1970年代「アーティストが住みついたビル」を味わう、日本橋

「アーティストが住みついたビル」というコンセプトの新しいスポットが、2017年9月16日にオープンした。場所は、日本橋。

一棟ビル丸ごと使ってアート・音楽・食を発信するとあって、そのこだわりの世界観はフロアごとに見ていくのが面白そうだ。

THE A.I.R BUILDING』と呼ばれ、築60年のビルをリノベーションしているこのビルは、もう少し深くコンセプトを掘り下げていくと「Gilles(ジャイルス)というNY出身の架空のジャズミュージシャンが1970年代に住んでいた」というものだ。

B1F
「BASEMENT」

3c2d96dfcd7cb25464e03d729b560a13f36dde74

地下には、ギャラリー展示や、DJ・バンドのライブもできる「BASEMENT」。サウンドシステムも本格的だ。

1F
「PUBLIC SPACE」

38ec4b9b4f13a908ace1582b191a0dc297bbe05f

1Fはカフェになっていて、アーティストのラウンジ×キッチン、というテーマ。

世界最高ランクの紅茶を扱うティーブランド「LUVOND TEA」を中心に、スパークリング・ティーやオーガニックのパンケーキ、グルテンフリーの濃厚チーズケーキも味わえる。

2F
「LOFT」

7a344efe1024bc5e376cf0fc4544530a7314d5df9b6ff35d322e03424ea4b073f99824fd9bb1f6bd

60年前の天井板を活かした棚などが目を引く2Fは、まさにアーティストのワークスタジオ兼住居。その他、ポップアップショップや、撮影用にスペースレンタルも可能とのこと。

ベットを使わないときは収納して、空間を広くすることも。

3F
「BOX OFFICE」

A047402efe96046b6de62d9ae5c36f4faf8d7d1c

3Fは、コワーキングスペース。クリエイターやノマドワーカーの拠点となる。

East TOKYOから
物や情報を発信

E96dfb066f345503fb1d4b817eb31cad133a5552

かつて映画や雑誌で見て想いを馳せていた、1970年代の「アーティストが住みついたビル」。それらを現代のライフスタイルに絶妙に落とし込んだのが『THE A.I.R BUILDING』の最大の魅力なのかもしれない。

Photo by rick_wu (Keiichi Kureshima)
Licensed material used with permission by THE A.I.R BUILDING, (Instagram), (Facebook)
ファッションと音楽とカウンターカルチャー、そして政治へのメッセージが絡み合い、世界の若者たちがムーブメントを起こした70年代。この時代にファッションを発信...
昨年の9月にユニークな本が出版された。タイトルは『シブいビル』。1960年代~70年代の高度経済成長期に建てられた東京のビル群を愛でるという内容で、紹介さ...
1925年から発行されている文芸誌「THE NEW YORKER」。ニューヨークにスポットを当てた記事を掲載しつつも、全米に(世界中にも!)多くの読者を持...
「Keep It Simple」という言葉を知っているあなたは、ちょっとしたApple通!同社といえば、MacやiPhone、Apple WATCHなどな...
1970年代後半から80年代にかけて、音源・映像録音に使われていたのが磁気テープ。あの独特の音質を今でも求めるユーザーは意外に多く、近年微増ながら売り上げ...
欧米では古い建物を壊すのではなく、中をリノベーションして長く使用します。アメリカ、特にニューヨークでは第二次大戦前に作られた建物や不動産を「Pre-war...
写真には、たくさんの思い出やストーリーが詰まっているものです。アマチュア写真家であるChris Porszさんは、70年代から80年代にかけて、イングラン...
1990年代から、パリのグラフィティシーンで活躍してきた、ストリートアーティストJulien “Seth” Malland氏。無機質な建造物の壁一面をカラ...
電動自転車のデザインで大きなポイントになるのが「バッテリー」の行き場所。どうしてもスペースをとるし、野暮ったくなりがち。そんな悩みを、1950年代の古いバ...
弾けるような躍動感がある、ペイント。実はすべてコーヒーで描いているそう。ドイツ出身のDianaさんが描くアーティスト達は、それぞれの人物が放つオーラまで再...
バーニングマンといえば、砂漠のど真ん中に1週間だけ街が生まれる伝説の野外フェス。あるのは仮設トイレと食料の鮮度を保つための氷のみ。命の保証はなく、"No ...
「ペーパードレス」とは、文字通り紙で作られているドレス。1960年代、アメリカのポップカルチャーから生まれ、アンディ・ウォーホルをはじめ多くのアーティスト...
2000年代半ばから徐々に注目され、2014年前後に人気が急上昇しはじめた「トロピカルハウス」。今年は日本にも本格的なブームが到来。とはいえ、なにそれ?と...
50年以上に渡ってカメラを握り続けてきた、アメリカのベテラン写真家Charles H. Traub。長いキャリアでも氏の傑作と呼ばれる作品を紹介します。4...
気がつけば、スマートフォン片手に、夢中になって撮影する人の姿で溢れるようになった。インスタグラムに代表されるようなSNSを開けば、撮ったばかりの写真が途切...
いつの間にか、私たちの暮らしに欠かすことが出来なくなったコーヒー。そんな何気ない日常のカップの奥底には、遙かなるコーヒー豆たちの冒険が隠されている。果たし...
時代ともに変わる男女の恋愛観。でも、「Higher Perspective」に掲載された記事によると、「古い映画でしか目にしない、時代錯誤な恋愛スタイル」...
“非日常がまるで日常になる、シェアする旅の宿”。さまざまな国籍・年齢・キャリアの人々が、世界各国、もしくは日本各地から訪れます。近年ではリノベーションされ...
2015年4月に登場したファレル・ウィリアムスとadidas Originalsとのコラボレーション企画「Supercolor」。50色展開のSupers...
「食料を自給自足するのではなく、他の地域からの輸入に頼っているニューヨークで暮らす人々に、どうやって野菜やフルーツが育てられているのかを知ってほしい」。ア...