食パンとロールパンだけで行列をつくる。老舗ベーカリー「ペリカン」が教えてくれること。

「もし、自分に10の力があるのなら、それで100のものをつくるよりも、1つのものをつくる」

シンプルで潔ぎよい。竹を割ったような哲学だ。それを有言実行するのは、東京・浅草にある老舗パン屋「ペリカン」だ。食パンとロールパン。たった2種類だけを作り続ける経営方針は、ずっと変わらない。それでも、焼きあがったパンを求めて多くの人たちが列をなす。

『74歳のペリカンはパンを売る。』は、ものづくりに共通する、普遍的なことや大切にすべき「何か」が、たっぷりとつまったドキュメンタリー映画だ。

多様性よりも、希少性

E694fb8b69ceb3f0a7fa6f3a7b54df3c963b260c

現代は、多様性のあることが求められる。商売であれば、様々な種類のモノを幅広く取り扱う方が自然の流れのようだ。しかし、ペリカンは、その真逆の発想であえて商品数を絞り、その希少性を強みにした。結果、東京に星の数ほどあるパン店との差別化に成功したのだ。

浅草という土地柄なのか、お客さんは2世代、3世代と続くパターンが多いようだ。多くのファンを獲得してきた背景には、どんなに時代が変わっても変わらない味にある。飽きのこないスタンダードなパンは、「白いごはんのような存在」というコメントにペリカンの底力を見た気がした。

人から人へ伝わる哲学 

12d0be2afba859f921bde10aceb7a7ab60f7b587

本作品に登場するペリカンの店長は、四代目・渡辺睦さん。1987年生まれの20代の若者が、74年も続く老舗パン屋を切り盛りしている。このギャップに惹かれたプロデューサーと監督がペリカンへ打診。この映画が生まれるきっかけとなった。

石原弘之プロデューサーは、「ペリカンで売られているのものは、単純にパンではなく、ペリカンというお店の考え方なのではないかと思う」と。一方、内田俊太郎監督は、「普段、我々が口にしているかをほとんど知らない。でも、最近、思うのはすべてのものは人が作っているということ」、とコメントを残している。

毎朝4時にはじまる真摯なパン作り、お客さんの期待を裏切らない味、職人たちのプライドなどに触発されて、二人とも映画撮影中から、大のペリカンファンとなったようだ。本作には多くのペリカンファンが登場するのだが、特に印象深かったのは、パン作りの哲学がきちんと伝わっていることだった。

「極める」という信念

49a1327d47392941daf38278105748bb12d6aacd

この映画を観ていて、とにかく心を惹かれたのは、ベテランのパン職人名木広行さんの存在だった。

40年以上も続けてきた職人でさえ「パン作りは、一生、勉強」なのだという。その姿勢は、2種類に絞ったペリカンの経営姿勢に重なって見えた。どちらにも共通しているのは「極める」という信念だろう。

どんな仕事においても、己の信念は持たなければならないのではないだろうか。そして、いつまでも仕事への情熱を絶やさないことが、大切なのだと感じた。真摯な態度とひたむきさこそが、老舗と呼ばれる由縁なのだろう。日本人が作る日本人のためのパン。その味を、ぜひ、スクリーンで噛み締めて欲しい。

495098d5a01055164ebe336cd9d7891f3f45c467731fe08b6a55df91caa8be0f2487f0c5babd172d

『74歳のペリカンはパンを売る。』
2017年10月7日より、渋谷ユーロスペース他にて全国順次公開。公式サイトはコチラ

©ポルトレ

Licensed material used with permission by 74歳のペリカンはパンを売る。
人気パンのひとつ、メロンパンを自宅で簡単に作ることができる「メロンパントースト」をご存じですか? 材料はバターと砂糖、そして小麦粉。これらを混ぜて、塗って...
朝はパンと決めている。鉄のフライパンをあたためて、厚切りの食パンをのせ、焼き色がついたら裏返す。バターをのせるのか、ジャムはどうするのか。カリカリに焼いた...
焼きたての香り、食感、溢れる旨み。ハムや玉子など、あらゆる食材と相性がいいパンは、無限の楽しみ方を秘めています。東京・渋谷界隈の、サンドイッチが美味しいパ...
「食」をテーマにデザインするテキスタイルブランド・gochisouのデザイナー、坂本あこさんが、東京代々木上原エリアの伝説的パン屋「ルヴァン」のパンを、テ...
朝食やおやつの定番、フレンチトースト。最近、これを揚げて食べる「揚げフレンチトースト」なるものが流行中で、都内には専門店までできる人気ぶり。パンを卵液に浸...
オーブンも、発酵器も不要。フライパンを使った「チョコパン」レシピのご紹介。発酵時間を除けば、所要時間わずか20分!動画はたったの3分ですが、作り方のポイン...
いまやコンビニでも手に入るほど、市民権を得た印象のある「クイニーアマン」。表面のカリっとした食感と芳しいバターの香りがたまりません。この仏ブルターニュ地方...
ヨガをしたこともなければ、それがなんたるかも実際はよく分からない。自分のような人間がヨガ映画を観るなんてこと、普通であればまったく想像できません。でもこの...
東日本大震災が発生してから、今年の3月で丸5年が経とうとしている。被災地の暮らしは、表面的には日常を取り戻したかのように見えるが、まだまだ問題は根深いーー...
シアトルで「I Love Coffee」(こちら日本語版)というサイトを始めて、もうすぐ5年が経ちます。コーヒーのサイトを運営していると、やっぱりコーヒー...
いまやビールに求められるものは、のど越しよりも、ワインでいうところのテロワール(産地の個性)や、つくり手のアイデンティティのようなもの。クラフトのなかでも...
一見すると、だし汁に浸して食べる兵庫県の郷土料理「明石焼」に見えなくもない。けれどこれ、オーストリア・チロル地方の家庭料理として親しまれている「シュペック...
映画鑑賞する際、監督や出演者をチェックする人は多いが、配給会社で映画を決める人は少ないのでは? けれども、多少なりとも社会問題に関心があり、世界で起きてい...
スペインには、固くなったパンの利用法として「ミガス」という料理があります。これは細かくちぎったパンをオリーブオイルや野菜と一緒に炒めてつくるのですが、これ...
「棺桶パン」、そのネーミングだけもインパクト十分なのに、見た目はそれ以上に迫力大。いまや、台湾B級グルメの定番として君臨するこのローカルフード。夜市で目に...
この画像を見て下さい!このちぎりパン、あなたなら食べられますか?んー! 念のため、もう一度聞きましょう。このパン、あなたはちぎれますか?目がうるんでる…。...
子どものころ、大好きだったアニメにこんなシーンがあります。山小屋の朝、あたたかい炎でチーズをあぶって、黒パンの上にのせる。ゆっくりとろけていくチーズがほん...
NYのメトロポリタン美術館(通称メット)では、毎年5月第1週目になるとアート・ファンとファッショニスタが注目する美の祭典『メットガラ』が開催される。このオ...
子供が生まれたことををきっかけに、家族とともに東京から大三島に移住した小松洋一さんは、島の名産であるみかんを使った「みかん酵母パン」作りに励んでいる。大三...
乾燥して固くなってしまったバゲットをどうするべきか、こんな検索をした経験ありませんか。イタリアの家庭料理から、固くなったパンのステキな活用術を紹介します。...