ロンドンの邪悪な表情。

昼夜では雰囲気がガラリと変わる東京。だけど、そのギャップは大都会ロンドンと比べると歴然の差だと思う。

ストリートライフを中心に撮影するEdo Zolloは、夜もふける頃にだけ感じることができる“邪悪なロンドン”を写し出す。彼いわく、深夜だけに聞こえる「音」の違いにも強烈に惹かれてしまうらしい。

孤独で神秘的な時間帯

5f7dc0a3ce53a6ee1cd2df6134ac9cb85a7bfcdaD3064af53f4a205fd35f79ad65a57d0093b38ba0065f449b6ae291701d06df30bc6b7f9d6100ff267b5dd879cf70b512e66c8bdae69bb2c4740ee11847c40e98b70a786f36c0db6a9378fae0559ba49697392e1716e46af54d80ed57577cefa86b3659b0Eb4f9b106be3079a2666fad5ee9eafe7252f5937

活気あふれる昼間では、絶対に感じることのない孤独感。ロンドン出身のEdoは、長年住んでいるにも関わらず、この街で退屈することなんてあり得ないと言う。

明るく華やかな美しさも魅力的だけど、たまには「静けさ」を楽しむのもいいかもしれない。

Licensed material used with permission by Edo Zollo
大英博物館やテート・モダンなど、名だたるミュージアムを数多く抱えるロンドン。先日、この街のとあるギャラリーで開催されたのが、犬のための現代アート展です。「...
単純に「自分が表現したいもの」を自由に描く。ストリートアートには、どこかそうした印象がつきまといはしませんか?しかし、ここで紹介する作品はひと味違います。...
パリとロンドン。電車でわずか2時間半ほどの距離にある2都市の間には、言語以外にもさまざまな違いがある。そう主張するのは、パリを拠点にさまざまな情報を発信す...
フォトグラファーIwona Pinkowiczさんのプロジェクト「Chasing Dreams」は、ロンドンの街角で知り合った人々の夢を伝えるもの。そこに...
ロンドンの中心地。テムズ川沿いのナイン・エルムズ上空に世界初となるガラス製の透明なプールが建設されるそうだ。25mプールが2棟の高級マンションの屋上を結ぶ...
長期休暇でせっかく海外へ行くなら、できるだけ多くの街を巡りたい。そんな旅が好みの人に、とっておきの記事を紹介しよう。「Central London Apa...
現地時間で9月2日。炎が立ち上るロンドン・テムズ川周辺の様子を撮影した画像や動画がSNSに溢れた。投稿内容をいくつか見てみよう。「ロンドンが燃える姿を眺め...
路上でのヘアカット。一見なにかの撮影のようにも見えますが、もみあげを整えられている男性はホームレス。カットしているのは、美容師のJosh Coombesさ...
『スターウォーズ』をテーマにしたポップアップレストランが、ロンドンに9日間だけの期間限定でオープンするそうです。しかも場所はギリギリまで秘密で、48時間前...
一瞬目を疑ってしまった。周囲にある高層ビルと同じ高さまで、命綱なしでガラス張りの壁をのぼっている女性。しかも怖がっている表情などこれっぽっちも見せていない...
カナダ生まれの「ロンドン・フォグ」は、今や欧米でも大人気のドリンク。アールグレイティーにバニラシロップ、温めたミルクを合わせ、ふわふわのフォームミルクをの...
デザートカフェ「MILK TRAIN」の昨年の夏から販売しているスイーツが、ロンドンで爆発的な人気を呼んでいる。綿あめ×ソフトクリームという、「天国」を連...
日本でも、地方をドライブしていると“かつてはガソリンスタンドだった”ような場所をよく見かけます。でも、ここは地方ではなくロンドン。ホワイト・シティ地区にあ...
ロンドンに対する印象は「東京の少し先にある街」。2002年から2005年までロンドンに住んでいたのですが、その時に「ああ、これが日本にもあったらいいなあ」...
電話ボックス…、ではありません。ここはポップアップのサラダ屋さんなんです。ロンドン中心部にある、大英博物館から約100メートルほどに位置する公園、ブルーム...
3月の初旬、ロンドンにあるパターノスター広場に、突如としてスイセンのお花畑が現れました。じつは、これはすべて造花なのですが、夜になるとライトアップされるの...
一見、何でもない街中の写真。でも、よく見ると「目ん玉」があるではないですか!?目ん玉を仕掛けたのは、スウェーデン出身のクリエイターSpader &...
過疎化に悩んでいるのは、日本の田舎に限った話ではないようです。ここ、イタリアのチヴィタカンポマラーノ(モリーゼ地方)は、人口600人ほどの小さな村。年々進...
従来とは違う新しいお酒の楽しみ方として、かなり奇抜だと注目を集めているのがこの「Alcoholic Architecture」。ミスト状のアルコールが充満...
地球儀をつくる職人、と聞いてもあまりピンとこないかもしれません。でも、ロンドンの老舗地球儀メーカー「Bellerby & Co」は、一つひとつをハ...