「タイタニック号乗客名簿」が明らかにした、6人の中国人生還者たち

約3年前、メキシコからアメリカへと国境の柵を越えていく男性を、僕は目の当たりにしました。直後に鳴り響くサイレン。おそらく、彼は捕らえられて国外退去。

リスキーなのは承知のうえで、人生の“大きな賭け”に打って出たのかもしれません。目の前のアメリカンドリームは、するりと手のひらからこぼれていきました。

かの有名なタイタニック号にも、同じ想いを抱いて乗船した6人の中国人がいました。そんな彼らにスポットライトを当てたドキュメンタリー『THE SIX《六人》』の予告編が公開され、話題になっています。

誰も知らない、
タイタニック沈没からの生存者

ディレクターArthur Jonesがドキュメンタリーを制作するきっかけになったのは、ある日、こんな話を耳にしたから。

タイタニック号の生存者には、中国人もいる。

Arthurが育った街にも生還者がいたそうですが、街中のみんなから知られる存在。対して、誰に聞いても中国人のことを知っている人はいなかった、と。

「なぜ、彼らのことを知っている人はいないのか?」や「いったい、彼らは誰なのか?」という疑問が、Arthurを突き動かしました。

Eb1bde261570c36d6daa83bdab8de68f70a3cf8e

こうして、調査を進めていくうちに明らかとなった衝撃の事実。

乗船者リストによるとタイタニック号には、アメリカンドリームを叶えるために8人の中国人が乗っていたそうです。他の記録によると、沈没していくときに5名は救命ボートに乗ることができたそう。乗り遅れた3人のうち1人は、船の破片に乗っているところを救助されたのですが、生き残った約700人の生存者たちが、ニューヨークで暖かく迎えられる中、6人の中国人への対応は異なっていたようです。

その理由は「中国人排斥法」ではないかと、Arthurは推測しているよう。生還者たちは追われるようにして、帰港した翌朝にはアメリカを去っていました。その後の動向は全く分からないようです。つまり、歴史から消えた存在

・どのように乗船したのか?
・なぜ生き残ることができたのか?
・アメリカを離れた後の人生は?
・家族や親戚の人は、なぜ声をあげない?

様々な疑問を解決するべくArthurが撮ったドキュメンタリー『THE SIX《六人》』は、近日公開されるそうです。

Licensed material used with permission by THE SIX《六人》documentary
「何が起きても、どんなに希望がなくても、生きることを諦めないって約束してくれ…」そうローズに伝え、冷たい海の底に沈んでいくジャック。映画『タイタニック』の...
ここは、中国最大のカンフーアカデミー「Shaolin Temple Kung Fu Academy」。動画は、そこで修行を積んでいる36,000人の子ども...
香港のデザイン会社「Local Studio HK」が制作した、中国と香港の違いを表したイラストを紹介しましょう。左側が中国で、右側が香港。中国に対して皮...
ヨガをしたこともなければ、それがなんたるかも実際はよく分からない。自分のような人間がヨガ映画を観るなんてこと、普通であればまったく想像できません。でもこの...
アメリカでは、2月は「黒人歴史月間」に制定されています。毎年、アフリカ系アメリカ人が成し遂げた偉業を振り返ったり、彼らがアメリカの歴史に与えた影響を称えた...
プライバシー。それはこの情報化社会を生き抜く上で、避けては通れない概念。しかし実はあまり知らない、という人も多いのではないでしょうか。とくに日本は、西洋に...
映画『ミスター・ダイナマイト:ファンクの帝王ジェームス・ブラウン』が6月18日より順次公開される。これは、2015年に日本で公開された伝記映画に次ぐ、ミッ...
僕たちが今、当たり前のように生きていられるのには、様々な要因が関わっている。地球、水、オゾン層の誕生、さらには人間そのものの肺、脳機能の進化など。でも、そ...
歴史上の人物たちの言葉が、今も多くの人達に届いているなんて驚きますよね。しかも、いつになっても学ぶことが尽きないもの。「I Heart Intellige...
歴史が覆るかもしれない「古代地図」の存在とは!?ここでは「Collective-Evolution」に紹介された記事を紹介します。記事内で取り上げられてい...
「海外で働きたい!」と思っている人は多いかもしれませんが、もちろんいろいろな国がありますよね。国が違えば当然文化も違います。それぞれに合ったコミュニケーシ...
映画鑑賞する際、監督や出演者をチェックする人は多いが、配給会社で映画を決める人は少ないのでは? けれども、多少なりとも社会問題に関心があり、世界で起きてい...
東日本大震災が発生してから、今年の3月で丸5年が経とうとしている。被災地の暮らしは、表面的には日常を取り戻したかのように見えるが、まだまだ問題は根深いーー...
100年前のイケメンと、今のイケメンってどれくらい違うの?そんな疑問に答えてくれる動画をご紹介。アメリカ人男性のイケメンの定義が、時代とともにどのように変...
「自分の身は自分で守れ(Every Man for Himself)」という論文の存在を、一体どれだけの人が知っているだろうか?これはスウェーデン・ウプサ...
NYのメトロポリタン美術館(通称メット)では、毎年5月第1週目になるとアート・ファンとファッショニスタが注目する美の祭典『メットガラ』が開催される。このオ...
このたび登録されたロンドン・デンマークストリートにある2件の建物は、もともと歴史的建造物として公式登録されていた場所。しかし、2016年3月22日にそのラ...
高速道路が車でパンパン!それもそのはず。この写真が撮影されたのは、1週間ある中国の大型連休「国慶節」の終盤のこと。つまり、帰省ラッシュで料金所に渋滞が発生...
この「I Heart Intelligence」の記事は、数千年前から近代に至るまでのさまざまな分野の偉人たちが発した名言をピックアップしています。それら...
名言は、人類の歴史の中で活躍した偉人たちの考えを今に伝えてくれます。時を超えて、成功者たちの思想を学ぶことができるのです。そんな古今東西の名言に遠越段さん...