「この人と結婚するかも」と思えるのは、つまりこの10の変化を感じる時。

「旦那と出会った時『私この人と結婚するかも』と思った」という話を、知人や友人から何度か聞いたことがある。これまで数々の恋愛記事を書いてきた「Elite Daily」のライター、Anjali Sareen Nowakowskiさんも同じような体験があるらしい。

結婚するまでは“ヒドい恋愛”を繰り返してきたということだが、旦那さんと出会った時に、自分の中にある変化が生まれたそう。

一体その変化とは?

01.
「もっと良い人がいるはず」
と、思わなくなる

2aa72e73e9d89c2b12550df65ea7066e0851a8dc

私は恋愛がニガテだったので、運命の人を探す必要性をあまり感じていませんでした。でも、夫に出会った時、これまで「もっといい人がどこかにいる」と思い続けていたことに気づいたのです。そしてこのような思いを、過去の恋愛で自分は常に抱えていたのだ、ということも。

「もっと相応しい相手がいる」という考えが頭から離れなかったから、以前は恋愛を容易に終わらせることができていたのです。

でも、夫と出会った時、すべてが変わりました。私は運命の人をやっと見つけたような、穏やかな心地よさを感じることができたのです。これについては、「感じた瞬間にわかる」としか言いようがありません。

02.
合コンへ行く気が失せる

95586abc7fae07e0b8818927aba27162a74ab93f

運命の人に出会った瞬間から、あなたは合コンやパーティーを卒業することになるでしょう。たとえ長続きしないとしても、新しい相手とお酒を飲んで騒ぐのは楽しいし、魅力的な人物と次から次へとデートするのはエキサイティングかもしれません(以前、私が頻繁にしていたことです)。

でも、そんな日々は夫と出会った瞬間に終わりました。私は自由を必要としなくなり、「新規の出会い」に関心を持たなくなったのです。そして、彼となら何でも乗り越えられると確信できました。

彼の虜(とりこ)になるには、ほんの一瞬しかかかりませんでした。

03.
嫉妬心が消える

ジェラシーという感情は魅力的ではありません。私は嫉妬深い人間ではないですが、相手がそうだった経験ならあります。夫と出会ってからは、嫉妬の愚かさを実感したのです。結婚生活を通して、私たちは一度も嫉妬し合ったことがありません。

例えあなたが嫉妬深い人だとしても、運命の人と出会い大切にされていると実感できれば、そのような感情は抱かなくなるでしょう。あなたは揺るぎない安心感を手に入れるはずです。

04.
「恋の駆け引き」ともお別れ

C6327c518d0ff0f28e72bacc19a8b184dd2cd3f6

運命の人と出会った時、自分のことを大人に感じることでしょう。

かつて私は、くだらない駆け引きをしていました。意図的に相手を遠ざけては、気のない素振りを見せていたのです。昔は恋愛上手ではありませんでした。

しかし、夫と出会ってからは、そんなことはしていません。今は自分のことを「大人の関係を保てる成熟した人物」のように感じています。「大人の関係」とは、話し合い、心で繋がり合い、尊重し合える関係です。

05.
躊躇せずに
子どもらしく振る舞える

「運命の人と出会うと自分が大人になったと感じる」と確かに言いました。紛れもない事実ですが、同時に、子どもに戻ったような感覚も得られるでしょう。つまり、両方感じることができるということ。

2人でいる時、夫はいつも私の楽しい面を引き出してくれます。だから、私も彼のために同じことをするのです。お互いを運命の人だと確信しています。私たちの関係を象徴するのは「ストレス」ではなく「愛と喜び」。

運命の人と一緒にいる時、あなたは大きな喜びを実感できます。一緒にいる時に、子どものような気楽な気分でいられるなら、その人こそ結婚する相手でしょう。

06.
過去のアノ人を
完全に忘れられる

私たちの中には、昔の恋人を時々思い出す人もいるでしょう。夫と出会うまでは「一緒にいたい」と思える相手はいませんでしたが、「あの時こうしていれば」と過去を思い出して悩む瞬間はありました。

でも、夫と一緒になってからは、昔の恋人について考えたことは一切ないのです。運命の人との結婚を決意した時、過去の恋人への思いは完全に消え去りました。運命の人と一緒にいることを確信できていたからです。

07.
「結婚式」ではなく
「結婚」が重要だと思える

Eb5bd9722ae14730f9b588e9973e38bc27931c76

ドレス、ケーキ、靴、来客リスト、会場など、あまりにも多くの人が「結婚式は大がかりなものだ」という概念にとらわれています。

が、運命の人との結婚を決意した場合、それ以外のことには興味を持ちません。あなたにとって重要なのは「結婚」そのものですから、「結婚式」自体は大した問題ではないのです。

例えば、私と夫はビーガン用のカップケーキを並べたビーチで、親しい友人や家族と一緒に小さな式を挙げました。私たちが関心を持っていたのは「互いの存在」だけでした。だからこそ、小さな結婚式で十分だったのです。

08.
今まで嫌だったことにも
心を開けるようになる

結婚相手に出会うということは、全てにオープンになるということです。パートナーとの新たな体験や、人生、障害に対して心を開けるのです。このような感覚があるなら、あなたは「運命の人」と一緒にいるということ。

一生のパートナーに出会う前、私は非常に閉鎖的な人間で、他人が自分の世界に踏み込むことが嫌でした。しかし、夫と一緒になってすぐ、私はすべてに対して心を開ける新しい自分に生まれ変わったような気分になったのです。

09.
「自分は満たされている」
と、認識できる

結婚を決意することは、パートナーがいなければ生きていけないと認めたからではありません。結婚を決意した時、あなたは特別で満たされた人間であることに気づきます。自分を完璧にするためにパートナーを必要とするのではなく、自分を補うためにパートナーを欲していることを知るのです。

夫と出会った時、私の生活環境は決して悪いものではありませんでした。一人でも楽しく生きられましたし、旅行をしながら自分だけの力で人生を築いていたので。彼は私の人生に見事にフィットし、私も彼の人生にフィットしました。お互いを完璧な人間にしようとする代わりに、2人でパーフェクトになりたかったのです。

あなたが結婚を決意する時、「結婚して完璧になる」という強い必要性は感じず、運命の人を見つけた事実にただ満足するはずです。

10.
「愛している」と確信できる

2dcfba00a8218185afc8e528a0ecc904332c0c07

一生添い遂げたい人と一緒にいると、どんな時でも愛を実感できます。パートナーがひどい姿をしている時、汗まみれの時、目ヤニがついている時があるかもしれませんが、そんなことは一切関係ないのです。相手を思うたびに、溢れるほどの愛を実感できるでしょう。

これは、結婚の良いところの1つ。どのような1日を過ごしても、相手のことを考えればたちまち元気になれるのです。

運命の人に出会ったと「思うこと」と「確信すること」には違いがあります。あなたも実感することができるでしょう。

Licensed material used with permission by Elite Daily
恋愛においての絆の深さは、一緒に過ごす「期間」ではなく、そもそもの「相性」にあるのかもしれません。2ヶ月ほどで今の旦那さんとの結婚を踏み切ったというライタ...
これは、すべての夫婦、または夫婦になろうとしているカップルが知っておくべき内容かもしれません。米メディア「Your Tango」に関わる、恋愛や夫婦関係の...
結婚したら恋愛は終わり?いつまでも関係が冷めずに恋人同士のような夫婦になる秘訣を「Power of Positivity」が紹介しています。大切なことはた...
しあわせな恋人同士が次に目指すのは、やはりしあわせな「結婚」でしょうか。でも残念ながら、結婚したカップルのすべてがHAPPYじゃないのも現実。もともとは他...
「World Life Style」より紹介する、ライターVicki Santillano氏この記事は、タイトルにもある通り、結婚を考えているふたりに是非...
誰もが夢見る“運命の人”との出会い。「Elite Daily」では、そんなロマンチックな考えを覆す、シビアな記事が掲載されていました。書いたのは、自身を「...
どんな女性と結婚すればいいのだろう?と悩んでいる男性に朗報。運命の女性に共通する8つの特徴が「Elite Daily」に掲載され大きな話題になりました。こ...
運命の人との出会いは、美しくとても神秘的なものです。その人のすべてがあなたを夢中にさせ、「今までの恋愛は間違いだったかも!」と気付かせてくれるでしょう。で...
恋愛映画やラブコメで必ずといってもいいほど登場する「運命の人」。現実にそんな人いるの?と疑うあなたに、今の相手が運命の人かもしれない「11のサイン」をお教...
結婚は、人生でとても大事な節目。すでに結婚しているカップルならば、いくつか誓いごとをしたはずです。そんな「結婚式で本来誓うべきこと」をMichelle H...
近頃、「運命の人」について友人と話す機会が増えたという、女性ライターMia Nicholson氏。独身同士でたくさんの議論を重ねたのち、とあるルールを設け...
アメリカは、ロシアに次いで2番目に離婚率が高い国だそう。アメリカ人夫婦の2組に1組は離婚するとも言われています。いまの時代、ひとりめの結婚相手と一生を寄り...
これは、20代半ば〜30代半ばのアメリカ人男性に聞いた「結婚しない理由」。日本人男性にも通ずるところは多々あるのではないでしょうか。あなたの彼も、じつはこ...
結婚はとてもおめでたくて、ハッピーなものだ。けれど、これから長い人生を共にするのだから、決断する前には色々なことを考えなくてはいけません。そこで今回は、N...
素敵な王子様が迎えに来てくれて、その後ふたりはいつまでも幸せに暮らしましたとさ…。「運命の人」と聞くと、そんなイメージがあるかもしれません。でも、本当に運...
お見合いによる結婚から7年の月日が過ぎたという、ライターSurabhi Surendra氏。「あまりポジティブなイメージはないかもしれないけれど、信じられ...
本当は離れたくないのに、仕事や家庭の事情で遠距離恋愛を余儀なくされている人は少なくありません。会いたいときに会えないうえ、ほかの人へ心変わりされてしまうか...
米メディア「Elite Daily」では、どちらかというとカジュアルな恋愛を切り口にした恋愛論が数多く登場しますが、なかにはこんな真剣な結婚論をまとめた記...
幸せな結婚生活を夢見ている人は多いと思いますが、実際はそう甘くはない。そんな目を逸らしたくなる内容の記事が「mindbodygreen」で話題になっていま...
「YourTango」の女性ライター、Liz Pardue-Shultzさんが綴った自身の結婚についての経験談が、話題を集めています。以下に彼女のコラムを...