絶望と希望が混ざり合う、「心の病」を患った母親たちの未来。

出産を経験したことのない私。母となった友人たちの話を聞いて頷くことはできても、本当の大変さを理解することは、どうしたってできない。

写真家のFarah Hughesが撮影するのは、「産後うつ」になってからも子育てを続ける女性たちのポートレイト。彼女たちの姿から心の闇が見えるものの、どこかで「希望」を感じてしまう。

苦悩しながらも「未来」へ進む

D0599f1b384683d48c3a434378e48a3abaa0f3f10d108fb28d03307eeb130397aa965a9aa7912c64990cecbffc3482e21c9745f46c207e60eaf7dea2663141756c301182814619482e10a8c95686a18b6622d5d6c4e80998cb4f5186705a049545d35879C682066f2eef00e060b208c0f1c3578e8fa682f7F6b9b4648f7128b9f4913749bf68958598943e3dB7d7eba72384ad8d3027afece03b778e1a57085aDc30267b0453613649e69e344b0dc47123c9f011D3f62ceee1a56a5cf079b6558ea0df2447c59dc3

ポートレイトを撮影したのは、ただ「辛さ」を理解してもらうためのものじゃない。Farahが本当に伝えたいのは、心の病になっても暗闇から脱出できるということ。娘を産んでから3年もの間、産後うつに苦しみ続けた彼女が、母親たちに救いの手を差し伸べようと考えたのがこの「Sour Milk」プロジェクト。

無限の可能性を秘める子どもたちと同じように、母親にだって未来はある。

Licensed material used with permission by Farah Hughes
もうすぐ母の日。世間ではさまざまなキャンペーンやCMがあふれる時期ですが、一風変わったこんな動画はいかがでしょう。病気と闘う幼い子供たちをサポートする、カ...
カメラの前で、キュートな笑顔を咲かせている「ふたりの赤ちゃん」。パッと見だと似ていませんが、イリノイ州で生まれた双子の女の子で、初めて迎える誕生日の記念に...
誰だって、つらい経験をし、自分の人生に絶望してしまいそうになることがあります。しかし、どんなにつらいことでもいずれ終わりが来ます。そして私たちは、そこから...
霧に包まれた暗いジャングルを旅する人。神秘的な感じもする世界は、「うつ病」と戦うために生まれたものなんです。ポーランドを拠点に活動するアーティストのDaw...
アーティストのフェデリコ・バビーナさんが公開した「Archiatric」という新しいプロジェクト。これは、心配性やうつ症状などの心の病気を、それぞれ異なっ...
英語で「I have butterflies in my stomach=お腹に蝶々がいる」は、緊張している状態を指す。自らをフォトアーティストと呼び、ニ...
「Elite Daily」に母親と喧嘩することなく、恋愛相談をする方法が掲載されていた。読んでみると自分よりもずっと愛を知っている、一人の女性としてのアド...
つらい経験をした時、病気になってしまった時、人には支えとなるものが必要です。うつ病に苦しんでいたフォトグラファーのDanielle Harkさんにとって、...
「母親とその子供は、他にはない関係にある。両者の絆ほど強いものは、この世界のどこにもなく、その愛ほど瞬間的で慈悲深いものは、他に1つも存在しない」― ゲイ...
これまで3,000人の糖負荷検査を行ってきた医師の溝口徹さんは、20年に渡って「うつ」や「パニック障害」など精神疾患の治療にあたってきた人物。近著『「血糖...
体と同じように、心だって風邪を引くことがあります。「Elite Daily」の人気女性ライターGigi Enagaleさんは、自身がうつ病で苦しんだときの...
現代社会は闇だとか、生きづらいとか。そんな批判をすることもできますが、だからこそ面白いこともきっとあるはず。Francesco Bongiorniさんが今...
待望の赤ちゃんが産まれしあわせな日々、のはずなのに突然涙がでたり、訳もなく気分が落ち込む。いわゆる「マタニティーブルー」は、慣れない育児による疲れだけでな...
かわいい笑顔を見せてくれるのは、米ユタ州に住むGianessa Wrideちゃん。まだ、7歳の彼女は、今年のはじめに「脱毛症」と診断されました。その影響に...
「心の病」でありながらも、タブー視されがちなメンタルヘルス。メンタルヘルスをもっと世間に知ってもらおうと、自ら鬱や不安症と戦っている有名人たちの経験談を紹...
James Friedmanさんは、30年以上にわたり母親の写真を撮り続けたフォトグラファー。でもそれは、愛のこもった温かな写真なんかじゃなかった。Pho...
Tricia J. Belstraの愛する息子さんが自殺したのは、今年の8月12日のこと。乗っていた飛行機で声をかけられた名前も知らないCAの男性に、紙ナ...
生きている限り、どうしても避けることのできない不遇に見舞われることがあります。自身の努力では到底太刀打ちできない事象に出会ったとき、どのようにして乗り越え...
「言葉は人の生き方を決める」。そう語るのは、ノーベル生物学・医学賞を受賞した大村智さん。彼は周りから「メモ魔」と言われるほど、本やテレビを見ていて感銘を受...
「自分」のアイデンティティが生まれる上で、とても重要な役割を担うのは、母親の存在。Robyn Reischさんが「I Heart Intelligence...