知らないうちに、あなたの「性的指向」が暴かれているかもしれない。

スマホやPCを使っているときに、AIがあなたの顔を勝手にスキャンして、政治的思想や心理状態、性的指向といった多くの個人情報を読みとってしまう。そんな世の中がもうすぐそこまで来ているようです。

僕たちは、テクノロジーの発展に伴うリスクにどう対処するべきなのでしょうか。

あなたの性的指向は
AIによって割り出される。

D3b5048529bfca3925b324af2fe24e4c7962ffab

ある研究によって開発されたAIの機能が、世界中で物議を醸し始めています。なぜなら、顔の特徴で、LGBTを含めた性的指向を判断してしまうから。ついにここまできたか、という思いと同時に、差別や偏見を助長してしまうのではないか?という懸念も。

ただし、この研究内容を詳しく紹介する前に理解しておいてほしいのは、AI開発を進めたスタンフォード大学の研究者Michal Kosinskiさんたちの想いです。

「多くの人がこの情報を公開すべきだったのか?という疑問を持つでしょう。私たちの考えも同じです。

しかし、ある政府や企業は、顔を認識して好みのものを推測をする技術の開発を、すでに進めているのです。ゲイコミュニティをはじめ、私たちはプライバシーが侵害されるリスクを把握し、今すぐにでも法的な規制を設けるべきなのです」

54f31dbba3bc0cb88f71f2a2e246f4d049159fae

そう、彼らにはAI技術を開発する際に伴うプライバシーを監視されるリスクを、僕たちに理解してほしいという考えがあるのです。分かっているかもしれないけれど、個人情報が漏れる可能性のあるインターネットには、掲載する情報にも気をつけなければいけないということ。そしてこれをさらに意識させるのが彼らの研究方法です。

アメリカのデートサイトに登録された35,000枚以上の顔写真を元に、AIは性的指向ごとの特徴を割り出すことに成功。そのアルゴリズムを使って推測させたところ、男性の場合は91%、女性は83%の確率で見分けることができたようです。要するに、SNSなどのネットに投稿された写真から、あなたの個人情報を推測する技術が存在するということ。

サンプルに有色人種がいなかったことや、トランスジェンダー・バイセクシャルがいなかったことも指摘されてはいるようですが、いずれにしても、リスクがあるのは同じ。Kosinskiさんは性格や政治思想、心理状態も、顔から判断できる可能性も示唆しながら、こうまとめています。

「個人情報が漏れてしまうことは避けられないでしょう。また、多様なジェンダーに対して寛容的ではない国や文化に生きている人にとっては、身の危険性もあります」

「私がFacebook上で、よく使う言葉は?」最近よく見かけるこのフレーズ、気軽に遊べるクイズアプリとして知っている人も多いはず。ですが、その際に参照され...
プライバシー。それはこの情報化社会を生き抜く上で、避けては通れない概念。しかし実はあまり知らない、という人も多いのではないでしょうか。とくに日本は、西洋に...
“Facebookページにいいね!してくれたら、一杯無料”。そんなコーヒーショップが目の前にあったら…、何の気なしにアクションしちゃうかも。でも、そこから...
この国の多くの企業は人々の不安を煽ることで利益をあげ、経営を維持してきた。その影響からか、不安や悩みを「真に受けている人」があまりにも多すぎると私は感じる...
「人生一度、不倫をしましょう」との謳い文句で知られている世界最大の既婚者向け出会い系サイト「Ashley Madison」の3,300万人分の顧客データが...
AI(人工知能)の進化は、僕たちの想像を越えている。小説を書いたり、作曲をしたり、将棋をしたり。最近では、ラップまで覚えたようだ。AIにラップを教えたのは...
「軍隊にいるボーイフレンドのプロムに行ってきたよ!」モデルとしても活躍するMax EmersonさんがInstagramに投稿した恋人とのツーショット写真...
近年、目覚ましい発展を遂げるAI(人工知能)ですが、イギリスの医療研究機関MRC(Medical Research Council)の発表によれば、心不全...
AIの進化によって、数多くの職業が失われるという説があります。今でもすでに、機械化によって職を追われる人々が出てきている状況です。しかし「Inc.com」...
アメリカでは、LGBTQなどの自分のジェンダーを公にする人が多くなっています。ここで紹介する「Cut.com」の動画は、見た目から性的指向を当ててみようと...
世界を驚かせるような絶品料理を考え出す「優秀なシェフ」が現れた?しかし、どうやら人間ではないようです。かつてアメリカのクイズ番組「ジェパディ!」で、オフラ...
コーヒーよりも断然紅茶派な私は、ずっと悩んでいた。便利な機能が搭載されたコーヒーメーカーは続々と登場するのに、これぞ!というティーメーカーには、なかなかお...
アメリカでは98秒に1人の女性が、性的暴行の被害に遭っているそう。日本でも女性の性暴力被害に関する法改正が行われたりなど、国にかかわらず大きな社会問題とな...
ノートの中身を見られるのはすごく恥ずかしい。僕は、仕事でミスしたことやもらったアドバイスを書いているから、誰にも読まれたくない。その内容が日記だと、なおさ...
音楽の大きな愉しみの1つは、誰かと一緒に奏でること。一度でも楽器を持って、誰かとスタジオに入ったことがあるなら分かるはずだ。ジャムセッションをした経験があ...
アメリカで起きている論争は、人種差別が問題になっていて、日本でも起こりうることかもしれません。きっかけである全米ライフル協会のビデオにアクティビストFun...
2016年4月5日、マーク・ザッカーバーグが自身のアカウントでその詳細を紹介しました。発表によると、人工知能(AI)がフィードに表示された画像を認識して、...
どれだけ多くの本を読んで得た知識よりも、たった一人から体験談を聞くことの方が新鮮で刺激的で、インプットが大きかった。そんな経験をしたことはありませんか?こ...
最近よく問題視されているのが、自動化やAIにより、失われて行く職業だが、逆に、新たにできる職業はどういうものなのだろうと考えたことありませんか?今はないけ...
「スマートホーム」とは、1980年代にアメリカで提唱された住宅の概念。家電製品を情報化配線等で接続、制御することでエネルギーの最適化を図り、快適なライフス...