体当たりのストリートアート「女の子の権利」を壁一面に主張

ストリートアートの世界で、女性の作品は軽視されがちだと考えるアーティストのNINAが立ち上げた女子のためのグラフィティキャンプ

少しでも興味のある若者たちにスプレーアートのノウハウを教えることで、これまでの理不尽な勢力図を一変しようとしているのだ。

男女不平等を“塗り替える”

751b04aa4c32411f2ae4cfa1f5b32e6761ae7a59

若くしてグラフィティに目覚めアメリカを拠点に活動するNINAだが、女性のストリートアーティストがいるのにも関わらず、多くの作品が過小評価をされていることが気がかりだった。それに男子専用のグラフィティキャンプはあるのに、女子向けのものはナゼないのか…。

考え抜いた結果、自らの手で10代の女子のためのキャンプを開催することに。多くの人々から温かい言葉が届いたけれど、批判のメールや嫌がらせも少なくはなかったそう。でも、彼女たちが抱える問題は決してアートの世界だけではなかった。差別に悩むすべての女性たちにとって、国全体に影響を与えるプロジェクトとして期待されているというのだから。

A662e0bf18a52c6dfd4cb4f7cc5dad26cee9d666

全員がストリートアーティストを目指しているわけではない。けれど、まずはグラフィティを「自由」に楽しむことが重要。自分たちでデザインした壁画は、自分以外の誰かの人生を今よりも鮮やかにするかもしれない。

NINAと女の子たちのグラフィティキャンプは、今後も少しずつ世界をカラフルにしていくのだろう。

812b0fddf3f43add747d1a77eebee35e9bd01e3e1c8f6647492a0fb0decbb5751a78efd684aff26b87f377d40a5d4f76c9dac909e797c64b7ad2fb6a1039ec152b28f8906e011382c27a17defae8b68e
Licensed material used with permission by Girl Mobb, (Instagram)
街で見かけるストリートアートは、誰が描いたかわからないものばかり。そのせいか、美術館の展示作品みたいにマジマジと見たことがないんです。それに多くは、路地裏...
なんとなく落ち込んでしまいがちな雨の日を「アートの力」で元気に!「Rainworks」は、そんなコンセプトのもと、米・シアトルから発信されているストリート...
過疎化に悩んでいるのは、日本の田舎に限った話ではないようです。ここ、イタリアのチヴィタカンポマラーノ(モリーゼ地方)は、人口600人ほどの小さな村。年々進...
一見、何でもない街中の写真。でも、よく見ると「目ん玉」があるではないですか!?目ん玉を仕掛けたのは、スウェーデン出身のクリエイターSpader &...
単純に「自分が表現したいもの」を自由に描く。ストリートアートには、どこかそうした印象がつきまといはしませんか?しかし、ここで紹介する作品はひと味違います。...
1990年代から、パリのグラフィティシーンで活躍してきた、ストリートアーティストJulien “Seth” Malland氏。無機質な建造物の壁一面をカラ...
「卒業旅行は、海外でアートに浸りたい!」思い浮かぶ候補地は、ニューヨーク、ロンドン、パリ、フィレンツェ…あたりだろう。美術館でじっくりと鑑賞する。勿論、そ...
ここは、NYブルックリンの街角。ポップでかわいいストリートアートが出現しました。世界中のトラベルスポットも描かれていて、さながら旅行気分でキュートなセルフ...
2014年に文京区にオープンした『WALLS TOKYO』は、アートのセレクトショップだ。日本国内には数多くのギャラリーが存在し、そのほとんどで作品購入は...
13歳のMuretzは、絵を描くことが大好きな少年。ある日、授業中に描いたラクガキがきっかけで学校を退学になってしまう。その後、15歳にして描きながら生計...
街全体をキャンバスにして描いた大きな「壁画」が、メキシコのパルミタスというところにあります。下の写真からは、“ドラッグや暴力が蔓延していた場所”という印象...
アーティストLigia Fascioniさんは、ベルリンの壁が虐殺や差別、暴力などのネガティブな感情を思い起こさせるため「大嫌いだ」と言い切ります。だけど...
ニューヨークのスタントン・ストリートにある、ごくごく普通のバスケットボールコート。ある日このコートが、変身したんです。さっそくネタバラシ。これは、Nike...
薄型、小型、軽量化が進む家電業界。テレビもDVDレコーダーもデジタルカメラもダウンサイズングのレベルはハンパない。一昔前に比べたら、ずいぶんとスリムになっ...
パリにあるCitéInternationale Universitaireの学生寮は、老朽化対策でリノベーションされることになりました。その取り壊し前に、...
キャッチーな壁画やアートを背景に撮影する「ウォール・スカウティング」。インスタグラムの世界では、すっかり定着した感がある。が、それを一歩進化させたのは、女...
昔に比べれば、「男だから」または「女なのに」といったジェンダー差別発言は少なくなってきたかもしれません。しかし、男女の見られ方は今もまだ随分違います。そも...
街中に突如現れた巨大な動物のアート。独特の質感とインパクトで、見る人の心を掴みます。よくよく見てみると、このダイナミックな動物たち、何かを集めて作られてい...
紙の上に置かれたグラス。でも実はこれ…。なんとイラストなんです!これは、ハイパーリアリズムと言われる超リアルな「3Dアート」。描いたのは、インドのムンバイ...
カナダのブリティッシュ・コロンブアや米ワシントン州の海岸線に広がる海のことを「Salish Sea」と呼びます。自然豊かな島々が点在し、豊かな生態系が維持...