恋愛やキャリアに悩む女性を勇気づける「オスカー女優のエッセイ」

過去に、アカデミー主演女優賞に輝き、女優としての地位を確立してきたリース・ウィザースプーン。個人的には、2002年に日本で公開された映画『キューティ・ブロンド』の印象が未だに色濃く残っている。だから彼女に対しては今も、女性の夢を応援するカッコよくて美しいという印象を抱いている。

あれから15年。まるであの映画の主人公のような強さと意志を持つ彼女のエッセイが、9月4日、「Glamour」で公開され話題となった。

トップ女優になる過程で見た
軽視される「女性たちの夢」

昔、学校の先生にアメリカ初の女性大統領になりたいと話したことがあるほど、自身を野心的だと語るウィザースプーン。彼女が定義する野心とは、内に秘めた好奇心や考え、それらを叶えようとする欲求だという

エッセイでは、若い頃から身を置いてきたショービズ界での経験についても触れている。

「私が映画のためにLAでオーディションを受け始めた頃、いつも大勢の女性たちが集まっていた。でも、どの作品も女性には1人分の枠しか設けられていなかったの」「撮影に参加した時、150人もの男性クルーに囲まれたこともあったわ」

自分と同じように、野心を持ち努力してきた多くの女性を見てきた一方、彼女たちが活躍できる場が少なすぎる現実を目の当たりにしてきたウィザースプーン。

現在は、女優のみならずプロディーサー業にも勤しむ彼女だが、前述に記載したような現場で感じた違和感やジレンマを解消しようという強い思いが、プロデューサーになったきっかけだったとも語っている。

才女も悩む世間の固定概念に
「負けないで」

「あなたの夢を応援してくれないような男性からは逃げて。野心は素晴らしくてセクシーなものだと考える男性はたくさんいるから」

エッセイの中で、ウィザースプーンはこのように述べている。このようなメッセージを送った理由は、ハーバード大学のある研究結果を読んだからだということだ。

MBAを取得しようと勉学に励みパートナーがいない女学生が、キャリアに関することになると、あえて野心的に見えないように振る舞ってしまうというもの。そうすることで、男性との結婚の可能性を失いたくないからだという。

社会に蔓る男尊女卑を目の当たりにした上で、女優として成功し、母親としても輝いている彼女だからこそ、未だ社会に根付く男女間格差に抑圧されている女性たちにエールを送らずにはいられなかったのだろう。

エッセイを公開してすぐに、アメリカを中心とした多くのメディアが取り上げて話題になったのも、きっと、現代社会に生きる女性たちの心に突き刺さったからではないだろうか。

Top Photo by J. Merritt/Getty Images
落ち着きがあり、周囲に気を配ることの出来る年上女性。そんな憧れを抱いている男性も多いのでは?しかし、大人の女性はあまり不満を態度や言葉に表したりしないので...
Allison Isaacson氏が米メディア「Elite Daily」のこの記事で、キャリアウーマンの本音に迫っています。「大人の女性」として自立した彼...
依存したり、振り回されたり、ダメな恋愛はもう疲れたというあなた。その恋愛、あなたにも原因はありませんか?どんなにすてきな男性と出会ったとしても、自分をしっ...
性格や行動パターンをおさえながら、B型女性の恋愛傾向に関する主な特徴をまとめて紹介していきましょう。もちろん、すべてのB型女性に当てはまらないかもしれませ...
「女心は秋の空」とは変わりやすい秋の空模様のように、女性の気持ちは移り気ということを上手に表現したことわざですが、その言葉通り、意中の女性の気持ちが全くわ...
誰でもプライドは持っているものですが、特にプライドが高すぎると恋愛の悩みも絶えないようです。高い理想のもと仕事やプライベートで努力をしている女性にはいいと...
気になるO型女性が、どんな恋愛を好むのか知りたいとお考えの方に向けて、その性格や特徴にふれながら恋愛傾向に迫ります。相手のことを想像しながら、「これならい...
ここに紹介するのは、恋愛カウンセラーDave Elliott氏があぶりだした、恋愛ベタな女性の特徴。男性視点がいささか強めではありますが、フムフム納得でき...
女性心理はかなり複雑。あえて自分の気持を悟られないよう真逆の行動をとることも…。気になる相手がいる場合、それが脈ありからのしぐさなのか気になってしますよね...
女性にとって「生理」は、切っても切れないものです。時に体調が左右されたり、時に理解を得られずに苦しんだり。ドラマ 『SUITS』などで女優として活躍する一...
AB型の女性と聞くとちょっとクセがありそうなイメージがあるでしょうか?しかし、アプローチにはやっぱり正攻法が一番いいかもしれません。ここでは、AB型女性の...
なかなか恋愛がうまくいかない…。そんなあなたに知っておいてほしい「7のコト」があります。構えないで気楽にしている方が、いい運って巡ってくるのかも。01.相...
気になる彼女と距離を縮めたいけれど、どうしたらいいか分からないという男性のみなさん。まずは相手の血液型を聞くところから始めてみませんか?ここでは、日本人の...
ジョン・キム作家韓国生まれ。2004年から2013年まで慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学などで客員研究員を歴任。著書に...
激しい愛、官能的な描写、そして、胸を締めつけられるような結末ー。大人の恋愛映画をお家芸とするフランスから、待望の傑作がやってくる。それが『モン・ロワ 愛を...
ここに紹介するのは、女性ライターNiki McGlosterが集めた著名人12人のメッセージ。さまざまな分野で世界に影響を与えてきたパワーウーマンたちの「...
本当は離れたくないのに、仕事や家庭の事情で遠距離恋愛を余儀なくされている人は少なくありません。会いたいときに会えないうえ、ほかの人へ心変わりされてしまうか...
謎めいていて、なかなか本音が読みづらい彼女は「勝ち組女子」。「Elite Daily」のMargaret Makrouhiさんは、この世には必ず恋に勝つ女...
「私のコトを好きなのかどうか、彼の気持ちが知りたい……」残念ながらエスパーじゃない私たちには、彼の心をそのまま読むことはできません。でも、男性がしてしまう...
「運動嫌いの文系女子」だった、女優の高山都さん。ランニングを始めたことが、人生に大きな影響を与えたという。なかなか続けられないランニングだって、恋愛と同じ...