この「当たり前」さえできていれば、恋愛はこじれない。

ラブラブな夫婦生活をおくるライターAnjali Sareen Nowakowskiからのアドバイス。読めばやっぱり、単なる“おのろけ”。ところが、まんざらでもなく思えてしまうのは、彼女が挙げたシンプルな8つの要素が、意外と行動に移せていないものだったから。

少しの努力で、いまの恋愛に進展があるかもしれませんよ。「Elite Daily」で人気のコンテンツです。

59bbf126a6be9b796f6be61b6994738fdb4f02da

旦那は私にとって大親友であるうえ、いままでキスをし、肌で触れ、やらしいことをしてきた人の中で一番セクシーな男性だと思っています。だからベッドにいるときもいないときも、二人はつねに一緒。いまのパートナーに惹かれ続けるためのアドバイスなら私に任せて。

運命の人に出会うのは最高のこと。ですが、だからといって夢のような毎日が送れるとは限りません。風邪を引いてスウェット姿の日が続くこともあるでしょうし、忙しいスケジュールからセックスの時間がなかなか割けない日もくるはずです。

だからお互いに惹かれ続けるためには、毎日の努力が欠かせないのです。これから記すことは、私たちが自然と行動に移せているものばかり。長く付き合っているカップルほど、意識して欲しいことを紹介していきますね。

01.
自分を大事にする

810c5eeab1fd549d37ae1fd059755c2b7ab9973f

「パートナーのためにも自分を大事にしよう」なんて、1950年代の雑誌に綴られている恋愛アドバイスのよう…こう思うかもしれません。でも恋愛とは、じつはふたりでいるときだけが戦いどきではないので、意外とこれは適切なアドバイスなのかも。

それに恋愛云々抜きにしても、自分のことは大事にするべき。運動をしたり、ちゃんと食事や睡眠をとったり。しあわせでいるためにも、健康に気を配ることは忘れてはいけないこと。

あなたがしあわせで健康でさえいれば、関係も上手くいきますし、セックスもよくなりますよ。

02.
「会いたい」と思えるように
適当な距離をおく

健康的な関係を保つためには、たくさん一緒に時間を過ごさないと…なんて思うカップルが多いようですが、これはただの仮説。

一緒にいるのももちろん大事ですが、離れている時間を持つこともとても大切。熱が冷めないためには、適当な距離と個々のスペースがあることが必須です。なんていったって、この点について書かれた本が山のようにあるわけですし。

私も結婚生活には、自分のスペースや距離、あとはほんのちょっぴりミステリーを求めます。メガネにパジャマにスウェット…なんてだらしない格好を見ている結婚相手としてではなく、彼を他人として客観視できると、セックスだってよりヒートアップしちゃうんですから。

03.
官能的なメッセージを送ってみる

Cb84bbcb9ed5e82fcb28aacbae77ecb7d6ea3e53

なにも、毎回ヌード写真の送り合いっこじゃなくたってOK。(でも、それがしたいのなら全くもって止めません)ただ私が推したいのは、相手をドキドキさせるようなメッセージ。私のお気に入りをいくつかシェアしましょう。

「待てない」ことを匂わすメッセージ:
たとえば、「早く服を脱がしてあげたい」「早くあなたと週末を一緒に過ごしたい」「早く会ってキスしたい」など。特に込み入ったことじゃなくていいんです。ショート・スイート・セクシーの3つを網羅できていれば完璧。

思い出を掘り起こすメッセージ:
これは、「あのときは…」で始まるメッセージ。とくに色っぽい思い出を掘り起こしてみましょう。たとえば激しい一夜や最高の夜について。するとその体験をもう一度頭の中で楽しむことができるでしょう?

何かを仮定したメッセージ:
「今週末ビーチでセックスなんてどう?」「熱い夜が過ごせるカップルロッジに出掛けるのは?」パートナーが興奮するような内容なら何だってOK。

送る必要はないものの、ふたりの愛を温めておくためには最適なツール。私もいつも旦那に送ってますよ。

04.
セックス以外の要素も
大切にする

恋愛とはセックスありきですが、ベッドにいない間も相手に惹かれているかどうかが大切。このロマンスの要素を生かすためには、パートナーに優しくしてあげたり、ハッピーな気持ちにさせてあげたり、彼らにとって大事なことを覚えておいてあげたりすることです。

つまりは、付き合いたての頃の気持ちを忘れないこと。「長く付き合っている=努力しなくていい」ではありません。旦那とデートに出掛けると、彼は私と一緒にいられるのが夢みたい、なんてのろけて、毎回初デートのような気分にさせてくれます。

その発言ひとつでも、十分ロマンスの火付けになるのです。

05.
相手を口説く

旦那は、私がどこにもいかないことを確信していると思います。(だって私の旦那はイケメンだし、私たちは結婚しているし、私はいつだって彼を求めちゃうから…わかりやすいのかも)そしてあなたもパートナーがどこにもいかないことを確信しているでしょう。

それでも相手を口説くのです。私もよくやりますが、キッチンで「こんなに格好いい人がこんなところで何をしてるの?」なんて言ったり。混み合った部屋にいるときはパートナーにエロい視線を送ったり。このように相手への愛を示すのも楽しいもの。

06.
いいところを見つけたら
すぐ褒める

27bc5c8995e4deeec2d348478109b34eaf3900dd

「きょうのあなた、素敵」など。褒め言葉とはシンプルだけど、相手がいい気になるうえ、あなたにもっと惚れ込んでくれる魔法の言葉。

私は旦那と一緒になれて溢れんばかりの幸せを感じているから、つねに彼を褒めちゃいます。ときには着ているものを褒めてあげたり。ときには、玄関から見送るときに、「あなたハンサムよ」なんて言ってみたり。

一方で彼は、私が新しいドレスを身につけたときでも、ボサボサの髪が顔を覆っていても、「今まで出会った人の中で最もゴージャスでセクシー」なんて言ってくれます。

07.
どんなに些細なことでも
感謝を伝えることを忘れない

これは基本的にベッドの外で取り組むべき点ですが、夜の営み中でも応用できます。それは、彼らが関係に注ぐ努力に感謝をすること。

どれだけ小さいことでも、感謝をすること。今の関係に感謝することは、最高な関係を保てている証拠。彼に最高のパートナーであることを知ってもらいましょう。

私たち夫婦は、お互いに感謝しすぎているかもしれません。でもそれがあるからこそ、愛が冷めないのかも。

08.
一緒に新しいことにチャレンジする

83f22cac0eab4c4a1adf8c166899b763a6268c74

大事なパートナーと新しいことにチャレンジすると、お互いへの愛はより深まるでしょう。旅に出るでも、新たなアクティビティに挑戦してみるでもOK。新鮮味のあるものに足を踏み入れておくと、創造力も活性化され、ひょっとしたらベッドでもその効果に期待できちゃうかも。

旦那とはいつも新しいことをしようと心掛けています。オープンしたばかりのレストランに行ってみたり、見たことのないEDMアーティストが出演するレイヴに出掛けてみたり。いつも一緒に冒険しているせいか、愛情は自然と深まっていくばかりなんです。

誰かと長く付き合うことは素敵なことですが、努力することは絶対にやめてはならないこと。私が記した8つのことが網羅できていれば、きっと愛は燃え続けてくれるはず。

Licensed material used with permission by Elite Daily
本当は離れたくないのに、仕事や家庭の事情で遠距離恋愛を余儀なくされている人は少なくありません。会いたいときに会えないうえ、ほかの人へ心変わりされてしまうか...
結婚したら恋愛は終わり?いつまでも関係が冷めずに恋人同士のような夫婦になる秘訣を「Power of Positivity」が紹介しています。大切なことはた...
「World Life Style」より紹介する、ライターVicki Santillano氏この記事は、タイトルにもある通り、結婚を考えているふたりに是非...
遠距離恋愛になれば、相手の近くにいられた今までと違い、簡単に連絡を取ることができないため、不安な方もいらっしゃるかもしれません。メール頻度はどのくらいがい...
しあわせな恋人同士が次に目指すのは、やはりしあわせな「結婚」でしょうか。でも残念ながら、結婚したカップルのすべてがHAPPYじゃないのも現実。もともとは他...
一生に一度の結婚式は、一番きれいな姿を写真に残したい。結婚式で写真を撮ってもらうのも今では当たり前になりましたが、ひと昔前の様子は違うものでした。高校時代...
結婚は、人生でとても大事な節目。すでに結婚しているカップルならば、いくつか誓いごとをしたはずです。そんな「結婚式で本来誓うべきこと」をMichelle H...
ペンシルベニア州に暮らすIanさんとLarissaさんMurphy夫妻。夫のIanさんは、交通事故の影響で脳に重い障がいを抱えています。この動画は、献身的...
中距離恋愛では、なんとか日帰りで会える距離にお互いがいるけれど、移動に数時間かかるため頻繁に会うことができず、様々な悩みはつきものです。遠距離恋愛ほどのド...
お見合いによる結婚から7年の月日が過ぎたという、ライターSurabhi Surendra氏。「あまりポジティブなイメージはないかもしれないけれど、信じられ...
うまくいかなそうとか、距離には勝てない等、ネガティブなイメージの遠距離恋愛。ですが、実は遠距離中の恋人同士は、いつでも会えるカップルに比べて、心のつながり...
結婚願望があまり強くない男性が増えてきている昨今。10歳以上も年下の彼氏と付き合っているならなおさらですよね。とはいえ、いつまでも年下の彼氏に結婚を先延ば...
「Thought Catalog」のライターJames S. Fell氏は結婚26年目。その大ベテランの彼曰く、離婚率が高くなった現代社会において、25年...
これは、すべての夫婦、または夫婦になろうとしているカップルが知っておくべき内容かもしれません。米メディア「Your Tango」に関わる、恋愛や夫婦関係の...
「reddit」のスレッドには、多くの男性が奥さんとのなれそめを投稿しています。それらをまとめた「WorldLifestyle」Linda Barsi氏の...
「そしてふたりは、いつまでも幸せに暮らしました」と結ばれる、おとぎ話。そんな風に幸せになりたい、とは思っていても、実現するのはそう簡単ではありませんよね。...
結婚までに知っておきたいお金についてのあれこれ。ここでは、家計、社会保険料、年金についてのご紹介。シングル、共働きカップル、片働きカップルの3タイプに分け...
結婚式から数年、穏やかなのはいいけれど、ふたりの関係はなんだかマンネリ気味。もう一度、結婚当初の新鮮味や情熱が戻ったらなぁ、なんて思っているカップルは、意...
誰かを好きになって、その人と共に生きていくことは、幸せながらもとても難しいものです。恋愛はいくつになってもわからないことばかりだからこそ、いつも新しい発見...
「YourTango」の女性ライター、Liz Pardue-Shultzさんが綴った自身の結婚についての経験談が、話題を集めています。以下に彼女のコラムを...