1980年代、イタリアの「甘い日常」。

南北に長いイタリアという国をひとくくりにすることはできませんが、得てして私たちの中にあるこの国のイメージは、どれもポジティブなものばかりでは?豊潤な食、歴史ある文化、人生の喜びを知る人々…。

50年以上に渡ってカメラを握り続けてきた、アメリカのベテラン写真家Charles H. Traub。長いキャリアでも氏の傑作と呼ばれる作品を紹介します。40年ちょっと前、そこには当たり前のように“スローライフ”が。

飾らない“贅沢な”日常

76e5f0f14c61fde73a5062843897573835962ad9

1980年代にイタリアをはじめ、ブラジル、ハイチ、モロッコを訪れたTraub。そのなかで自由気ままにゆったりと暮らす、イタリアの人々の生活を写し取った作品が「Dolce Vita(ドルチェ・ヴィータ)」です。

直訳すれば“甘い生活”、けれど彼の目に止まった日常は、より“good life, happy life”といった意訳がよく似合います。

131db95f0f376e2d46c730a43a2e795a07b7fbfb38458c1fc822cd0a0774279db38359430b839228A09070fff55968715c9382445e0a9399e10f5e790814d6a210829d51b660120a7981a684aca189c4F3b55762e38adb037ed13a166995f1b690f3c2774f3bd26258ff1b32c012a1c034ac827e9ce0fd8265128a693b96e8f798f9d517a22a8595c81d84e9D4ddd2b88f77ca1c6bc7ce6782cde9c2929054eb974b63c75419da1496dad5b9af9fc59283b6037f11d30b77a1dd160e540b46e55e90591e1c6a3542E69403c2cae933dd15ba94d5ba0a05623ad7f37c0638d47ccd22fc9be73b129994d598dd03a556e4F56b7bc6ac7d54cd766717312121ccc871eb9fe7E7155311397e5d2f496d9d9209b5fbd29e0cbbfdE6891bdb4ec4b53701c357f0677edef8e33282b740d98ede79806cccaf37221dbccd739652aa867f

Trab作品のごく一部。完全版は「Italy in the 1980s, Published by Damiani Editore」より。

Licensed material used with permission by Charles H. Traub, Stephen Kasher Gallery
電動自転車のデザインで大きなポイントになるのが「バッテリー」の行き場所。どうしてもスペースをとるし、野暮ったくなりがち。そんな悩みを、1950年代の古いバ...
現代日本が抱える少子高齢化、人口減少に直面した社会環境がイタリアにもあるそうだ。過疎化が進む農村や山間部の集落は空き家であふれ、地域再生やまちづくりが急務...
1970年代、アメリカからイタリアに伝えられたチアリーディング。イタリアの伝統的なマーチングバンドと結びついて発展を遂げ、いつしかイタリア独自の文化へと姿...
写真には、たくさんの思い出やストーリーが詰まっているものです。アマチュア写真家であるChris Porszさんは、70年代から80年代にかけて、イングラン...
シリア内戦の引き金となった抗議デモが本格化してから、7年。いまだに終わりの見えない混沌のなか、人々はどのように生活しているのでしょうか。イラン人写真家Al...
2016年8月24日未明にM6.2の地震がイタリア中部を襲いました。壊滅的な被害を受けた街アマトリーチェ(Amatrice)を支援するため、民間レベルでの...
ドイツの古城やメキシコの遺跡を目の前にして、こんなことを考えたことってありませんか?「一度でいいから住んでみたい」と。そんなとき「Airbnb」を使えば、...
ファッションと音楽とカウンターカルチャー、そして政治へのメッセージが絡み合い、世界の若者たちがムーブメントを起こした70年代。この時代にファッションを発信...
「アーティストが住みついたビル」というコンセプトの新しいスポットが、2017年9月16日にオープンした。場所は、日本橋。一棟ビル丸ごと使ってアート・音楽・...
イタリア関連のドキュメンタリーなんかを見ていると、未だあの国のイメージは「食べ物」や「歴史的な建築物」なのだろうと思う。が、壮大な自然も見逃せない。And...
歯垢を除去。歯周病予防。息さわやか、などなど──。歯磨き粉においてそんな特徴は、もはや当たり前。じゃあ一体、何で差をつけるべき?そんな問いに対するイタリア...
フォトグラファーのMartin Reischさんは、どうやら大のゼルダ好き(多分)。おそらく、ただの好きを越えて取り憑かれたレベル(尊敬の意を込めて)。だ...
1985年、イタリア南北をくまなくリサーチし、あらゆるパスタ料理レシピを1冊の本にまとめたヴィンチェンツォ・ブオナッシージ。『新パスタ宝典』に収められたメ...
今日、4月16日は「イースター」です。キリストの復活祭として、世界各地で多様なお祝いの仕方があるようで、お祝いのアイコンもイースターエッグやうさぎ型のチョ...
「Keep It Simple」という言葉を知っているあなたは、ちょっとしたApple通!同社といえば、MacやiPhone、Apple WATCHなどな...
世界中を旅するクリエイターOliver Astrologo氏。これまでに数多くの国を訪れた彼が特別な感情を抱く街──、それがローマなのだとか。ここで紹介す...
一見、単純に見える世界も、人の心も、可能性も、別の何処かへと続く奥行きみたいなものがあって、一筋縄ではいきません。イタリア人アーティストAndrea Uc...
イタリアにはたくさんのピザ専門店「ピッツェリア」があります。この記事で紹介する地図「Best Pizzas in Italy」には、イタリア版ミシュラン「...
「オーガニック」をテーマとしたナチュラルな腕時計が話題を呼んでいます。と言ったところで、ピンとこない人も多いですよね。言い換えると、使用される木材は加工に...
「シチリアを見ずしてイタリアに行ったことがあるとは言えない。シチリアにこそ、すべてに対する鍵があるのだから」