歴史も色も深い。富山の「黒作り」はレジェンド級

富山でラーメンといえば、富山ブラック。

醤油ベースの濃い味は、白米と共にいただくための心意気。ある意味これもご飯のお供ですが、ここではさらに歴史も黒色も深い「黒作り」を紹介したいところです。

黒作りはイカの塩辛にイカ墨を加えたもので、江戸時代にルーツあり。加賀藩主が参勤交代の折に将軍に献上し、絶賛されたとも言われています。

ブラックになった
「イカの塩辛」

51f94e059de0d648551451776f78f3da24ca9fb3

通常のイカの塩辛とはまったく違う、甘くて舌触りの良い食感。ゆずや山椒を添えて食べたり、マヨネーズを加えたりと、地元県民ならではの食べ方の工夫があるのだとか。

イカ墨スパゲッティに、スペインのアロス・ネグロ(イカスミパエリア)くらいでしょうか。イカ墨をつかった料理は世界的にもなかなか珍しいところですが、珍種としてではなく、日常食として存在するところに注目しましょう。

北陸新幹線開通で
「きときと」

これまでも富山産の魚は強力なブランドとして扱われてきましたが、北陸新幹線の開通により、そのブランド力がさらに増しているのが実感できます。

さらに、富山と言えばなんといってもイカ。蛍のように光るホタルイカの生息地として知られていて、その勢いは「ほたるいかミュージアム」を立ち上げてしまうほど。生きた宝石とも呼ばれるホタルイカはとても幻想的で、イカながらデートの友にも最適。

ちなみに「黒作り」に使われているのはスルメイカです。富山産のスルメイカは鮮度がいいのが特徴的。それはなにより、漁場から船着き場までが近いからです。

新鮮なことを「きときと」と富山人は言います。きときとな富山産ブランドの随とも言える黒作り、ちょっと興味が湧いてきませんか?

0ac41bbd8a84189f272be02d0076fb7bdc7606d7

購入は、京吉より。

Photo by Kenji Fujimaki
富山県高岡市で、今秋、国際北陸工芸サミット『工芸ハッカソン』が行われる。富山県高岡市は、金属工芸や漆芸の技を400年以上受け継ぐまち。工芸がこれまで出会っ...
地域の特性を活かしたコンセプトストアを各地に展開するスターバックス。そのひとつ富山環水公園店は、「世界一美しい」と賞賛されるスタバなんだそう。どれどれ、I...
浄土真宗本願寺派が開く、これから社会に出ようとする10〜20代のための新しい学びの場「スクール・ナーランダ」。そう聞くと、なんだか荘厳で、参加するにはかな...
同じ日本と言えども、関東と関西では食文化に大きな違いがあることはご存知のとおり。食を通して異文化体験ができてしまう。では、その違いってどこにあるかちゃんと...
「イカの踊り食い」といえば、細長く切ったゲソが一般的。でも、ここで紹介するのは、“下半身”をまるごとを乗せた「活イカ踊り丼」です。これがいま、特に海外で話...
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...
青森県で古くから愛されているご飯のお供と言えば、「味よし」。普通であれば、山菜漬けや、魚介の塩辛をイメージするからもしれませんが、「味よし」は数の子、昆布...
ウニやイクラ、鮭フレークなど、海鮮系のご飯のお供が目白押しの北海道で、少し変わった山の幸とも言えるのが「山わさび醤油漬」。白いご飯に乗せてひとくち頬張れば...
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...
毎年、入れ替わりの激しい「ハワイの定番土産といったらコレ」。「ホテル・ハレクラ」のパンケーキミックスは何度もらっても嬉しいし、もちろん「ホールフーズ」でオ...
スーパーで売られているお肉を見ても、どんな姿で、どう暮らしていたかまで想像したことなんてない。食事の時「いただきます」って言いながらも、あまり感謝していな...
001 大陸:南米002 国名:ペルー共和国003 都市名:リマ004 日付:2012.02.01「モノづくりは、言葉を超える。」 About The C...
JR東日本が発表した「GENBI SHINKANSEN(現美新幹線)」は、写真家や映画監督などの肩書で幅広い活躍を見せる蜷川実花がデザインした新幹線。移動...
トマトの酸味はごはんともよく合います。ただし、チキンライス(ケチャップ)にしろ、トマトカレーにしろ、ごはんのおかずとなり得るには「じっくり煮込まれている」...
これは、文句なく美味いはず!あの「カルボナーラ」のスパゲッティをごはんに代えた、通称「めしボナーラ」なる料理が存在した。チャーハンのようでいて、さにあらず...
近年、社会問題になっている子どもたちの「孤食(1人で食事を取ること)」。この問題を解決すべく、兵庫県明石市が一丸となり、あるプロジェクトが進行中です。子ど...
スイーツを中心に日本でも火がつき、今グルメたちの間で高い注目を集めている台湾料理。その中でも歴史と伝統のあるのが「素食」です。素食とは、台湾の精進料理のこ...
「最初に食べた人は勇気がある食材といえば、ナマコ、カキ、タコ。しかしフグは最初に食べた人よりも、2番目に食べた人のほうが勇気がある」とはよく言ったもので、...
食べた人があまりの辛さに「ヒィー」と鳴くところがほととぎすの鳴き声に似ているということで、この名がつけられた「ほととぎす巻」。落花生、水飴、辛子粉をベース...