人と違うのは「個性」と教えてくれた母のために、多様性を撮り続ける男性

異なる人種の人たちを写真に撮り、それぞれの美しさを伝えられる本を出版したい、というChesterfield Hectorさん。正直に言ってしまえば、多様性を表現するために写真を撮ったり、作品をつくるアーティストは数多くいます。

それでも彼に注目したいのは、「何を撮るのか」ではなく「なぜ撮るのか」が多くの人の心を動かすから。彼の場合、その原動力は母親の死

亡くなった母の「誇り」でありたい

84660d87f6b2b331fc71941b36dad8b0c7d41993

フォトグラファーとしての始まりは、彼の生い立ちに関係しています。家族のみんなが違う肌の色をしていたことから、彼は人と違うことを個性として受け入れることができていたようです。また、その肌に「美」を見出していたのも事実。

それぞれの人が持つ、固有の美しさを伝えようという考えを行動に移したのは2012年のこと。しかし、「想像以上の苦労に耐えきれなくて中途半端になってしまった」、と振り返るChesterfieldさん。

そんな心の葛藤にピリオドをうつ出来事が。最愛の母の死でした。

429717d199a74aa020cc025ee618e22a23740153

Chesterfieldさんの母が亡くなったのは2016年8月。予想もしていなかった突然の死に、自暴自棄になったそうです。明けても暮れても頭に思い浮かぶのは、母のことばかり。

悲しみにくれる日々を過ごしていくうちに、彼の心の中に「お母さんなら夢を追うことを応援してくれる」という想いが。

人生は短い。
今やりたいことが将来できるとは限らない。
時間を無駄にしている暇はない。

Chesterfieldさんは、持てる限りの力をプロジェクトに注ぎ込むことを決意しました。全ては天国にいる母に自分のことを誇りに思ってもらうために──。

8bff90f0c02cbe1f43158f88f5f8925166299ad64b2e3ae6deec47bda498b8af59113cf300044c588b23cea89f9b05a0a8d12285e36fb7bdad727a64F9e622142f304256bb5a0fa0de8cbbde627ce78f54b8a2a1f78cb4d4ef7be449a9fd21b0811ff2368ec5efba38ad4b073cd9082d5aa1309b9d6b9234Eec9d82b256c1804eca61b55dc1fb3ad43c1172f

母親の死から約1年。Chesterfieldさんは、すでに34ヶ国の“肌色”を撮影しているそうです。

Licensed material used with permission by Chesterfield Hector
James Friedmanさんは、30年以上にわたり母親の写真を撮り続けたフォトグラファー。でもそれは、愛のこもった温かな写真なんかじゃなかった。Pho...
世界を旅するルーマニア人フォトグラファーMihaela Noroc氏は、バックパックとカメラを手に、これまで60以上の国を訪れているのだそう。滞在先で切り...
SNSでよく目にする、キュートなペットの写真。なかでもInstagramでは、愛犬の写真を毎日アップしているユーザーをたくさん見かける。フォロワーが250...
1980年代後半のアメリカで生まれた「イスラモフォビア」。日本語に訳せばイスラム恐怖症。宗教自体に、それを信仰する人々に対して嫌悪感を示す偏見のこと。この...
「人の絵文字の肌の色が一色なのはおかしい!」との声に、ついにAppleが応えました。開発者向けに配布が始まったiOS 8.3 beta2では、従来の絵文字...
2015年以来、女性の美の基準が変わり始めている。その代表例が「プラスサイズ」。すべての女性の体型を公平に扱おうという動きは、欧米のアパレル業界やメディア...
大都市、ニューヨーク。もちろん誰もが知る街だし、周りを見渡せば詳しい友人のひとりやふたり、いるかもしれません。でも、実際に訪れたことはありますか?一体どん...
オーガズムに達するのは、とても解放的で、とてもプライベートな瞬間。もしもその一瞬を、写真で捉えたら…。フォトグラファーのAlina Oswaldさんが「M...
7月8日に開催された欧州最大のLGBTのパレードとも言われるロンドン・プライド・パレード。7月20日に行われた組織調査によると、マイノリティ人種のLGBT...
犬は、人間よりも早く歳をとるもの。だから歳を重ねる毎に、なるべく長生きして欲しいと祈りつつも、覚悟はしておかなければならないと自分に言い聞かせる。犬と一緒...
この写真を見た時に、祖父母と過ごした日々を思い出しました。そして、愛情をもって自分たちの経験や考えを話してくれたことに改めて感謝したい気持ちになったのです...
写真集『脱いでみた。』を、先日発売したばかりのフォトグラファー・花盛友里さん。そこに写っているのは、ヌードなのにおしゃれでかわいい、自然体の女子たち。そん...
部屋一面に、無数の人が並んでいる。コーヒー片手に歩く人、写真を撮っている旅行者、犬の散歩をしている人…。サイズは、大小さまざまだ。これは、ロンドン在住のア...
Nancy Borowickさんの両親は同時にガンを患った。すでに離れた臓器にも転移が進行しているステージ4の状態。写真家であった彼女は二人が亡くなるまで...
  001.「てっちゃん、南極行かない?」 今月2014年5/1号『BRUTUS』の表紙は、伊藤さんが南極で撮影された写真なんですよね。素敵な写真ばかりで...
「birthmark(バースマーク)」という言葉を聞いたことありますか?これは生まれつきある、アザのような皮膚のこと。顔の目立つ部位にできることも多く、悩...
写真はときに、言葉以上のストーリーを私たちに伝えてくれます。ある写真家は、亡くなった夫を写真の中に呼び戻し、実現しなかった家族写真をつくりました。ステファ...
リベリア出身で、LAを拠点に活動する黒人モデルDeddeh Howardさんは、モデル産業のなかに「多様性」が欠けているということを憂いていました。街で見...
1961年、ユーリイ・ガガーリンが人類初の有人宇宙飛行士として、宇宙に飛び立ってから56年の月日が流れた。「地球は青かった…」宇宙からの帰還を果たしたガガ...
つらい経験をした時、病気になってしまった時、人には支えとなるものが必要です。うつ病に苦しんでいたフォトグラファーのDanielle Harkさんにとって、...