「悲しみ」とのうまい付き合い方。

「裏切られて傷ついた…」など、生きていれば、誰にでも心を痛めて悲しい気持ちになることがある。ただし、その感情と上手く付き合えるかどうかというと、皆ができるわけではない。

The School of Life」は、悲しい気持ちを無視することで誘発されてしまう行動から、どのように対処したら良いのかという点まで、わかりやすく説明してくれている。

「衝動的な行動」の裏側

A91f8f5fee29043b75732291e124914ef92ecc18

私達には、自分で処理できない感情があります。例えば心配な気持ちは、溜まっていくと行き場がなくなり「強い不安」というかたちで残るのです。

F445babd93e665136f5b2411fa5fc9dd785e50f8

不安な感情に支配される中で、衝動的にAVを見たり、ニュースをチェックしたり、運動したりと活動的でいることで、問題と直面しないようにしてしまいます。

3dfd945a86a1f007aefe6902f05c305654eb82a0

例えば、誰かがあなたの信頼を損ねるようなことをしたせいで、疑いを持つようになったり自信喪失につながった場合、傷つくことから逃げようとするのです。

感情を無視すると
不安定になっていく…

B2fcf4b6ef40c18def00561a3813729c4c4fb103

心の中では傷ついているのに、表面ではもろく壊れやすい明るさを保とうとします。自分自身を麻痺させて、傷を隠そうとするのです。

992d480e6485ca17fb558e09762f33a46eb4b3ed

素直に悲しくなれないと気分が沈んできます。眠ることができなくなり、考え方や行動にも影響していくのです。

45115fa865cf5750f85d8dbddeb61108c70d6593

うまく受け止めきれないからこそ本当の感情を避けようとしてしまいます。自分の欠点を受け入れてもらえるような環境があれば、そんなことはないのですが。

「今自分は悲しんでいる」と
認めることが大事

B03a2653078ec4e9c2ee87fc670e3bd81839b45d

自分を見失うということは怠けたりただ無視しているわけではなく、とても傷ついているからなのです。

Ef868eae6be320dfc25d77aff32c6275445c084f

感情をうまく処理するには、良い友人や癒やしなどが必要です。そうなれば、“痛み”を軽減できるようになるでしょう。

4cddbee79e31b8d1bf2e36476d37f5149cfa1f72

まずは、悲しいという気持ちを受け止めること。そして、人生は理想よりも悲しいものであると認めることなのです。

Licensed material used with permission by The School of Life
「感情なんて、あっても邪魔なだけ。必要ないよ!」と思う人もいるかもしれませんが、ネガティブな感情も、全ての「感情」は生きるために大事な役割を果たしています...
「感情」は誰もが持っているもの。でもその感情に振り回されてしまうと、人生を台無しにしてしまうことだってあります。特に何かを判断したり、意思決定をしたりする...
心配性で、発言はいつも後ろ向き。「大丈夫だよ」と励ましても、効果はまったくなし。そんなネガティブな人、きっとあなたの周りにもいますよね。彼らとうまく付き合...
ジョン・キム作家韓国生まれ。2004年から2013年まで慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学などで客員研究員を歴任。著書に...
どうしても抜けない腰の痛み。何もしていないのに首の調子がおかしい…。もしかしたらその痛みは、心の不安が原因かもしれません。心とカラダは繋がっている、と断言...
ビジネスを成功させたいなら、やっぱり「人間関係」がキーワードになってきます。そこで、ポジティブな自分になって、人を巻き込み、いい流れつくるためのちょっとし...
「マインドフルネス」という言葉を耳にしたことあるでしょうか。その定義を簡単にまとめると「今この瞬間に、価値判断をすることなく、注意を向けること」。心の病に...
これまで50作にも及ぶ著書を記してきた本田直之氏。そのなかの22作をピックアップして、これまでに彼が綴ってきた言葉をまとめたのが『LIVE SIMPLY ...
あなたの周りにも、きっといるはず。「なんでそんなこと言うの?」と思ってしまうような、ネガティブな発言ばっかりをする人。でも、もしかしたらその人自身もテンパ...
近しい人を亡くすと、悲しみから逃れない気持ちになってしまいます。でもこの名言集は、悲しみに向き合い、前向きになれるように紹介しています。
精神科医師の水島広子さんが書いた書籍『女子の人間関係』(サンクチュアリ出版)では、そのタイトル通り、女性の人間関係について困っている人の悩みに真摯に答えて...
無意識というものは、脳の90%を支配しています。「感情」「思考」など意識を司る部分は、脳のたった1割の部分で行われているだけです。だから「無意識」の動きを...
昨今よく取り上げられる「EQ」。これは、自分と周りの感情をうまく読み取ることができて、適切な行動をとれているかどうかを基準を表す「心の知能数」。この指数が...
Steven Bancarz氏が立ち上げたメディア「Spirit Science and Metaphysics」。その中で、起業家でビジネスコーチのAm...
人生、このままじゃダメだとわかっていても、一度ネガティブ思考のスパイラルに陥ってしまうと、そこから抜け出すのは簡単ではありません。ここでは「Elite D...
果たして、いまやっていることが自分に向いているのだろうか...。心を不安にさせる要素は、掘り出せばいくらでも出てくるもの。でもその一つひとつに囚われすぎて...
人間関係の悩みは、いつの時代もつきものです。どこに行ってもすぐに人と仲良くなれる人を見ると、羨ましい気持ちにもなります。「The Smart Dating...
毎日生きていると、楽しいときもあれば、悲しいときもある。そんなとき、マイナスな感情を表に出すのはちょっと…と思いがちですが「そんなときこそ、潔く泣いてしま...
心理学を教えていた元高校教師でもあるライターAndrea Shulman氏は、科学的な視点で様々な情報を紹介する「Expanded Consciousne...
「嫌われるのが怖くて本音が言えない」「周りから距離を置かれている気がする」。こういった人間関係の悩みをなかなか解決できずに悶々としている人は多いことでしょ...