引っ張るだけで「サイズUP」できる子ども服。

保育園で働いていたことがあるのだけど、当時はつねづね子どもの成長のはやさを感じていました。スクスク育っているのは、周りの大人たちからするととっても幸せなこと。しかし、ママたちからよく聞いていたのは、「買っても買ってもすぐにサイズが変わるんだから!」っていう嬉しさも混じった言葉。

着ることができなくなったからってすぐに手放すのは、もったいないし、ちょっと名残惜しいのかもしれない。そこで、生後4ヶ月から3歳まで着ることができる子ども服を紹介しましょう。

引っ張るだけでサイズUP

3e7f18b6a6b9540d39519097c8c878f938c5d9b0F0e4bbe295a85c6a6a99b7972fa0e31193fa2594

PETIT PLI」は、世界有数の芸術大学ロイヤル・カレッジ・オブ・アートの卒業生Ryan Mario Yasinによるデザイン。子どもが大きくなるにつれて服も「成長」するように、全体にプリーツ加工を施した伸縮性のある生地を開発したのです。

子どもたちが、「アスリート」のようにいつも激しい運動をしているところにも注目した彼。研究を重ねた結果、長期間耐えうることのできる耐久性にも自信があるとのこと。特許申請中のため素材の詳しい説明はできないそうですが、何度も実験を繰り返した結果「ヒダ」の強度を持続させることができたといいます。

0a4051201dda9290b0db6a81717a638ff2528b84689820cc44edd9fd8561cba039ca12cec2db30df

防水・防風加工もしてあるため、自宅での洗濯も問題なくできる。形が崩れにくい作りとなっているので、アイロンがけも必要ないはず。

これには、嬉しくて声を上げるママやパパも多いんじゃないかな。

48c4de1072b42d58d02e1c9330a623bb1f1e9f70

慶應義塾大学に通っていたこともあるRyan。その時、和紙や漆など日本の文化を学ぶ機会があり、伝統技法つまみ細工(ひだ寄せつまみ)に刺激を受けたことが、PETIT PLIを生み出すキッカケとなったそう。

服を長く着ることで
ゴミの「減少」に繋がる

8bac0d791b43407570b4362c39e3a67c5b7a934fD1a76210d0a6d112960a68f02b6862286f167aa0

発達途中の子どもたちが、服を長く着ることでゴミの削減にも繋がるとRyanは考えています。これは、移り変わりの激しいファッション業界のムダを減らしたいという気持ちから思いついたことらしい。

個人的には、「モノを大切にする」気持ちも一緒に育つ良い機会になるんじゃないかと。販売は未定のようだけど、これからも世界に必要とされる子ども服のデザインを考えていくとRyanは断言してます。

Licensed material used with permission by Ryan Mario Yasin, @petit.pl, @ryanmarioyasin
子どもの成長はとにかく早い。すぐに服のサイズが合わなくなっちゃうから、ほとんど使い捨て状態になってしまうことも…。だからと言ってそのたびに買い換えるのはお...
ニューヨークに住んでいた時思ったのが、おしゃれな女性が多いということ。ベーシックなアイテムでも、なぜかかっこいい。どうしてかな?と観察していて「その人の身...
アメリカでは約2,000万人の女性が摂食障害に苦しんでいて、女性の約200人に1人が拒食症、100人に1人が過食症だと言われています。摂食障害の治療は道の...
この記事の主人公Deena Shoemakerさんは、地元カンザス州で10代の女の子たちのカウンセラーとして働く女性。彼女の元を訪れるティーンガールたちの...
子どもの成長は早い。靴のサイズはすぐに合わなくなります。そのため、新しい1足を買う余裕のない途上国の子どもたちは、フィットしていないものを無理やり履き続け...
新しい服を買うのは、いつだって心躍るもの。でも、古くなった服についても少しだけ思いを馳せて身ませんか?もうそんなに着ることはないけれど、捨てるのはもったい...
男の子=電車やロケット、女の子=花柄やハート。色でいえばブルーにピンク。大人のもの以上に、子供服にはこれら定着したイメージが、今も色濃く反映されています。...
間もなく到来する年末セール。試着室は順番待ちで長蛇の列…。そんな場面でこそ、ゼッタイ役立つライフハックをビエボ動画より紹介します。こういうのって知っておく...
もし、服が自分の感情を表現してくれたなら…。それを実現させたのが、スマートコミュニケーションウェアの「ACT」だ。この服は、特殊な電子回路を搭載。抱き合っ...
香りって不思議なもので、ただ嗅ぐだけで心が落ち着いたり、疲れを癒してくれるなどのリラックス効果をもたらしてくれます。1日の始まりや終わりにお気に入りの香り...
足の裏が“第二の心臓”と言われるのは、心臓から送り出された血液がカラダを巡り、また心臓へと戻るための循環ポンプの役割を担っているから。カラダの各機関に直結...
ファッションは自分を主張するツールのひとつ。けれど、どうして病院のガウン(病衣)は、みな一様に同じ色、同じかたちのものなのか?大人だったら、こんなこと考え...
アメリカを旅して以来、キャンピングトレーラーに憧れている。初めてトレーラー内部に入った時の衝撃は忘れられない。キッチンやテーブルだけでなくトイレやシャワー...
ドローンの選択肢は急増中。種類がたくさんあるのは嬉しいのですが、ちょうどいいモノを見つけるのがなかなか難しいところ。いくつか欲しい機能がありますよね。たと...
Cath Witten氏は、子どもを産まない人生を選択した女性のひとりです。しかし、ときおり心が傷むような言葉をかけられることがあるとElephant J...
スマホに付いているであろう機能を、ごっそりとカットしたモバイルがコレ。まずはその見た目を確認してみましょう。Kindleと同じe-inkスクリーンでできて...
今日のエンターテインメント分野に、浸透した感のあるバーチャルリアリティ(VR)。その革新的な技術を活かし、小児病院の子どもたちに“リアル”を体験させた動画...
所々焼けて白んでいたり、黒く煤けていたりする。その傷跡ひとつひとつが、炎に立ち向かっていった勲章。たくさんの命を救ってきた服が現場での役目を終えたあと、カ...
エネルギッシュで魅力的な女性たちの代表的な「おしゃれ着」といえば黒い服。ライターBrianna Wiest氏の主張はこうです。他人にペースを乱されることな...
「お母さんならみんな泣いちゃう」「自分だけじゃないんだと、共感して泣きました」世のママたちからそんなコメントを寄せられる“ある動画”が、大きな話題になって...