これが、世界基準の「ヒゲ」。

独創的でハイセンスな唯一無二のひげ、ヒゲ、髭。テキサス州オースティンで開催された「世界ひげコンテスト2017」。もはやアートの域に達した、造形物のようなご自慢のソレをどどーーん!と紹介。

アートなひげたち

E1bdb244e30a68c0c7141986a6c97b87a0c7bcab9cdc39bd55c08e114639461cb524cc19a08c2937Beecacc6d9199b1d74b622bb96443df8cdfb7d200c6b5af9f8d97e94a1e56d212e0a0d3a76e986b3E7e664d2e796df73322cc16c8b865715d42a72332ad2050ae58f747078b309b456f453c0e576c3a4E85f7a0ba15dda3504581b97c77875e24a6d3ee6558b48b03ac39260e1455da2585d14d605e81824

1990年から続くこの大会、半年ごとに開催されているんです。1年ではなく半年ごとっていう、このスパンに熱量を感じてしまいますよね。出場者たちは、みなヒゲだけでなく、独自のテーマに合わせて、服装やメイク、小物までバッチリ。フォトグラファーGreg Andersonによる写真もGOOD!

990ebd4e82c17769fa415d8165497efadf4b5a2c

ワイルドな表情がステキ。

Cb001a1f76f215a7e54ddf4cdad64e54c3c60ea3

こんな指揮者がいたらおもしろい!ヒゲも音符!

B58d5809006db2e8cf3512e02fb72c33d892389f

ロックなひげにロックな衣装が最高に似合ってます。

235328fc84ffe56663d843a9c8af2d12da23659a

ひげがあれば、もちろん女性だって出場できますよ!

9ac3f950f94f585eedf480d2002c2b3eb5619281

テーマは妖精?? そしてタトゥーもなかなか見応えがあります。

246c714ea5dcb3419cda2ac219074e008c4f62ee

ハロウィンにおしゃれしたいならこれ。

27589938060ff9547edc4b28d0fe14e926f2de8c

小学生みたいな遊び心あるテーマ……?

36c4d5764448b9fc35deb20b8b94c5e1f9514493

どっちに注目すればいいの!?

F464baa1f5dab5e2af7b6e89d908a6a3d05cf2af

なんとバービーと共演!

Beafc7dabfac4a54f2cb47c2f56006bf31dde047

顔にある毛を使い尽くしていますね。

ヒゲ大会は、個人のユニークな発想が大いに歓迎される自由な大会。出場はしなくても、いちど生で見てみたい!

Licensed material used with permission by Greg Anderson
言ってしまえば、ただのヒゲ面の男たち。それなのに、どんどん画面をスクロールさせ、先を急ぐ自分がいる。さあ、次はどんなヒゲだ?彼らは、テネシー州・ナッシュビ...
「Elite Daly」で、恋愛相談コーナー(エロ多め)を持つ、女性ライターGigi Engle氏。このたび、「ヒゲ男子」の魅力を、彼女らしい“性の視点”...
ヒゲを生やした男性をどう思いますか?米・ニューヨーク在住の女性ライターGigi Engleさん曰く、彼らは男性としての魅力を兼ね備えていて、パートナーとし...
アメリカ、ポートランドを拠点に活動するアーティストBrian DeLaurentiとJonathan Dahl。このゲイ2人組による「The Gay Be...
最近、世界的にも増えている「ヒゲ男子」。男らしさだけではなく、ナチュラルなライフスタイルの象徴として捉えられることも多くなってきました。となると、もちろん...
ここ数年、オトナ女子の間で流行しているのが「ナイトプール」。ムーディーでリッチな気分を味わえることが人気となっている。そこで1つ提案。夏の夜遊びに、遊び心...
大きなヒゲをたくわえる女性モデルHarnaam Kaurさん。自らのコンプレックスを乗り越えた結果、育毛剤の宣伝をするようになりました。でも、そこまでの道...
世界でもっとも華やかなボディペイントを決める国際大会「The World Bodypainting Festival」が、6月の終わりから7月にかけて開催...
アメリカの幼稚園や小学校には、「Donuts with Dad」という学校行事があります。平たく言えば、普段忙しく働くお父さんを対象にした授業参観。親子で...
ドレスコードは「ツイード」。まるで、1920〜30年代のイギリスにタイムスリップしたような錯覚におちいる自転車イベントが、2009年より毎年ロンドンで開催...
サブスクリプションサービスって、聞いたことがありますか?アメリカでは2012年頃からメジャーになったビジネスモデル。日本語では、定期購入や頒布会がこれにあ...
ポートランドの街を歩けばしょっちゅう目にするのが、豊かなヒゲを蓄えた男たち。あのヒゲ、手入れはしているのか?それとも伸ばしっ放しなのか? 今回は、全米で2...
アメリカのイベントマーケティング・マネジメント会社であるBook That Eventが主催する、犬のためのサーフィン大会が今年も開催されました。場所は、...
月給の何倍ものお金をハイブランドファッションに賭し、エレガントに街を歩くーー。そうして精神的に豊かでいることや平和の大切さを謳う集団「サプール」。「服を汚...
スケートボードを一度も見たことがない、という人は、おそらくいないでしょう。どう乗るのか、もだいたい想像がつくはずです。でも世界には、こんなスタイルもあるこ...
ヒップホップやスケーターカルチャーとリンクした、少しルーズな服装を好む人々にとっては心外な法律である。いわゆる「腰パン」が、アメリカの一部地域で違法となっ...
めまぐるしく働く中で、「自分自身でないもののフリ」をし続けていることに気づいたという、東京大学・東洋文化研究所の教授である安冨歩さん。男性のフリをやめ、「...
「猿も木から落ちる」「猫をかぶる」のように、日本で日常的に使われていることわざも、海を渡ればふしぎな言葉に聞こえることがあります。その国ならではの言葉や言...
路上でのヘアカット。一見なにかの撮影のようにも見えますが、もみあげを整えられている男性はホームレス。カットしているのは、美容師のJosh Coombesさ...
日本にも「茶柱が立つ」「朝のクモ」のように、縁起がいいと言われる出来事がいくつかあります。世界でも同じく「幸せのしるし」と信じられているものがあり、ときに...