履歴書は「何を書いていないか」もチェックされていた。

転職活動におけるファーストステップ、履歴書。気になるのが、企業側から見るとどのような履歴書が目を引くのか、だと思います。

そこで、「Inc.com」の人気ライターJeff Hadenさんが、某IT企業の役員であるSimon Wistowさんへの取材から、「企業が応募者の履歴書をどのように見ているのか」を詳しくまとめた記事を紹介します。

B0695668fee84340460d539d52233cc39a508b25

履歴書だけで、自分の望む仕事に就けるわけではありません。企業も履歴書を見ただけであなた雇うことはありません。学歴、経歴、そして資格などはもちろん必要なものですが、それは一つの目安であり、人事はそれを参考に次のステップを始めます。

では、その応募者から、どのような人たちを面接へと進ませるのでしょうか?Fastlyの共同創設者のSimon Wistowさんは、履歴書では3つのポイントをチェックするそうです。

01.
どれだけ詳細に書いているか

58f5f72ff88f53c7461df8c66d96845287065789

多くの会社は、空いたポジションを埋めてくれる即戦力を探しているかと思います。特にスタートアップは、速く成長させたいという思いから、いつも即戦力を探しています。

でも私は、今できる仕事しかできないような人は雇いません。私は、今できる仕事だけではなく、6ヶ月後の仕事もできるような人を探しています。そのため、私は過去も、現在も、未来も見えて、問題の原因を突き止めつつ解決できる粘り強い人材を探しています。

履歴書には、無意味で曖昧な記載が目につきます。しかも、このような危険信号は、見過ごしやすい情報なのです。

例えば、こまかく経歴を記載した人の履歴書を読むと、その人が新しいことを学ぶのに抵抗がないと受け取れます。このような小さなことでも、応募者が挑戦的かどうかも分かります。

私は以前、履歴書に“洗濯機をネットワークに繋げた”と書いていたエンジニアを採用しました。現在、彼は会社の中で一番クリエイティブなハッカーです。

02.
狭くとも広くとも「何を」極めているか

人は、主に“万能タイプ”か“専門タイプ”に振り分けられます。両方兼ね揃えている人もいますが、それはごく一部。スタートアップには、会社を成長させるために、様々なプロジェクトを任せるためにも、両タイプの社員が必要になります。

一つのことに深い知識を持っている人と、広くいろんな見識を持っている人と、いろんな人がいるかと思います。そのためにも、両タイプの人がそれぞれに極めたものを知りたいのです。新しい仕事をすると、いろんな人と出会い問題解決に向けてさまざまな視点を得ることができます。

もしみんなが素晴らしいアプリを作っていても、結局は同等なものが並べられるとつまらなくなります。 

03.
何を「書いていない」か

F90426984a388dab952f3b13ce614f3abc3ef68e

私が履歴書を過信しない理由には、“全てのストーリー”が明らかにならないからです。履歴書には、応募者たち本人が、明るみにしたいものだけが書かれているだけなのです。もし応募者が二人いて、同じ経歴と経験があったとしても、全く違う人たちになります。

面接でも、その違いが明らかになります。例えば、面接でコミュニケーション能力が高く、相性も良いと感じられるような応募者は、実は履歴書ではパッとしていませんでした。または履歴書では文句のつけどころのないスキルと経歴を持ち合わせてたとしても、面接では最悪な印象だった人も。

採用側としては、このようなバイアスがかかってしまうのも予測して準備しておきます。応募者が、履歴書に書いていない特徴、または応募者たちが明らかにしたくないものがどんなことなのか、予想しておくのが良いと思います。

危険信号としては、転職しすぎている、同じようなソフトウェアしか作れない、またはそのポジションに長く居座りすぎているなどの、いろんなサインがあると思います。そこは、あなたの業界からの経験で、履歴書から察知できるかと思います。

とはいえもちろん、あなたの憶測も間違っているかもしれません。そのためにも面接があるのです。

Licensed material used with permission by Jeff Haden
自分の履歴書を少しでも目を引くためにも、いろんな工夫をすると思いますが、アーティストであるAndy Morrisさんは自分自身のLEGOとそのパッケージを...
自己PRや志望動機、職務経験を書かなければいけない履歴書を作るのって、時間がかかるし、労力が必要。一枚の紙に自分の人生がかかっていると言っても過言ではない...
「ルームメイトがプロムのパートナーを探しているの!」とある女の子のFacebookポストに、とびっきりクリエイティブな方法でアピールをした大学生がいます。...
なかなか理想的な相手に出会えない…。恋愛と同じ、時には、それ以上に困難なのが、就職や転職ではないでしょうか。面接で一生懸命アピールしてもうまく伝わらない。...
仕事を探している時、履歴書を書いて自己表現するのは、私たち人間にとっては当たり前のこと。しかし、犬が同じことをしてみたらどうだろう。これが意外にオモシロか...
デザイナーでアーティストのDawayne Kirklandさんは、自分の履歴書をラップしてウェブメディア会社に応募しました。そのラップ動画が話題となりました。
学生生活も後半に差し掛かると、就職活動が始まります。中には、何社も内定に落ちてしまい気分が落ち込んでなかなか次に行けないという人も。ここでは、就活あるある...
起きて活動している時間のうち、じつに30%以上の時間を私たちは職場で過ごします。そんな風に人生の大半を捧げるのであれば、自分が納得した職場で働きたいもので...
新卒で入社した企業に一生勤めるのは当たり前、なんて考え方は大げさではなく過去のもの。もちろん転職するのが正というわけでは決してないけれど、常に新たなキャリ...
ただがむしゃらに働いた社会人1、2年目を経て、“いろいろなコト”が見えてくる3年目は、多くの人がこの先の生き方を見直そうとする時期でもあります。転職するの...
就活がうまくいかないこと、でも諦めないことをLinkedInに投稿したJasmine Pakさん。この投稿がLinkedInのCEOの目に止まり、多くのシ...
デコルテが見えるワンピースを着て撮った証明写真を履歴書に添付すると、面接へ進む確率が高くなる、という驚きの研究結果がフランス・ソルボンヌ大学の心理学者、S...
就職活動や転職活動って、とても緊張しますよね。自分で「こんなことを話そう」と準備していても、予想していなかった質問をされるとつい焦ってしまうことも。ですが...
慣れた仕事を毎日「こなすだけ」の日々が続いているなら、もう一度やり甲斐を見い出すためにも、空気をガラっと変える必要があるかもしれません。確かに転職もひとつ...
現在、ほとんどの企業が人材採用の際に行っている(対人型の)面接、これを「何の役にも立たず、むしろ最悪の手段」とまで言い切る人物がいます。組織・人事コンサル...
就職・転職活動でもっとも大切なものといえば、やはり面接。失礼なミスはもちろん、準備不足や、実力が発揮できない、なんてことはくれぐれも気をつけたいところ。そ...
「パパ、犬を飼ってもいい?」子供がそう言いだしたとき、あなたならどうしますか?ここで紹介するパパはなんと、妻と3人の娘に対して13項目にもわたる詳細な契約...
とりわけ、若い人が転職を考えるとき、さまざまな不安が頭をよぎることでしょう。給料、世間体、勤務条件など、不安要素を数えればキリがありません。しかし、転職を...
「採用」とは、十分下準備をして、ようやく勝ち取れるもの。ですが、会社が求めているものと自分が発信することにズレが生じてしまうと、せっかくの準備も水の泡です...
仕事を見つけるには、自分を「プロダクト」として売り込まなければなりません。きっと、こういうことをするのが苦手な人もいるはず。だから、どうしても嘘をついてし...