ある父の「威厳」に4.2万シェア。娘の彼氏との関わりかた。

ちゃんとした職に就いている。ある程度の常識がある。身なりがきちんとしている…。

口にこそ出さないけれど、「愛しい娘にふさわしい相手であって欲しい」、そんな想いで娘の恋人を見ている父親だっているはずです。でも、当然ながら価値観の違いだってある。前述の条件なんか、時代によっても捉えかたはガラッと変わるわけで。

子どもの考えも受け入れられないような器の小さい親にはなりたくない。娘の意見を尊重できる、この記事の主人公J. Warren Welchさんのような父親になりたい、と僕も思うわけで。

娘たちとデートするのに必要なこと

I ain't raisin' no princesses.

J. Warren Welchさんの投稿 2017年9月3日

俺の顔色を伺うんじゃなくて、本人たちに確認してほしい。誰かと付き合うときに、いちいちアドバイスを求めるような、何もできない女性に育てたつもりはない。でも、リスペクトは必要だ。じゃないと、彼女たちが別れを決断するかもしれないから。まあ、頑張れよ。

子どもの意見を尊重する
理想の「父親像」

父としての威厳をにじませるこの投稿、Facebookでじつに4万2,000以上もシェアされるほど、多くの人の心に響いたようです。娘を持つ父親からも、そして娘世代からも。

そもそも、なぜWelchさんの投稿が有名になったのかというと、アメリカではしばしば父親が娘の恋愛に対して、過剰な口出しをすることがあるから(日本でも同じような状況があるかもしれませんが…)。さらに、フェニミズムを支持する人がたくさんいるという現状も影響しているでしょう。

だからこそ、娘たちの自由を認め、意見を尊重するWelchさんの言葉をリスペクトしたくなるんじゃないでしょうか。

Licensed material used with permission by J. Warren Welch
どんな父親だって、カワイイ娘の幸せを一番に考えますよね。その大事な娘が「幸せ」を掴むために、父親ができるちょっとした手助けを編集者のトム・バーンズさんが紹...
明日は「父の日」。でも、僕にはもう父親はいません。6年前に他界したからです。毎年どんな風に過ごそうかと悩んでいましたが、「Elite Daily」の女性ラ...
Jamesさんは四児の父。それぞれ6歳、4歳、2歳、1歳の四人の娘さん、それに奥さんと一匹の犬、一匹の豚と一緒に暮らしています。そんなJamesさんがツイ...
英語で男親を意味する“Father”と“Dad”。父親、パパ、お父さん…意訳すれば何かは当てはまりそうですが、ライターKathy Shimmield氏に言...
「toyotajpchannel」で公開されるやいなや、大きな話題となった動画をご紹介。これは、世界中の父娘へ贈る「愛の物語」です。父の視点と、娘の視点。...
いま、アメリカで話題を呼んでいる父と息子の一幕。結婚を決意した息子が、父にその報告をする。たったそれだけのやり取りですが、きっとあなたの心は動くはず!息子...
先日、アメリカで、レズビアンカップルの2人が同時期に出産をしました。今の時代ではありそうなことだけど、多くのメディアに報道されるのは、ゲイカップルの父親同...
日本のお母さんたちは、お弁当のごはんの上に海苔でメッセージを書きますが、アメリカのお母さんたちはランチボックスに添えるナプキンに子供へのメッセージを書くよ...
これから紹介する90秒のアニメーションは、マルコメ株式会社のTVCM「料亭の味 カップみそ汁 夜食篇」。素直になれない受験生の娘と不器用に娘を思いやる父の...
・このダンスには、愛が詰まっている。僕には5歳の娘がいるけれど、すぐに練習を始めるよ。・最高!こんなことが一緒にできるパパが欲しい!・パパから目が離せない...
ピンク色で連想するのは女性?それとも男性?1900年代初頭まで、「ピンク」は赤の一種とされていて、火やエネルギーを表し、男性と繋がりが強い色だったそうです...
ママが出張で、パパと娘がお留守番。そう聞いて、そこはかとなく不安が漂ってしまうのは、どこの国でも同じなようです。とあるロシア人の父娘は「ママ、こっちは大丈...
2014年の4月に父親が、ステージ4の肺癌末期であることを医師から告げられた写真家のShin Noguchi。彼の人生で初めて、「父の知らない父の秘密」自...
「グレート・ギャッツビー」で知られるアメリカの小説家、F・スコット・フィッツジェラルドは非常に多くの手紙を残しています。その中でも紹介したいのは、ショーン...
「家族」──という意味を、もう一度考え直してみたくなる。父と娘、祖母と孫、兄弟姉妹、なかには写っているのが2人の人物とは信じられないものも。受け継いだ遺伝...
離婚をしてしまったら、結婚していたふたりは他人同士にならざるを得ません。でも子どもにとっては、ふたりがいつまでも自分の親であることに変わりはないのです。子...
誰にだって、生きていればどうしようもなく落ち込む瞬間が訪れます。そのなかでも最もつらい経験のひとつが「身内の死」かも知れません。ここで紹介するのは、大学時...
「なあRima、頼むから踊ってくれよ。せっかく撮影しているんだから。さあ、パパのためだと思って。恥ずかしがってないで、さあ!」カメラを手に、こう娘にはっぱ...
いじめなどの苦難を乗り越えながら、娘が男として新たな人生を歩もうとする姿を見て、長い間向き合っていなかった“本当の自分”になろうと決心した母親のErica...
子どものころに、よくお父さんに言われていた言葉はなんですか?そのときは意味がわからなかったけど、20代で社会に出てからその重みを知ることってありますよね。...