絶滅寸前の「トゥピ語」でシャウト!あるメタルバンドの挑戦。

言語研究サイト「Ethnologue」によると、世界には実に7千以上もの言語が存在するそう。想像をはるかに上回る数字だけれど、英語のように話者人口が増加している言語がある一方、絶滅の危機に瀕しているコトバが約1,000ほどもあるという。

ブラジル北部で話されている「トゥピ語」も、そんな“絶滅危惧言語”のひとつ。

トゥピ語を含めブラジルには約170ほどの先住民族のコトバが現存しているものの、そのうちの30%は15年以内になくなってしまうと予見する識者も。そんな憂うべき状況にユニークなアプローチで警鐘を鳴らしているのが、「Arandu Arakuaa(アランドゥ・アラクァア)」なる5人組だ。

麗しい女性シンガーが
デス声でシャウト!

Arandu Arakuaaはブラジルの首都・ブラジリアを拠点に活動する5人組フォークメタルバンド。

太古の原風景を感じさせる雄大なフォークサウンドと、その正反対といえる、大地を揺らすようなヘヴィで激しいメタルサウンドを融合させた独自の音楽性で局地的な注目を集めている。

とりわけユニークなのは、そこにメンバーの出自に由来する、民族的かつ土着的なエッセンスが色濃く落とし込まれていること。って、能書きはこのくらいにして、ともかく実際にその音楽を聴いてみてほしい。

端正な美貌からは想像できない、血管がブチ切れそうなデスボイスが強烈!続けて、もう一曲。

彼らがトゥピ語で歌う理由

奇抜なメイク、ダブルネックのギター、野太い6弦ベースという編成からしてタダ者ではないが、彼らが歌っているコトバこそ、前述した絶滅危惧言語・トゥピ語なのだ。彼らがなぜそんな稀少言語で歌うのか、そこには明確な理由と意図があった。

ギタリストでバンドの中心メンバー・Aquinoさんは、トゥピ語を話す民族の子孫であり、「自分のバックグランドを音楽に落とし込むことは、とても自然なことだった」とNarrativelyのインタビューで答えている。

続けて、「最初はただ楽しむためにバンドを始めたけれど、僕らがずっと意図してきたことは、音楽を超えて様々な議論を巻き起こすこと」とも。

多くの偏見にもさらされている少数民族の小さな声をラウドにかき鳴らす彼らの存在は徐々に注目を集め、様々なイベントに招聘されたり、大学の講義で言語や文化を守っていくことの重要性をレクチャーすることもあるそうだ。

文化的損失を食い止めるために

ひとつの言語がなくなるということは、ひとつの文化の消滅を意味すると言っても過言ではないだろう。

そんな文化的損失を食い止めるためにも、Arandu Arakuaaは非常に貴重な存在。世界中でヘヴィなサウンドと共に警鐘を鳴らしていってほしいと思う。まだ来日も果たしていないようなので、「LOUD PARK」や「EXTREME THE DOJO」といったメタルイベントに、ぜひ!

人が集まるフェス。体が触れ合うほど密集しているからこそ、女性の身体を触るというような痴漢行為をする人も。パフォーマンス中に現場を目撃してしまったボーカルは...
イギー・ポップとザ・ストゥージズ。'67年に結成したこのバンドを知っているだろうか?正直、僕はそれほど知らなかった。3枚のアルバムを発表したのだが、過激で...
かき氷屋さんの店長にして、話題のバンド「ねこね、こねこね。」のメンバーという異色のプロフィールを持つ、むらまつえりかさん。かき氷の大いなる可能性(?)を語...
あなたのお子さんは、純粋に遊んでいるように見えて実は想像以上に大人かもしれません。小さいながらも、発展途上国にいて食べ物がなくて苦しむ同じ子どもたちを助け...
「彼らがこの世から消えてしまう前に、その記録を世界に残しておきたい!」。イギリスのフォトグラファーJimmy Nelson氏は、2009年からプロジェクト...
失敗するのが怖いーー。外国語の勉強をしている人なら、一度は感じたことがある悩みでしょう。でも、遅かれ早かれ、いつかは必ず失敗するものなのです。だったら最初...
むしゃくしゃするときの発散法はいろいろあります。お酒を飲む、クラブで踊りまくる、ヒトカラでもいいし、パーっと遊ぶのもアリ。そこに肩を並べるような「爆発力&...
サイやトラは、絶滅が危惧されている動物。しかしその状況下にあってもなお、密猟が行われ続けているという問題があります。その対策として作られたのが、なんと「バ...
自宅のCDラックから音楽的ルーツやその人となりを探る連載企画「GOOD RACK!」。今回はロックバンド、Wienners(ウィーナーズ)のボーカルにして...
絶滅の危機に瀕しているキタシロサイ一頭が死体で発見された。場所はケニアのオルペジェタ自然保護区。これで世界で生き残っているキタシロサイはわずか6頭。死亡が...
楽器をもっとクールなものにしたい。そう感じたのは、ミュージシャンのBrockett Parsons氏。彼はレディー・ガガのキーボーディストをつとめるほどの...
二つの言語を自在に操るバイリンガル。せめて英語くらいは…と努力を重ねる人も多いはず。このバイリンガルになることで、なんと認知症を防いだり、高収入を得られた...
世の中を知れば知るほど、心が震えるような出来事に遭遇するのではないでしょうか。84の国を歩いたフォトグラファーのAlexander Khimushinは、...
スピーカーの前でずっと踊っていた。振動が全身に伝わる感覚が好きだ。これは、そんな人にうってつけのアイテム。“腕に巻くサブウーファー”だ。振動が体に響くだけ...
絶滅危惧種に指定されているジャイアントパンダ。彼らは、少なくとも13種類の鳴き声を使い分け、コミュニケーションを取り合っていることが判明。“パンダ語”を解...
マリンスポーツ愛好家にとって、命に関わるサメの襲撃は避けたいもの。「Sharkbanz」は身につけるだけでサメの襲撃から身を守れるバンドなんです。そもそも...
外国語の学習は、飛行機のフライトに例えると分かりやすいーー。とAndrew Barrさん。英語を母語とする彼は、7年間かけてスペイン語を学んだ経験から、「...
2015年7月。ちょっとメンバーの多いバンドが結成され話題になりました。ロックバンドのメンバーといえば、ギターベースドラムキーボード…と考えると3~5人く...
2011年に結成したお茶目なロサンゼルスのバンド「Vulfpeck(ヴルフペック)」が、3月2日にアルバム『The Beautiful Game』の日本盤...
ダブルワーク、要するに副業・兼業が珍しくない世の中になったとはいえ、“ミュージシャン×かき氷屋さん”という掛け合わせは、日本広しといえどこの方くらいなので...