴツゴツした驚くほど大きな石、ダイナミックに蛇行する川……山奥の上流ならではの景色は、ここまで時間をかけて足を運んで良かったと、心から納得できた瞬間でもあった。

05ab69a8fa199b9e0b4eba0cb97bcfd4abcd4825265464395200f29644ef65fb8c8e376d3fef25f6

上流ほど巨石が多く、下流に行くほど小さく粒が揃ってくる。

81d683ef3863c9e8ab8966fb56b790c4eb5f62ba

いたる所で目にする、すずなりの葉が可愛らしい植物はマメヅタという名前らしい。ガイドさんは色々なことを教えてくれる。

野根川の鮎を
もう一度、日本一に

1371d937e417c8d2115bdc9ba9c592498cab6e1c

昼食では、野根川の鮎のバーベキューがオプションで楽しめる。

2時間ほどかけて4.5kmの道のりを歩くと、ちょうどお昼ご飯の時間に。ここでは野根川で釣れた鮎を、炭火焼きにして頂いた。鮮度が抜群で生臭さがなく、香りがやさしく鼻をくすぐるめちゃくちゃ美味しい鮎だった。「鮎の香りの良さは、エサとなる苔の良さがカギなんだよ」とガイドさん。苔と言えば、野根川の水の青を映えさせていた立役者でもある。苔って、スゴイ。

実はこの野根川の鮎は、かつて全国の河川が参加する鮎コンテストでグランプリを獲ったことがあるほどの鮎なのだ(※)。しかしえん堤の障害などにより遡上が出来なくなり、その生息量は一気に減少してしまったそう。

15785378ea4970392d27cfca82d02d0798f3516b

手前が整備された魚道。川の流れがゆるやかになり、魚の遡上を助けてくれる。

「野根川リバーウォーク」ガイドメンバーの水谷さんによると、こんなに美しい川ですら生態系の崩壊が進んでおり、日本各地の多くの川が同じような状況にあるのだという。

日本一の鮎を育てた川を再生しよう。東洋町がスタートさせた野根川とその生態系を守ろうとする動きは、やがて国家プロジェクトとなり、壊れたえん堤と魚道の整備に繋がった。その結果なんと、昨年よりも圧倒的に多くの鮎が遡上してきたのだそう!

「野根川の美しさを知るだけでなく、こうした自然と人間の関わり合いにも目を向けてもらえたら嬉しい。こんなに素晴らしい素材は、なかなかお目にかかれないからね」と語ってくれた水谷さん。本当に川を愛する人たちが案内してくれるリバーウォークは、学び多き散歩道でもありました。

※第四回「清流めぐり利き鮎会」グランプリ

山、川、海
そしてひとの暮らし

2647ecfe816d341a5f58ace62991d6105adc7dad

名留川地区の春日神社にある千年杉も、必見だ。植林された杉とは比べ物にならないほど立派な、堂々たる神木が拝める。

このあたりの沖積地には、野根川よって運ばれた豊かな養分が、たっぷりと溜まっているのだという。周囲には集落や田畑が現れ、ひとの暮らしが垣間見えるようになった。水田には、たわわな稲穂が頭を垂れはじめている。豊かな川を守る、ということは、私たちの暮らしを守るということと結びついているのを実感した。

自然とつながることは
とても豊かなことなのかもしれない

Cf7543b4eff9a181a2ba41ca19ad86733d7e8c76

「コースに入れるか迷ってるんだけどね…」とオマケで案内して頂いた通称:ポンカン山から町を見下ろすと、生見海岸でサーファーが波を待っている姿が見えた。

都会で暮らしていると、これほどの自然とふれあうことはほとんど無い。だけど、こうやって自然とのつながりを感じられることって、めちゃくちゃ豊かなことなんだと思えた。

そんな最高の散歩道、関西方面からなら、もっと手軽に来られそうだ。瀬戸内の美しい海を眺めながら車を走らせるのも、きっと気持ちがいいだろうな。次の週末にわざわざ野根川へ、って、ありだと思うんです。

33af2705ad3634284bccae5135cff4da2d0957af
サントリーニ島といえば、白と青のコントラストであまりにも有名なギリシャの人気観光地。エーゲ海に囲まれた美しい島を「一度は訪れてみたい!」と思っている人も、...
静岡県にある、知る人ぞ知る“秘境駅”が大きな話題になっています。なるほど、確かに写真を見ればそれも納得。この幻想的な光景、なんだか『世界の車窓から』に出て...
今から紹介するのは、現実逃避スポットです。普通なら「行くべき!」とオススメする場所なのかもしれませんが、毎朝満員電車に揺られて都心へ通っている私は、「El...
広島の知られざる魅力を詰め込んだ、究極のガイドブック「カンパイ!広島県」の第3弾「広島秘境ツアーズ」が発表されました。その人気ぶりは凄まじく、明日の6月2...
東京でおすすめのサウナをご紹介します。たまには時間を忘れて、のんびり、リラックス。サウナと水風呂で身体と心をさっぱり整えましょう。サウナ、銭湯、水風呂、銭...
青い海を求めて沖縄へ行きたい。最近だと角島(山口県)も良さそう。でも、どれだけLCCが充実しようと、関東の人にとってあの距離はやっぱりパワーを使う。最低で...
7月20日。ついに、首都・東京にも「星のや」が開業。ポイントは、東京では姿を消してしまったかのように思える日本旅館をコンセプトにしている点。設計、しつらえ...
旅において、どこにお金をかけるかは人それぞれ。LCCを使う代わりに豪華な食事を楽しむ、あるいは食事はコンビニでもいいけれど、ショッピングは豪快に、などなど...
「東京へ引っ越して探検散歩をしてみたら、古い建物が多くてびっくりしました」。と、説明したのは、アニメ『スペース☆ダンディ』の背景画や、その他多くの作品で背...
人生は旅のようなもの。旅で大切にしたいのは、どこに行ったかよりも、何を感じ何を考えたか。だからこんな「トリップ体験」ができたら、どんな国を訪れるよりもよっ...
旅慣れたトラベルライターMatthew Kepnes氏が、数多くの旅行経験を元にしたお役立ち情報を、「Elite Daily」にまとめています。旅に出ない...
注目フードから、まるで秘境のようなビーチまで、この夏に行ってみたい「東京都内のおでかけスポット」をまとめてみました。うまく連休がとれないときや、ぽっかり休...
温泉を紹介する動画と言えば、ちょうどいい感じの美人が、ちょうどいい感じの色気で、ちょうどいい感じに腕とかにお湯をかけておけばいいと思っていたけど、そうでも...
国内に人気雲海スポット、長野県の竜王に、新しいカフェが誕生。その名も「SORA terrace cafe」は、まるで雲の上にいるような感覚を味わいながら、...
年齢を重ねるにつれて、好みや優先事項は変化するもの。そしてもちろん体力も。バイタリティーのある20代のうちに訪れて、刺激を受けるべき街をトラベルライターC...
同じ日本と言えども、関東と関西では食文化に大きな違いがあることはご存知のとおり。食を通して異文化体験ができてしまう。では、その違いってどこにあるかちゃんと...
都心から車で2時間。同じ東京都内でありながら大自然が広がる奥多摩は、気軽にアウトドアを楽しめる人気のエリア。そのフィールドへの玄関口に位置する昭島市に、ま...
“非日常がまるで日常になる、シェアする旅の宿”。さまざまな国籍・年齢・キャリアの人々が、世界各国、もしくは日本各地から訪れます。近年ではリノベーションされ...
青い空と、エメラルドグリーンの海。最高に決まってる。それだけで「今年の夏も、いい思い出ができたな」なんて思ってしまいます。もちろん、海外旅行で特別な時間を...
「一度でいいから波に乗る感覚を味わってみたい!」きっと、そう思っている人は多いはず。ただ、一歩を踏み出すにはかなり高いハードルがありますよね。そもそも、サ...