カトリック教会の「タブー」に焦点をあてた禁断の映画

冒頭のシーンから、身の毛がよだった。

そこには、敬虔な神父が悪魔祓いをしている姿が。神父が手をかざす先には、一人の女性。すると突然、女性がおぞましい声で叫びはじめたのだ。とても人間のものとは思えなかった。

エクソシストとは、カトリック教会におけるエクソシズム=悪魔祓いの儀式をすることを許された神父のことを指す。もちろん、オカルト、お伽話、ほら話、都市伝説と片付けることもできる。しかし、悪魔の存在を100%否定することはできないだろう。この映画『悪魔祓い、聖なる儀式』であんなにも豹変した人々を目の当たりにしたならば。

あの『エクソシスト』は
単なるつくり話ではなかった

04dd912e44471e15f50b2a787ec842ae18772ca4

冒頭シーンの女性だけではない。本作には、憑依された人々が次々と登場する。いきなり暴れ出す者、ケダモノのような声を出す者、白目を剥きながら痙攣する者、わけのわからない言葉を話し続ける者…。

その姿は1973年に公開され、人々を恐怖に陥れた『エクソシスト』のシーンそのものだった。言うまでもなく、首が180度回ったり、背面ブリッジのまま階段を降りたり、緑色の液体を吐くような類のものではなかったが、発狂したような人々の様相は、リアルなだけにそれ以上の衝撃があった。

急増するエクトシストたち

1445cce4ae9f24eb3e47b05470b90a75d4a246cf

昨年末時点で、カトリック教会における総本山ヴァチカンから公式にエクソシストと認められているのは、404名。うち、ほぼ半数の241名がイタリアに集中しているそうだ。

70年代のイタリアにおいては、30人ほどしかいなかったエクソシストが8倍以上に膨れ上がった計算になる。しかしながら、悪魔祓いの儀式に詰めかける人々に対して、慢性的にエクソシスト不足が起こっているという。

悪魔は実在するのか、否か?

4114a8e14a24708de4e19588393c3706c3e2c164

なぜ、イタリアでは、それほど多くの人々が悪魔祓いの儀式を求めるのか?

そこには、同国が抱える社会問題が関係しているようだ。鬱、孤独、貧困、引きこもり、失業、ドラッグ中毒といった様々な闇が炙り出されてくる。つまり、行き場を失った人々の受け皿として教会が存在しており、神父は彼らを支える役割を担っているという側面もあるのだ。

2bdcd98e668009574f768c1aaa78b0fd5b9d4e698bc5d557bc430319d89496e0195917bfaa695baa

悪魔は、人間の心が生み出した幻影なのか?それとも、実在し、人間に取り憑いてくるのか?

本作において、誘導的なナレーションが一切ないのは、監督の狙いでもあるようだ。すべては、悪魔祓いを目撃するアナタの判断に委ねられている。 

『悪魔祓い、聖なる儀式』
2017年11月18日(土)より、渋谷シアター・イメージフォーラムほか全国順次公開。公式サイトはコチラ

© MIR Cinematografica – Operà Films 2016

Licensed material used with permission by 悪魔祓い、聖なる儀式
ヨガをしたこともなければ、それがなんたるかも実際はよく分からない。自分のような人間がヨガ映画を観るなんてこと、普通であればまったく想像できません。でもこの...
NYのメトロポリタン美術館(通称メット)では、毎年5月第1週目になるとアート・ファンとファッショニスタが注目する美の祭典『メットガラ』が開催される。このオ...
アウシュヴィッツ強制収容所でのホロコースト。もしも、加害者と犠牲者の孫世代が恋に落ちたら…。映画『ブルーム・オブ・イエスタディ』は、タブーの扉を開けた挑戦...
東日本大震災が発生してから、今年の3月で丸5年が経とうとしている。被災地の暮らしは、表面的には日常を取り戻したかのように見えるが、まだまだ問題は根深いーー...
コロッセオにトレビの泉、スペイン広場…。ローマに観光名所は数あれど、ここで紹介する小さな教会を訪れる人は、そう多くはないかもしれません。サンタマリア・デッ...
ハロウィンの時期も近づき、ホラー映画で恋人との距離を縮めるためにも、名作ホラー映画を一緒に鑑賞してみてはいかがだろうか。『エクソシスト』、『シャイニング』...
日常の喧騒から隔絶された、穏やかで静かな佇まい。視界そのものが建築であるような「水の教会」は、世界的建築家・安藤忠雄が設計した教会三部作の一つです。「水・...
映画鑑賞する際、監督や出演者をチェックする人は多いが、配給会社で映画を決める人は少ないのでは? けれども、多少なりとも社会問題に関心があり、世界で起きてい...
『エターナル・サンシャイン』で監督を務めたミシェル・ゴンドリー。彼がiPhone7のみで撮影した11分の短編映画「Détour」が、Apple社の公式Yo...
とび抜けて美人ではなくても、なぜかモテる小悪魔女子。モテる男性と付き合うのは、すごい美人とは限らず、小悪魔的な魅力にあふれる女性の方が多いかもしれません。...
ビーチに設置された300インチの大型スクリーンで、星空の下、海風を感じながら映画を見る──。ゴールデンウィークにいつもとちょっと違う体験がしたい人には、開...
1912年に設立された「サンタ・バーバラ教会」は、スペイン内戦の際に閉鎖されて以来、放置され廃墟と化していました。「ガーディアン」紙によれば、ここアストゥ...
映画『ミスター・ダイナマイト:ファンクの帝王ジェームス・ブラウン』が6月18日より順次公開される。これは、2015年に日本で公開された伝記映画に次ぐ、ミッ...
映画館に行く。ストリーミングで見る。DVDを借りる。そんな選択肢の中に屋外映画祭があります。珍しくは感じないかもしれませんが、参加する機会が多いわけでもな...
あなたは、冷蔵庫の中身をすべて把握できている?いつ買ったかも覚えていない、いつ食べるかも分からない食料がゴロゴロしている。そんな人にこそ見てもらいたいのが...
私は耳が聞こえないことを障がいだとは思わない。そう語るのは、映画監督の今村彩子さん。彼女は生まれながらにして耳が聞こえない。学校では友達の輪に入ってお喋り...
今日は13日の金曜日。不吉なような、ドキドキするような。そんな日だからこそ、今日の夜はお家でホラー映画鑑賞なんていかがでしょう?生まれも育ちもNYのライタ...
小劇場、ミニシアター。大きなスクリーンのシネコンではなく、小さな空間でこだわりの一本を味わう。それは、多くの映画ファンにとっては至福の時間だろう。ブルック...
美食のトレンドを牽引するレストランと、オーナーシェフの4年間を追ったドキュメンタリー映画『ノーマ、世界を変える料理』が、2016年GWより全国で順次公開さ...
自宅や映画館は言うに及ばず、ビルの屋上やビーチ、森の中、さらには無人島まで。近年は、上映イベントの充実もあり、さまざまな場所で映画を楽しめるようになってい...