あの日、あの場所で、あの人と見た空。

約2年前、80歳の祖母と旅行にでかけた。行き先はハワイ。一週間ほど滞在し、最終日の夕方に見た空が今でも忘れられない。

地平線に近くなればなるほど、ぼやけた暖色系に近づくグラデーション。忘れられない理由は、その光景が幼い頃から家の居間に飾られていた写真にとても似ていたから。

それは、両親がハネムーンでハワイに行った時に購入したもの。だから私は空を見ながら家族を思い出し、はるか遠い記憶の子ども時代を思い出し、懐かしい気分になったのだ。

フォトグラファー、Nicole Magnoliaさんの写真を見た時もそうだった。

ぼやけた雰囲気は
私だからこそ。

939a1a5234e5251517041396b0ef6dac0eb5c6de2db8549c0736841e64b1cd9ae21ce5119fdcbc4dFe17b2d22b85a1c59fb87539e2849479c11b03d9

9歳から写真を撮りはじめたというNicoleさんは、生まれつき視力が悪く、昔の記憶はぼやけているものが多いのだそう。だから彼女は撮影の時、焦点をぼかして撮ることが好き。そうすることで、自分の中にある世界を表現できるから。

Eb7b697a985c465f9a3696f9f6ae295f2a18b9a9A746201ce59db3386afa014903df6f80dbc9dd0a8cd4b8a1ff1e50cdf731b1937d8a8f0d5c14377e53cfa5f0f86dde48dba56c512a62d1b5adb4cc61F411eb7de31cbaf61b2e3c3f5b53e24450efbf3389058dc2fc1a1daa2d8b6253c1acc5cf257f41d8

Nicoleさんだからこそ生み出せる「ぼやけた世界」。あなたならこれを見て何を思い浮かべる?

Licensed material used with permission by Nicole Magnolia, (Instagram)
ボリビア・ウユニ塩湖で、鏡張りの水面に立ちたいーーとはいえ、南米は遠すぎる。そんなあなたに朗報です。なんと都内から1時間で行ける場所に、あの「天空の鏡」が...
アムステルダムを拠点に活動するフォトグラファー・Patrick Mordiさんは、ある日写真を撮ることへの情熱を失い、その楽しさを思い出せない日々を送って...
ソウルの仁川(インチョン)国際空港近くにある新開発エリア。そこにユニークな家が誕生した。その名も、「FLYING HOUSE(空飛ぶ家)」。ちなみに、この...
写真はときに、言葉以上のストーリーを私たちに伝えてくれます。ある写真家は、亡くなった夫を写真の中に呼び戻し、実現しなかった家族写真をつくりました。ステファ...
セブンイレブンの店内やテレビCMでなんとなく耳にしたことのあるあのメロディ。皆さんはどれくらい「あの曲」のことを知っているだろうか。いつの曲で、誰が歌って...
1月6日午前1時半。Timmy Joe Elzingaさんは、2歳の息子さんを寝かしつけてバスルームへ入ったとき、窓からこの様子を目撃してたいへん驚いたそ...
ポルトガルのアゲダという街には、毎年7〜9月に開催する芸術祭のひとつに「アンブレラ・スカイ・プロジェクト」という傘祭りがあります。その様子をたまたまネット...
キュンキュンするほどかわいい、空飛ぶ子猫。ちっちゃな体を目いっぱい使って無邪気に遊ぶ姿に、癒されちゃいます。でもじつはこの写真は、捨て猫たちの保護を呼びか...
シリア内戦の引き金となった抗議デモが本格化してから、7年。いまだに終わりの見えない混沌のなか、人々はどのように生活しているのでしょうか。イラン人写真家Al...
憂鬱になりがちな雨の日。傘を持ち歩くのは面倒だし、視界も悪いし濡れちゃうし…。でもちょっと目線を変えてみてください。そこには、雨の日にしか見られない世界が...
もしも、一流のフォトグラファーが、本気で昆虫標本を撮影したら──。ここで紹介したいのは、そんなちょっとマニアックな話。でも「撮影にふさわしい1%の昆虫を見...
シンガポール生まれ、シンガポール育ち、悪そうなシンガポールのスポットはだいたい撮影に行ってるんじゃないかなっていうフォトグラファー、Yik Keat。彼の...
SNSでよく目にする、キュートなペットの写真。なかでもInstagramでは、愛犬の写真を毎日アップしているユーザーをたくさん見かける。フォロワーが250...
白い肌、白い髪、白い背景。白一色でまとめられたこれらの写真を撮ったのは、フォトグラファーのYulia Taitsさん。彼女はアルビノの人たちにフォーカスし...
James Friedmanさんは、30年以上にわたり母親の写真を撮り続けたフォトグラファー。でもそれは、愛のこもった温かな写真なんかじゃなかった。Pho...
ロシア人フォトグラファーのMurad Osmannさんが、美しい奥さんとのステキな旅の記録をInstagramに投稿する「Follow Me To」。すで...
「天使のようなかわいさ」とか言いますけど、まさにその通り!でも子どもの成長は早く、どんどん新しい表情に移り変わっていきます。スクスクと大きくなっていく姿も...
ブダペストのフォトグラファー「Márk Mervai」氏は、写真について「Boredpanda」でこうコメントしています。「わたしにとって最も美しいひとと...
  001.「てっちゃん、南極行かない?」 今月2014年5/1号『BRUTUS』の表紙は、伊藤さんが南極で撮影された写真なんですよね。素敵な写真ばかりで...
フォトグラファーのKen Griffithsさんは12ヶ月間にわたり、毎月まったく同じ場所で、一組の老夫婦を撮り続けました。その幸せな日常と、最後の1枚で...