温度調整で「睡眠の質」を上げるスマートピロー

睡眠との関係を変えるだけで、私たちは人生をコントロールすることができるようになる
──Arianna Huffington

睡眠不足は、肥満、糖尿病、心血管疾患、高血圧、免疫機能障害といった様々な健康上の問題を引き起こす可能性があるといわれている。それだけに、睡眠、ひいては睡眠の質の重要性について、古今東西、様々な研究がなされてきた。

そのカギは、どうやら頭や首回りの温度にあるとのこと。温度調整をして睡眠の質をあげるスマートピロー「Moona」を紹介しよう。

温度調整が必要な理由

50f2f35c76114b1ede563311fc84c9b549163e5b

僕たちの身体は、夜の間、異なる温度を必要としているらしい。眠りに落ちるためには、体温を1℃ほど下げる必要があるようだ。そして、深い睡眠のためには、さらに低い温度が不可欠なのだとか。逆に、快適に目を覚ますためには、温度の上昇が必須とのこと。

「Mooma」は、この理論に基づきながら、医師たちの協力を得て開発されたようだ。

A4f845dc91ac3a7387da490f88ca8e8d357da466

睡眠に最適な温度を調整するデバイスから、パイプを通って、ピローへと空気が流れる仕組み。尚、パイプとピローを繋ぐ部分には、快適な睡眠パターンを察知するセンサーが働いているようだ。

スマホで起床時間を
セットするだけ

8626a7cf84e1a39383522eaceee6e8faf599b3eb

Moomaスマートスリープシステムは、夜間における睡眠データを年間を通して収集。時間をかけて睡眠パターンを解析するのだそうだ。現在、このテクノロジーは、特許申請中とのことだ。

使い方は、いたってカンタン。スマホのアプリから、起床時間をセットするだけ。尚、このシステムは、最新の睡眠研究文献に基づき、これまでの200人を越える臨床睡眠データがフィードバックされているようだ

Kickstarterで
249ドルから販売

Moomaは、現在、世界最大のクラウドファンディング「Kickstater」で、資金を調達中。目標額の50,000ドル(約560万円)の倍を越す資金が集まっているようだ。それだけ、睡眠の質を求める人が多いのだろう。

ちなみに価格は、現時点では、249ドル(約2万8千円)から。枕としては、少々、高価な気もするが、快適な睡眠を手に入れられるのなら妥当な金額といえるかもしれない。早速、以下の動画でチェックしてみよう。さらに、詳しく知りたい方は、コチラまで。

Licensed material used with permission by Moona
これまで、タンブラーや水筒を使うことで可能だったのは、一度入れた飲み物を「保温」すること。しかしこの「Yecup 365」なら、温めたり冷やしたりと自由に...
新茶のおいしい季節ですね。4月中旬から5月中旬に摘み取られたお茶は「一番茶」とも呼ばれ、味や香りがよく、栄養価が高いという特徴があります。お茶はガン予防、...
プロデュースしたのは、年間約4万人を心地よい眠りへと誘っているヘッドスパ専門店「悟空のきもち」。頭皮を刺激することで快楽ホルモンの分泌を促し、絶頂へ高まっ...
疲労を回復し、カラダのメンテナンスをしてくれる“睡眠”。その効果は、自分に合った最適な睡眠時間にこだわることで、さらに高めることができるそう。これは多忙な...
いきなりですが、飛行機や電車、バスで移動中。眠ったときの「首カックン」は、おきまりの現象。中途半端な目覚めで頭がボケっとしてしまうだけでなく、首を痛めてし...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
同じワインなのに、レストランで飲んだ味と違う…。そんな経験があるなら、それは温度のせいかも。「Kelvin(ケルビン)」ならおいしかったあの味を家でも楽し...
淹れたてのコーヒー美味しさを、いつまでもキープし続けるためには、最適な温度を維持すること。この目的のためだけに開発された、コーヒー好き必見のサーモマグをご...
誰だって睡眠の質を高めて疲れをとりたいと願うものです。ここでは、「Little Things」に掲載された10個のコツを紹介。試してみては?「HELPGU...
日本人は「あまり寝ない国民」と言われています。季節の関係で、なかなか寝付けなかったり、寝ていても疲れが取れない、ということはありませんか?睡眠は、体の機能...
フィンランドおふくろの味、というくらい現地で親しまれているスープがあります。サーモンと野菜、牛乳で煮込んだ家庭的な味には、心地よい睡眠をサポートする栄養素...
身近なところに、幸福を手に入れられるカギがあります。それは、あなたが毎日していること。そう「睡眠」です。忙しいとつい削ってしまいがちですが、それはイコール...
生活をガラリと変えることはむつかしいけれど、身近なところから少しずつ。そんなふうに、毎日の暮らしを、ささやかなところから前向きに変えていくことが出来たら、...
「6時間以下の睡眠を毎日続けているのであれば、あなたの精神と身体能力は、2日間徹夜した状態と同じ程度まで低下しているかもしれない…」。ここで紹介するのは「...
午後からの仕事の効率を上げるために、昼の休憩で仮眠を取りたいという人も少なくないはず。とはいっても、職場でリラックスして寝るのってなかなか難しいですよね。...
イギリスの医師マイケル・モズレーは、BBCのプレゼンターとして、また科学・医学番組のプロデュースも手掛けるなど、マルチな活躍でお茶の間に知られた人物。この...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
「THE CONVERSATION」によると、シドニー大学の准教授Chin Moi Chow氏が、正しい睡眠をとるための方法を科学的にまとめたとのこと。私...
恋愛よりも睡眠を優先すべき!そんな面白い切り口の記事が「Elite Daily」に掲載されています。なかには、ちょっと過激な意見も!? 項目こそ多いものの...
睡眠不足が心と体にもたらす悪影響や、個人のポテンシャル低下は、今さら改めて書くまでもないはず。けれどその個人の睡眠不足がトリガーとなり、ひいてはそれが経済...