一流の「減塩習慣」を身につけるために。健康力の養い方。

「予防医学」の観点から長い生涯を快適に過ごすために、医学的根拠に裏付けられた健康力を養う秘訣を紹介する書籍『「健康力」に差がつく 一流、二流、三流の選択』(幻冬舎)。

消化器内視鏡専門医の著者・平島徹朗さんは、生きていくうえで大切にしなければならない「生活習慣」をおそろ坂にしている人が多いことを指摘します。健康への意識が低い人を三流、正しい知識を持って自分の生活習慣を整えている人を一流とし、病気や体調不良にならないカラダづくりについて紹介しています。

ここでは、そのひとつ。「塩分のとり方」を見ていきましょう。

ラーメンは汁まで完食
塩分のとり過ぎがもたらすもの

40代男性のAさんは今年の健康診断で初期の高血圧であるとわかり、医師から塩分を控えるように指導を受けました。

Aさんの場合、塩分の摂りすぎといわれて思い当たる節はありました。ランチで週3回以上ラーメンを食べており、汁まで全部飲むのが習慣だったそうです。塩分の多い麺類の汁は残すように指導されましたが、「もったいないし、食べた気がしない」となかなか習慣を変えられずにいます。

高血圧の原因だけではなく
胃がんのリスクも向上させる

565b15920dd398687b1d247bbf58ecdd8dfd3044

Aさんのように糖質や塩分の多いラーメンを常食しているという人は三流です。

ただ私がここで言いたいのは、ラーメンを食べてはいけないということではありません。ふだん健康に留意して節制している人も、たまにはお楽しみでラーメンを食べる日があってもいいと思います。大事なのは「なぜ塩分を控える必要があるのか」を理解して、食べる回数などを調整できるようになることなのです。

塩分というと、一般には「血圧を上昇させ、高血圧の原因になる」ことが知られています。高血圧になると血管が硬くなったり、もろくなったりする動脈硬化が急速に進みます。やがて脳卒中や心筋梗塞といった命にかかわる病気につながる可能性もあるため、医師からは塩分を控えるように指導されます。

少々血圧が高いくらいでは自覚症状もないために油断して、結果的に食生活を改善できない人も少なくありません。

しかし、塩分が原因で引き起こされる病気は、高血圧や動脈硬化だけに留まりません。塩分の過剰摂取は胃がんのリスクも上昇させることをご存知でしょうか?

塩分の摂取量と胃がんの発症率には相対関係があります。日本国内でも、東北地方や北陸などの日本海側の地域は胃がんの発症率が高い傾向にあります。これらの地域は、歴史的に漬物や塩蔵品などで塩分を多く摂る習慣があるのです。

現在、日本人は塩分を1日平均10~12グラムほど摂取しているといわれますが、胃がん予防には、塩分摂取を、男性は1日8グラム、女性は7グラム未満にすることが推奨されています。ラーメンは1杯で4~6グラムもの塩分を含みますので、それらを控えるだけでもかなりの減塩が可能です。自分はAさんタイプだという人は、胃がん防止のためにも、ぜひ食べ方や回数を見直してみましょう。

効果的な減塩方法

Ea60d4bf91ff31cf8b95cae0ace6a88ddf75ce61

どんな食品に塩分が多く含まれているか一度把握してしまえば、1日数グラムの塩分カットは難しくありません。塩分が多い食品は食べる回数を減らすほか、市販の加工食品については食品表示の塩分量をよく確認して選ぶようにすれば一流の減塩習慣が身につきます。

食品の成分表示が「ナトリウム」となっているときは、ナトリウム値に2.54をかければ、塩分量になります。

私(著者)がおすすめするのは、家庭で使う調味料を「減塩味噌」や「減塩醤油」に変えることです。そうすれば調味料の使い方を変えなくても、効果的に減塩ができます。

【ポイント】

一流の選択をするなら……

加工食品の塩分に注意

調味料は「減塩」製品に変える

体型維持のため、あるいは落ちない脂肪と格闘して、ダイエットの理由は人それぞれ。そして、その方法もまたさまざま。正しいダイエット法なんて、本当に存在するので...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
筋トレをしている割に、一向に筋肉量が増えてこない。こう感じたことはありませんか?じつはこれ、効果的でない方法でトレーニングをしている証拠。医学的な根拠に基...
一日のコンディションを整えるためには、睡眠の質を上げる必要があります。こうは言ってみたところで、何をどうすればその質は向上する?医師の平島徹朗さんは、著書...
一家に一台クルマがあり、電車やバスでどこにでも行ける時代かもしれませんが、こうした効率重視の現代社会が、走る必要のないライフスタイルを作り上げています。理...
ファーストクラスでお目にかかった方々が皆さん一流だったかというと、残念ながらそうとは言えません。その違いはなにか?拙著『一流になれる人、なれない人の見分け...
医学博士のAmy Shah氏は、「mindbodygreen」で、こう断言しています。「健康やダイエットにルールなんてない!」と。カロリー制限やハードな運...
「今年こそは!」と思っていたはずなのに、気がつけばもう2016年も残りあと2ヶ月と少し。平日は仕事、オフは家族との時間も必要なビジネスパーソンは、忙しい毎...
運動不足やダイエットは関心度が高い要素。ここで紹介する「Elite Daily」の記事でも、歩こう!とか、酒を呑まないように!と書かれています。でも、もっ...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
「Mayo Clinic Proceedings」が発表した報告によると、健康的な生活を送っているアメリカ人は、3%にも満たないのだとか。実際、新年に立て...
生活の中で当たり前に使用している日用品は、自分の性格や癖、さらには健康にまで影響する可能性がある。と説くのは「Collective-Evolution」ラ...
最新のスマートデバイスと「健康」には深い関係性がある。流行りのウェアラブルと言えば、走った距離や道のりどころか心拍数や消費したカロリーまで管理可能。中には...
少し涼しくなってきたけど、なんだか体がだるい、まだ冷房に依存している、なんて人も多いはず。でも、エアコンの使いすぎは考えものです。アメリカの人気メディア「...
普段あまり気にしていないかもしれませんが、尿の色って様々な健康状態を表しているもの。「AsapSCIENCE」の動画では、様々な環境によっても変わる色とそ...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
「もしも一つだけ願いが叶うとしたら?」これは、ある社会実験で使われた質問です。壁で区切られた部屋に二人が座り、同じ質問に答えてもらいます。お互いにどういう...
「一流」と呼ばれる人たちは、私たちとは根本的な何かが違うのでしょうか。実は、当たり前のことを続けているだけなのです。ここでは、誰でもできる、チャンスを引き...
定期的にサウナに入る人は、突然死する確率が60%も下がる。そんな研究結果が発表されました。実験は、フィンランド式サウナに入った回数、時間などを週ごとに報告...
私たちは、健康診断を受けたりサプリメント薬を摂取することで、元気な体を保とうとします。けれど、生活習慣を改めない限りは、真の健康を維持することもできません...