「プラスチック製もいいな〜」と思えるカラフェ。

食器類におけるプラスチック製品って無条件で安っぽいイメージが伴いがち。例えば“高級感あるガラス製”なんて表現はよくあるけれど、“高級感あるプラスチック製”とは言いません。

たしかに高級な雰囲気という意味ではプラはイマイチかもしれないけれど、すべてのアイテムにそれを求めているわけじゃないし、ならではの魅力もあると思うんです。

例えば、この〈LA COMPAGNIE BMC〉のカラフェ。

プラスチックだからこそのカラーリングやカタチが楽しめる。三十路の男にはちょっとかわいすぎるかな〜と思いつつも惹かれます。

70年代、フランスの学校などで使用されていたモノの復刻だそうで、そう言われてみるとレトロな感じも。洋の食器はもちろんのこと、やちむんの湯呑みや同じくプラ製のチープなカップとも相性が良さそう。

素材の特性として軽く扱いやすいし、BPAフリーだから安心して使えます。価格も税抜き2,800円とお手頃。

BEAMSの公式オンラインショップで購入可能です。

907e39c830dee905ee9920a0715899d6290fcfcbD3eeff39301133e1c9d15325e41c3b4e572c39540ed40212eef76f41501aacff6feb73118ea4d74f589b46ec8eae3d0a2a09262b929f4c8ca83ab965E9ece88abd49c5e78c85712c14a8e273c91dc98e

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

環境保全対策の一環で、7月1日にスーパーで配られている使い捨てレジ袋の配布を禁止した同国。矢継ぎ早に使い捨てプラスチック製食器やカトラリー、カップの販売を...
平野 宏枝1981年生まれ、ビューティプロデューサー。これまでのキャリアで美容アドバイスをしてきた女性は14万人を超える。顧客の悩みに合わせた「オーダーメ...
八納啓創株式会社川本建築設計事務所代表取締役。1級建築士。広島と東京を拠点に「快適で幸せな建築空間づくり」を専門にする建築家。設計活動を行う傍ら、全国的に...
色鮮やかなフルーツを使ったこだわりのタルトが人気のキル フェ ボンから、とても贅沢な“冬限定”商品が登場しました。その名も「特選 白イチゴ〜初恋の香り〜の...
健康のために、変わったモノを摂取するブームは、昔から話に事欠かない。日本が誇るレジェンド・オーガニックドリンク「青汁」。様々な「酢」を飲むブーム。昨今では...
〈フェローズ社〉の「バンカーズボックス」。世界中のオフィスで使われている書類保管箱にミニサイズの「バンカーズボックス101ミニ」が登場しました。デスク上の...
これは、いくつものシステムキッチンを店舗に集約して、時間貸ししてしまおうというIKEAのアイデア。実際にロシアで行なわれたこの取り組みは、ネットでキッチン...
大量に消費され続けているプラスチック製のスプーンやフォーク。日本でもコンビニでお弁当買ったときなどに必ずと言っていいほどついてきますが、インドでは年間12...
平野 宏枝1981年生まれ、ビューティプロデューサー。これまでのキャリアで美容アドバイスをしてきた女性は14万人を超える。顧客の悩みに合わせた「オーダーメ...
母親にとって、掃除とは子どもとの果てしない闘いのようなもの。片づけても片づけても、端から汚されていく。そんな毎日にうんざりしたひとりの母親がサンクス・ギビ...
電卓って、いいよね。でも、なかなかいいのがなくてね。それで、めっちゃ探して、海外から輸入している文房具屋さんの通販で見つけたのが、これ。カバーをパカッと取...
プラスチックの代替素材として、日本でも馴染みのある「寒天」が注目されています。なかでも日本人のデザイナーグループ「AMAM(アマム)」は、国際コンペティシ...
とっさに使い道がイメージできないかもしれない。必要だと、今すぐには感じないかもしれない。それでも、なんか役に立ちそうな気がしてならない。と、ここまでは個人...
しあわせやよろこびを他人と分かち合うことを、フランスでは「partagé(パルタージュ)」という言葉を用いて表現します。口にしてみると、口角がキュッと上が...
エンターテイメント大国のアメリカでは、各地で様々な野外フェスが開催されているのだ。その筆頭ともいうべきなのが「Imagine Music Festival...
1960年代から70年代あたりにフランスの〈ブルボン社〉が制作した通称「ブルボンキーホルダー」。一見おもちゃのようですが、レトロな企業ロゴのデザインや全体...
ウォーターカラフェって、どれも似たようなデザインなのが正直なところ。でもこの「hiiro(ヒイロ)」は、通常のそれとは一線を画すプロダクトです。「備前水甕...
エネルギー資源の浪費を抑えた、環境にやさしい持続可能な暮らし方。今や現代人の共通言語として定着した感がある。モノを所有せず、シンプルに暮らす「ミニマリスト...
アウトドア料理は、限られた器材だけでいかに感性を働かせて作るかが勝負。もちろん、火おこしもそのうちの一つ。だから楽しい。というのは百も承知。でも、ここまで...
「Oui on Peut!」英語に訳せば(Yes we Can)、聞き覚えのあるフレーズはもちろんあのバラク・オバマの名文句。そのキャッチフレーズを添えた...