心にやすらぎをもたらす「コルカタの花売り」。

彼らは、インド4大都市のひとつ、コルカタで花を売っている。

写真家Ken Hermannが、「ちょっと写真を撮らせてよ」とお願いすると、「その数分、逃したぶんの売り上げを払うならいいよ」と答えたそう。

4970044c943367dc15119ec1e18fcfd01e6f2a152cf55ecadc4cd9d972932ecce205f373a3274e1b

この場所は、アジア最大のフラワーマーケットと呼ばれている「Mullick Ghat Flower Market」。たった数分でも、歩いていれば売れるのだろう。お客さんがごった返して、歩行が困難になってしまう時間帯もある模様。

6630a81b7e1871218f98f6037c9f94dfc3cef2d6

彼らの文化において、「花」はとても重要なもの。神仏へのお供え、伝統的な儀式から、お祭りやカジュアルなパーティーまで、色とりどりの花が使われている。

ヒンドゥー教では、とくに「マリーゴールド」は縁起がいいとされているため、どんな場面でも欠かせない大切な存在だ。

混然とした灰色のなかに
優しさを宿す

798a108416daa30ec763f499e20e34ea65bab897

このマーケットには、毎日2,000人の花売りがいるという。マリーゴールド以外にも、お祝いごと用なのか、ピンクや青の花束をもつ男性も。

ゴミの多い道ではあるけれど、彼らが花を広げたり、売り歩くことで、この場所は色とりどりに染まっていく。

24e265ca55ab1def3cf6e3da16f877044c23bfae5906b3644601818445e2183040856cf93e020ffa7c79e1126e2a04f67e6872d1a75dcb1f1b0040daF762b78fd7bc1a4435173ef927c8b8b900ecd8b6Cf21bf9a371b4d72e7be2dc898ec601a86d56d7e

コルカタは、マザーテレサが愛した街。貧困がひどく、病気の人や家のない人たちを助けるため、彼女は命が尽きるまでこの街の人々に寄り添い続けた。

当時建てられた施設は、今でも多くのボランティアスタッフによって運営が続いているけれど、未だ病気、餓死、麻薬、犯罪など、深刻な問題を数多く抱えている。人身売買や、誘拐などの被害者が集まるソナガチ区は、「最悪な風俗街」としても知られている。

悪臭を放つ地区が多いなかで、唯一とも言える“花の香りが充満する場所”をつくる彼らは、心にやすらぎをもたらす存在に思える。

Licensed material used with permission by Ken Hermann, (instagram)
Yuribert Capetillo Hardyが捉えたコルカタには、やはりスラムが広がっていました。路上でひとり寝かされた赤ちゃん。手を合わせ祈るように...
ここに一つ感動的な動画を紹介します。ニューヨークの地下鉄で、花を売る女性。1輪1米ドル(120円ほど)で売っていたところ、ある男性が彼女に話しかけます。「...
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディアqreators.jp生花を髪に飾りつける「花結い」の技法で独創的なヘッド...
ツボミがゆっくりと開いていく様子は、ハッと目の覚めるような美しさ。今までは、満開になる前の姿がこんなにも魅力的だなんて、気づきませんでした。タイムラプス動...
鉛筆を差し込み、くるくる回すと”花が咲いた”ーー。だれでも一度は経験があるかもしれません。捨てるにはもったいない輪冠状の削り屑。そこに着目したのが、日本人...
写真家のIsabelle Chapuisと、フラワーアーティストのDuy Anh Nhan Ducの2人による作品。それぞれの男女が一輪の花のように咲く姿...
華道家にとって、花ばさみは欠かせない道具です。僕が使用しているのは〈有次(ありつぐ)〉の花ばさみ。包丁で知られる京都の老舗ですが、刃物屋なので、花ばさみも...
素敵な女性を見て「自分には高嶺の花だなぁ」とため息をついたことはありませんか?美人だったり、仕事ができるエリートだったりすると「オレなんかじゃ無理か…」と...
人口およそ12.5億人のインド。国民の約8割がヒンドゥー教徒(外務省調べ)という信仰心の厚いこの国で、あるゴミの始末をめぐって人々が悩んでいた。日用品のパ...
ニューヨークの街並みに現れる色とりどりの花。何だろうと近づいてみると…なんと、ゴミ箱。街の風景に、文字通り「花を添えた」のは、NYのフラワーデザイナー、L...
エディブルフラワーを使ったスイーツ、と聞いてピンときたあなたは、かなり流行に敏感。というのも、そのあまりに美しい見た目が、じわじわと女性の注目を集めている...
「窓に貼るフラワーベース」というコンセプトの「+d Kaki(カキ)」は、宙に浮いた状態で花を生けることができる不思議な花瓶。今までは「置く」ことしかでき...
枯れた砂漠が一面、ピンク色に染まった!?アメリカのメディアを中心に話題沸騰の写真。ここが、世界でもっとも乾燥した砂漠だと聞いても、にわかに信じられませんよ...
近頃よく目にする、世界の様々な街のタイムラプス動画。ここでは花の都・パリが舞台です。登場するのは、ルーヴル美術館や凱旋門など、いわば王道の観光スポットばか...
農家の人たちは農薬を使う代わりに、花を植えた方がいいかもしれない。これは、フードエディターのWilly Blackmore氏の意見だ。Blackmore氏...
美しい花にはトゲがある──、とはなにもバラだけを例えて言っているわけではない。サンザシやアザミ、そしてサボテンにも。それも一年にたった一日、わずか一晩しか...
さあ、上のイラストの中から、あなたがもっとも好きな花を選んでください。じっくり考えず、直感でどうぞ。選びましたか?それでは、ライターRebecca End...
ベルギーの首都ブリュッセルの中心地にある大広場、グラン・プラス。「世界でもっとも美しい広場」と形容されるこの場所で、2年に1度開催されているのがフラワーカ...
NHK大河ドラマ『平清盛』やJR東日本『JR SKISKI』などの広告写真から雑誌撮影まで、幅広く活躍する写真家、鈴木心。彼は、写真の楽しさを多くの人に知...
スマホを使ったメッセージのやり取りが当たり前になり、「書く」ということ自体が稀になった現代。学生ならともかく、社会人でペンを使う機会はほとんどないと言って...