9億円の値がついたこの絵、作者は一体?

子供の創造力って本当にスゴくって、日々何かを描いたり作ったりして、そしてそれがどんどん上手になっていったりして、ママパパを驚かせてくれます。

しかし、我々保護者がすべからく直面するのが、作ったものをどうするか問題。処分するのは忍びないし、かといって全部保管しておくスペースもないし…。

例に漏れずこの難題に直面していた、現在6歳のご子息を持つアートディレクター/プランナーの佐藤ねじさんは、ユニークな発想と手段でひとつの解決策を導き出しました。それが、「5歳児が値段を決める美術館」です。

アートとして販売しちゃえ!

Bc40e534fb47481357ac68bd04b1592f56a83c54

掲載/販売されているのは、ねじさんのご子息が4~5歳の間に作った“作品”の数々。

折り紙でつくった恐竜や動物、割り箸とゴムの剣、コップでつくったタコ、そしてたくさんのイラストがズラリ。

96ff3bf4854a019cd0607830583a005e719101be512febf1e95b0bf6a9c48a7b7bd2596a02d870e1

作品にはタイトルと値段、コメントが添えられていて、152円と手軽なものから1億円、中には「3千ジジイ円」「不可説不可説転円」「進撃のき持ち悪る胃ミズダコ円」といった意味不明のものも…(「なくした/こわれた」ので販売不可も混じってます・笑)。

そう、サイト名どおり作品の値段はすべてお子さんによるもので、トップの絵の「9億7万8千円」というプライスも彼自身が値付けたものなのです(それだけ彼にとっては価値がある、ということかな?)。

5歳児、ただいま値付け中!

実際にお父さんのねじさんと会話しながら、値付けをしたりコメントをつけたりしている動画がこちら。

「息子シリーズ」の第4弾

この「5歳児が値段を決める美術館」は、佐藤さんの私的プロジェクトである「息子シリーズ」の第4作目にあたるもの。お子さんの成長を記録するように、それぞれの年で1作品ずつ制作されてきました。

例えばお子さんが3歳の時には、「世界最年少の写真家」としてiPhoneで撮影した写真を公開。無料の写真素材サイトと銘打ってはいますが、子どもの目線で日常を捉えられた写真を見ていると、なんだか胸のあたりがジ〜ン…。

0241751d3cdec17432dada15d8efc1e46ddbc750

このプロジェクトを通じて個人的に感心したのは、子どもの常識ばなれした発想を一切否定せず、同じ目線で一緒にものづくりをするねじさんのスタンス。こんなふうに愛情と余裕をもって、自由でファンタジックな創造力を育んでいってあげられるといいなあと、同じく子育て中のパパとして強く思った次第。

これから7歳、8歳、9歳と成長していくお子さんがどんな作品を作り出していくのか、そしてねじさんがそれをどうアウトプットしていくのか――。親子二人三脚のものづくりを楽しみに見守っていけたらと思います。

どんなにスゴイ場所でも、どんなにステキな建物でも工事中のバリケードがあるだけで、全て台無しになってしまう。だったら、美しい展示作品で壁を作れば、景観を損な...
世の中にあるのは、敷居が高くてアカデミックなミュージアムばかりではありません。世界各地に、目を疑いたくなるような「ナゼ?ナニ?」を収集、展示したヘンテコな...
絵の前に立って、ポーズをとり、撮影して、そこで初めて完成する絵画。参加型のインスタレーションは多いけど、参加者の手によって成り立つ作品は珍しいと思います。...
「絵は誰にでも描ける」90年代前半に放送されていたNHKのテレビ番組『ボブの絵画教室』で人気を博したアフロとヒゲのもじゃもじゃ画家、ボブ・ロス氏。30分間...
2015年の訪日外国人の数は約1,970万人。2016年は2,000万人を超えることが期待されています。そうすると、訪日観光の目的としての「アート」はま...
芸術作品をスマホをかざすだけで、その作品の説明や作者の生い立ちが表示される美術ガイドアプリ『Smartify』。AR技術により生み出されたので、パシャっと...
“大人がハマる”とめっぽう評判の、ニューヨーク生まれの知育玩具「littleBits」。そのリトルビッツに新たに「DROID INVENTOR KIT」な...
ここで紹介するのは、54億円が当たった瞬間をおさめた貴重な動画。わずか26秒ですが、人が歓喜する様子を鮮明に捉えています。「ギャー」「オーマイガー」宝くじ...
夜、みんなが寝静まったころ、おもちゃたちが勝手に動きだして、おしゃべりをし始める。子どものころ、そんな空想を思い描いたことはないでしょうか。普段、モノとし...
サンフランシスコ近代美術館のサービス、「Send Me MOMA」はキーワードや絵文字を送ることで収蔵品からそれにあったアートを紹介してくれるというもの。...
フランス近代絵画に造詣が深い高橋芳郎さんの著書『「値段」で読み解く魅惑のフランス近代絵画』(幻冬舎)では、19世紀後半のフランスにおける近代絵画の「隆盛の...
一見すれば水彩画のようにも見える絵はアクリル絵の具ではなく、どれもワインを用いて描かれたもの。セルビア人アーティストのSanja Jankovicさんは、...
ゴールデンリトリバーのElla(エラ) Fitzgeraldは、絵にうるさい。なんてったって、自分の気に入った作品以外には目もくれない。彼女が絵画を鑑賞す...
目の不自由な人たちが絵画を楽しむには、どうすればいいのか?フィンランドのデザイナーが考案した、“触れることのできる”絵画が、注目を集めています。3Dプリン...
大の大人なら、ある程度は共通したイメージを持てる「警察」も、子どもの場合は少し変わった姿になってしまう。そんなことを教えてくれた「CUT」の動画。アメリカ...
大英博物館やテート・モダンなど、名だたるミュージアムを数多く抱えるロンドン。先日、この街のとあるギャラリーで開催されたのが、犬のための現代アート展です。「...
オフィスランチをメンバー持ち回りで手作りしているTABI LABO。もちろん社員同士で食べるごはんもおいしいけれど、いろいろな人とこの場を共有したらもっと...
ある日、ピカソがマーケットを歩いていると、手に一枚の紙を持った見知らぬ女性がこう話しかけてきたそうです。「ピカソさん、私あなたの大ファンなんです。この紙に...
2015年10月2日に、連載開始65周年を迎えた『ピーナッツ』。同日にオープンした「PEANUTS Cafe」が大きな話題になりましたよね。そしてこのたび...
数年前、1982年にゴーギャンが描いた油絵『いつ結婚するの』に、3億ドル(当時のレートで約355億円)の高値がついて世間の注目を集めました。興味がない人か...