古代ギリシャ人の「愛」に関する哲学。

「愛」と言っても様々なかたちがあり、一括りにはできない。恋人に対する熱い気持ちや友人らに向けた深いもの、そして他人への慈悲までたくさんある。

The School of Life」によると、今から2800年ほど前に生きていた古代ギリシャ人たちにも同じことが言えるそう。大昔、彼らは愛をどのように捉えていたのだろう?

不変的な「愛の概念」

1eb94aa70cefab5f569bb0f4c5712d11d88c8423

愛とは、私たちにとって最も価値があるもの。誰もが求めることだけれど、大きな心配事にもなる。自分たちの愛が偏ってしまっていないか、ときに我々は不安に感じるのだ。

Ad1be602edaa5155a29463031582abc2860db2e9

社会は、愛といえば性的な関係を持ち、それ以上のものがあるべきと勧めてくる。そうする人こそ“まともな人間”なのだと。

Ae14d5d69cf1d486f7284539763919c6d2229a4a

例にあげると、パートナーといる時にドキドキを感じるべき、会えない時間が続くと会いたいと思うべき、いつも抱きしめていたいと思うべき、キスしあうべき、頻繁にセックスすべき、などという考えだ。

7af9ff09583be98a63cc644edbeb43ec7459bc87

しかし、もし私たちが愛をこのように定義し、これが普通だとすれば、愛についてあまり知らないのだと恥ずかしい気持ちで受け止めなければならない。

様々な愛のカタチを
「言葉」にしてきた古代ギリシャ人

200234dfd9273d4c898884bd390d03664a6e9878

古代ギリシャ人ならあなたに手を差し伸べることができる。彼らは早くから、愛には様々なカタチがあるのだと気づいていた。そして、良い社会というのはその違いを言葉にすることができるということを。

2e414f21285001617a4502c623033dbca1d640bb

古代ギリシャ人は、私たちがよく恋愛関係の初期で感じる強い性的な感情を「エロス」と呼んでいたそして、一年以上経ちこの強い性欲が薄れたからといって愛は終わるわけではないということも知っていた。

Edc3410487b97d37e627c694da3509362c8995ab

感情はやがて「フィリア」と呼ばれる感情へと変化していく。これは友情という意味で、フィリアのためなら死ねると思う人もいるだろう。

C98f82809090dea9e8ce0592cb35b1f315c61780

アリストテレスはフィリアの哲学として、若い時にエロスを脱却して関係性の基盤をつくるべきだとした。特に結婚においては。

8b522c3e77fbcea81c163ba6537ad5088c3b54b1

古代ギリシャ人が愛を表現する3つ目の言葉、それは「アガペー」だ。慈愛という意味で、これは悪いおこないや失敗をした人に対しても、情を感じる場合にも用いられた。

66e290ec7e44d1e5c0d02156346f98ee3453bf5c

例えば、神様が人々を想ったり、観客が劇中にいる悲劇的なキャラクターに感じる気持ちをイメージしてもらえば分かりやすいかもしれない。

927fe5c7d3f3a352fdd8e09a4fe59bf61fdc30e8

私たちが誰かの強さではなく、弱さを愛する時にあるもの。長所を称えるのではなく、弱さや不完全さに対して同情や寛大な心になることだ。

Bc30e46ae4e41e5af6f93e9d507c859deb53fdd6

私たちの人生には、今存在している言葉以上の愛があるかもしれない。

Licensed material used with permission by The School of Life
「昔は良かった…」「それに比べて今は…」「世の中悪くなる一方だ…」とは現代の私たちもよくボヤきますが、2800年前の古代ギリシャ人もまったく同じことを言っ...
「はじめに、君たちに言っておきたいことがある。『ギリシャといえば、青い海、白亜の神殿!』なんてイメージは幻想だ。古代ギリシャ人は海をワイン色と表現する。そ...
発覚している限り、結婚3回。浮気すること数百回のギリシャ神話の最高神「ゼウス」。古代ギリシャに詳しくない人でも、その名前や存在くらいはご存知ではないでしょ...
古代ギリシアの哲学者プラトン。彼の思想に詳しくなくても、名前だけは聞いたことがあるのではないでしょうか。ソクラテスの弟子であり、アリストテレスの師匠であっ...
「生きるために食べよ、食べるために生きるな」これは、古代ギリシャの哲学者ソクラテスの有名な言葉。忙しい毎日を過ごしている、現代人に響くものではないでしょう...
「愛」と聞くと、まずは恋愛のことが思い浮かぶかもしれません。でも、私たちの生活には、恋愛以外にもたくさんの「愛」があふれています。家族や友だちへの愛、仕事...
「The School of life」の動画は、幸福を追求する行為には“ある問題”が潜んでいると注意します。また、それを解決するアドバイスも提示。頭の片...
この動画『I think I love you on 』は、カリフォルニア大学芸術大学の学生Xiya Lanさんの卒業制作なんですが、人生の様々な「愛」を...
さくら剛さん著『(推定3000歳の)ゾンビの哲学に救われた僕(底辺)は、クソッタレな世界をもう一度、生きることにした。』は、青年ひろが、とっつきにくくて分...
「愛は最高の奉仕だ。みじんも自分の満足を思ってはいけない」太宰治の『火の鳥』には、愛についてのこうした表現が登場します。これは紛れもなく「真実の愛」と呼ぶ...
年輪のように深く刻まれたシワ、おでこから頬にかけ転写されたシミ。エーゲ海に浮かぶギリシャの小島パロス島で、漁師として働く男たちがいる。いや、正確に言えば「...
「人間はたまねぎであるーー」。こう定義するのは、パリ発祥の市民の哲学討論の場である「哲学カフェ」を国内で主宰し、市民のための開かれた哲学を実践している、小...
イタリアのイメージが強いパスタ料理ですが、イオニア海を南東に下ったギリシャでも、古くからラザニアによく似た「パスティツィオ」という料理が親しまれてきました...
あなたは「哲学」と聞いてどんなイメージを浮かべますか?堅苦しくて、役に立たない、頭の良い人たちが勉強しているもの…様々な意見があると思いますが、共通して言...
「All You Need Is Love (愛こそはすべて)」誰にでも愛が必要だ!とは、The Beatlesの有名な曲の一節。でも、そもそも愛って何で...
愛する人と交わす口づけは、いつだって特別でハッピーなもの。2013年、ニューヨークを拠点に活動する写真家Ben Lambertyさんは「キスをする人々」の...
「好き」と「愛」の違いを見分けるのは、難しいものです。人はいつ「好き」になって、いつ「愛」するようになるのでしょう。ここでは、何人かの恋愛アドバイザーの見...
誰かを愛するということは、必ずしもハッピーな気持ちだけでいられるワケではありません。時には辛さや痛みを伴うし、それは万国共通の感情のようです。「愛すること...
タンパク質が多く低カロリーな「ギリシャヨーグルト」は、デザートとしてだけでなく、料理にも使えてとにかく汎用性が高い。今ではスーパーでも買えるほど身近になり...
生前はもちろん、死後10数年が経過しようとも、ポジティブな影響を与え続けてくれるマザー・テレサ。彼女が残した数々の言葉は、時を超えて私たちの胸に響きます。...