激太りで話題のマライア、かつては“1日パン1個”の極貧時代も?

最近では“激太り”で何かと話題のマライア・キャリー(Mariah Carey)。ステージでは男性2人がかりでようやく持ち上がった、なんていうちょっと笑えない話もありますが、“歌姫”としての実力は折り紙付き。7オクターブとも言われる驚異的な音域と情感豊かな歌声で、世界中の人々を魅了してきました。

1990年のデビュー以来、アルバムの累計セールスは2億枚(!)を超えるといい、その個人資産額は推して知るべし。誰もが羨むセレブライフを謳歌するマライアですが、そんな彼女にも“1日パン1個”という極貧時代があったのでした――。

※以下は立東舎文庫『ロック豪快伝説』の「the 色彩乱舞 魅惑の女性アーティスト編」からの抜粋です。

母子家庭での貧困生活

マライアが3歳のときに両親が離婚、マライアは母親に引き取られた。マライア・キャリーの母親は、ニューヨーク・シティ・オペラのソリストだったが、オペラの仕事だけで生計を立てるのは難しく、母子家庭で苦労の多い生活を送っていたらしい。

『マライア・キャリーの選択』(クリス・ニクソン著、河村美紀訳、ヤマハミージックメディア)の中で、マライア自身はこう言っている。

お金も物も、ほとんど何もない家で私は育ったんです。母と私はあちこちによく引越したし、母は時には一度に3つの仕事を抱えていたこともあって、私が小さかった頃にはずいぶん苦労したの。

引越しは14年間に13回にもなったそうで、家賃が払えなくて追い出されたということもあっただろう。その頃のマライアは、穴だらけのスニーカーを履いて街を歩き、もちろん食べる物にも事欠いていた。

レコード契約を結ぶ3ヵ月前も、1日にパン1個しか食べられなかったんです。友人とよくパン屋さんに行って、アイスティーをタダでちょうだいってせがんでいたわ。

苦しい生活のなかでも、 マライアに音楽的な才能があると感じていた母親は、4歳のときから声楽のレッスンを受けさせていた。これが、将来の成功につながったのである。

“シンデレラ”になったマライア

デビューをすると人生は一変、マライアはアメリカン・ドリームへの階段を、瞬く間に駆け上がっていった。マライアが90年のデビュー以来、売ったアルバムの枚数は2億枚。全米ナンバーワン・ヒット・シングルの数は、08年の「タッチ・マイ・ボディ」まで18枚で、歴代女性歌手ではマドンナ、ホイットニー・ヒューストンを押さえて堂々の第1位だ。アメリカのタブロイド紙『ナショナル・エンクワイア』(00年10月号)によると、その個人資産は1億ドル(約130億円)にものぼるという。

特に93年という年は幸福の絶頂期にあった。1月にアメリカン・ミュージック・アワードを受賞、秋には、自身最大のヒット・アルバム『ミュージック・ボックス』をリリース、アルバムからのシングル「ヒーロー」は全米ナンバーワン・ヒットとなった。何より最大の出来事といえば、所属をしていたソニー・ミュージックの社長、トミー・モトーラとの結婚である。ついに貧乏少女は、ショー・ビジネス界での成功ばかりか、玉の輿まで手に入れたのである。

Reference:MariahCareyVEVO

結婚生活も波乱万丈!

もう1日パン1個という生活に逆戻りすることはないだろうが、お金があればあったで悩みは大きい。

特に結婚生活は大波乱。08年、コメディアンで俳優、テレビの人気司会者でもあるニック・キャノンと結婚。しかし彼の浮気疑惑から14年には破局、16年に離婚が成立した。15年にマライアは、オーストラリアの大富豪ジェームズ・パッ力ーと交際を始め、16年1月に婚約を発表したものの、同年の秋に行ったギリシャ旅行中の大ゲンカで婚約を解消。マライアは精神的痛手から南米ツアーをキャンセルすることになったなどを理由に、パッカー氏を相手に5000万ドル(約52億円)もの損害賠償金を要求するとも言われ、泥試合の様相になっている。

マライアのヒット曲に「スルー・ザ・レイン」という曲がある。「雨の中でも負けない/もう一度立ち上がれる/雨にも打ち勝てるはず」と歌われているこの曲こそ、今のマライアに必要だろう。

お金がなくても苦労するが、あったからといって幸せだとも限らない。お金持ちも大変そうだ。でも一度味わってみたいなセレブ生活!

Top illustration by 鈴木順幸

普段耳にしている音が、どれだけ聴覚に影響しているのか。具体的に考えたことはあるでしょうか?WHO(世界保健機関)が行った調査から、恐ろしい結果が発表されて...
人気パンのひとつ、メロンパンを自宅で簡単に作ることができる「メロンパントースト」をご存じですか? 材料はバターと砂糖、そして小麦粉。これらを混ぜて、塗って...
絶対やせる新メソッド、と注目されては消えていく泡沫のようなダイエット法。結局のところ、成功しなければ(ないしは途中で諦めていては)どれも「自分には合わなか...
自分が生まれた日に、何の映画が全米で興行収入一位だったのかを簡単に調べられるサイト「Playback.fm」が話題になっています。自分が生まれた日の全米N...
読書の重要性をネットに書くと必ず「読書なんか必要ない」という書き込みをされます。しかし、読書は人生に大切なもの、全てを与えてくれるのです。01.1日を「7...
アメリカでは、大物アーティストがドライブをしながら熱唱する番組「カープールカラオケ」が流行っていますが、一般人も負けていません。ここでは、見ているほうまで...
ワインにはポリフェノールを筆頭にビタミンやミネラルなど多くの成分が含まれていることで知られています。その他にも様々な健康効果があるようですが、もちろん飲み...
みなさんもきっと食べたことのあるフランスパンとバゲット。どちらもさくさくとした食感の縦長のパンで同じように思われますが、両者は微妙に違うのです。でもその違...
とある、Facebookの投稿を紹介します。この写真を見て、ダイエットに成功した話がはじまると思うかもしれない。太っている写真と、痩せている写真が並んでい...
ファッションモデル、女優として活躍するヤスミーナ・ロッシさんは、現在60歳。2人の孫がいるおばあちゃんです。非の打ち所のないスタイルの秘訣は、毎日欠かさな...
世界的ブームのグリーンティから派生して、いまじゃMatcha(抹茶)が当然のようにメニューにも登場。「これは低カロリーでしょ…」、となんとなくのイメージで...
「朝食を抜くと太りやすくなる」というのはダイエットハウツーでもよく聞く話ですが、mental_flossにオドロキの記事が掲載されていました。アメリカの中...
毎日たった4分。スマホがあれば、いつでもどこでも体をOFFからONへスイッチできる「WEB体操第1」。YouTubeに公開されたばかりですが、そのコミカル...
あなたは、今の会社で、はたらき始めたときのことを覚えていますか?不安と希望を胸に、あたらしい仕事に向き合ったときのこと。たとえば、誰よりも早く出社したり、...
結婚式といえば、女性が人生で一番輝くとき。そんな最高の日には、一番きれいな自分でいたい、というのが乙女心。Haley Smithさんも、そんな女性のひとり...
1年前、交通事故で左手小指に傷を負った。第1関節より前の骨が砕けてなくなったのだ。10年間、乗り続けたVespaは廃車になり、俺はバイクに乗ることを止めた...
「新しい歯ブラシ」、「映画館でポップコーン」、「招待状」、「アイスクリームの一口目」。見落としがちだけれども、感謝するべき日常のささいな幸せ。それがNan...
現代人の皆さんへ。仕事に追われて運動不足になってませんか?ストレスで食べ過ぎたりしてませんか?そんな人たちに読んでもらいたいのが『あなたは半年前に食べたも...
食べながら痩せられる。歌手のアデルやモデルのジョディー・キッドらから火が付き、イギリスで大注目の新ダイエットメソッドがあります。食べる量を減らす必要なく、...
何をやっても上手くいかない。そんな「バッドデイ」があります。ひどい時なんて、一日中それだけで頭がいっぱいになってしまうことも。アメリカのトップ心理療法士、...